娘と一緒に初詣。子どもにお参りの方法を教えます!

新年のスタートに欠かすことのできない初詣。

子どもが無事に成長してくれるように、
毎年お参りは欠かせません。

いつもは連れて行くだけだったけど、

「そろそろお参りの方法を教えてみようかな?」

と考えてはいませんか?

今回は、子どもが初詣を楽しむための情報や作法についてです!

娘をつれて初詣に行きます。子どもための準備はこうしましょう!

我が家も5才になる娘を初詣に連れていく予定です。

大人だけならノープランでもOKですが、
子どもがいるとそうはいきません。

では、どんな準備が必要か紹介します!

①露店が出ている三が日がおすすめ

まず、日程について決める必要があります。

有名な初詣スポットなら三が日は露店が出ていたりして、
子どもも楽しめます。

子どもが3才になる頃までは、
人混みを避けて三が日以外にお参りしていました。

5才ぐらいになると迷子の心配も減ってくるので、
目を離さないのは当たり前ですが連れて行けそうです。

②暖かくて動きやすい服装を

1月は日中でも厳しい寒さが予想されます。

そんな中長い時間、外に居続けるわけなので、
子どもが風邪を引かないとも限りません。

せっかくのお正月休みをお布団で過ごす、
なんてことがないように、
しっかり防寒対策をしてあげましょう!

ただ、子どもは大人よりもよく動きます。

なので、汗をかいたときのために、
脱ぎ着して調節できるようにしてあげてください。

また、靴に関しても履き慣れた歩きやすい靴を履かせましょう!

神社やお寺の中は舗装されていなかったり、
階段や段差も多いです。

子どもが転倒しないためにも、靴にも注意が必要です。

③トイレの場所を把握しておく

現地に着いてからでもいいのですが、
可能なら事前にトイレの場所を知っておくと安心です。

小さい子ってトイレが近くにないときに限って、
急に「トイレー」って言い出すんですよね。

そもそもショッピングモールなどと違って、
神社やお寺はトイレの数が少ないので、間に合わないかも知れません。

なので、場所の把握以外にも、
事前にトイレを済ませておいたり、
水分を摂りすぎないように注意しましょう。

④迷子対策も忘れずに

5才と言ってもまだまだ迷子にならないとは言い切れません!

なので、もしもの時のために迷子対策は重要です。

迷子になっても放送してもらえませんからね。

うちの場合は、目立つところに幼稚園の名札を付けておきます。

名札なら名前も連絡先も書いてあるので、
娘がパニックになって何も言えなくなっても安心です。

でも、もしお子さんが迷子常習犯だったら、
人混みのあるところではなく、
近所の小さな神社やお寺が無難かも知れませんね。

初詣の手順をカンタンにご説明します。お母さんも再確認!

ここからは、初詣の手順をサクサクっとお話しします。

まずは、神社の場合です。

①鳥居の前で、会釈してから通る

②手水舎(ちょうずや)で心身を清める

③本殿にてお参りをする

④帰るときは、また会釈をしてから出る

次に、お寺の場合です。

①山門の前で一礼し、敷居をまたいで入る

②手水舎(ちょうずや)で心身を清める

③本堂にてお参りする

④帰るときは、山門の前で一礼し、敷居をまたいで出る

すごいざっくりですが、こんな感じですね。

あんまり細かく言っても子どもには難しいので、
せめて③のお参りの方法だけは
詳しく教えてあげるといいでしょう。

では、神社とお寺、それぞれのお参りの方法です。

神社の場合、本殿に着いたらお賽銭を賽銭箱にそっと入れます。

そして、鈴を鳴らした後、「二礼二拍手一礼」です。

二礼二拍手一礼の方法は、
最初に二回深くおじぎをして、胸の前で二回手を打ち、
最後にもう一回深くおじぎをします。

手を打った後に、神様に心の中でご挨拶することを忘れずに!

次は、お寺の場合です。

まずは本堂の前でおじぎをし、神社同様お賽銭を入れます。
そして、鳴らすものがあった場合は1回打ちます。

そして合掌し、仏様にご挨拶をします。
最後におじぎです。

以上が、神社とお寺のお参りの方法です。

神社でお寺のお参り方法をしても目立ちませんが、
お寺で神社のお参り方法をすると、
とっても恥ずかしいことになります。

静寂の中に
「パンッ、パンッ」って響くことになりますからね…。

子どもだったら可愛いなぁで済まされるかも知れませんが、
間違って教えることのないようにしてあげましょうね!

まとめ

お子さんにとって初めての参拝なら、
きっといい思い出になることでしょう。

ぜひ、参拝する場所に合わせて
お参りの方法を教えてあげてください。

そして、家族揃ってステキなお正月をお過ごしくださいね!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする