それ本当に万全ですか?日焼け対策ができる帽子の選び方を徹底紹介







お中元

もうすぐ暑い夏の季節ですね。

熱中症対策にも、帽子は欠かせないですよね。

といっても、「帽子っていっぱい種類があるから、どれを選んだらいいのか分からない」と悩んでいませんか?

そうですよね。日焼け対策はしっかりしたいもの。

でも、調べないで買ってみたら、日焼け対策には不十分だった…なんて後悔したくないですよね。

この記事では、そんなあなたに、日焼け対策バッチリの帽子を選ぶ時のポイントをご紹介します。

ぜひ参考になさってくださいね。

日焼け対策ができる帽子を選ぶポイント

帽子で日焼け対策できるのは、帽子が影を落とす部分だけです。

ですから、日焼け効果を上げるためには、つばの広い物を選ぶといいでしょう。

しかし、子どもは元々視界が狭いので、さらに帽子のつばで狭くなってしまうと、危険ですので、あまり視界を遮ってしまうものは避けましょう。

また、帽子の材質は「UV(紫外線)カット」と書かれているものがおススメです。

UVカットにも種類があります

このUVカットには、布に加工されたものと、糸に加工されたものがあります。

布に加工されたものは、普通の生地の上に、UVをカットする素材で加工して作られています。

加工の仕方により、異なりますが、洗濯を繰り返していくうちに、効果は薄くなってしまいます。

一方、糸に加工されたものは、一般的には洗濯しても効果が落ちにくいと言われているので、気にせず洗濯することができます。

しかし、このUVカット。帽子の色によって、紫外線をカットできる割合が変ってくるのです。

色によっても紫外線をカットする割合が変わります

夏らしい青や白などをついつい選びたくなりますが、紫外線カットを優先したいなら、黒がおススメです。

青や白などの淡い色と比べると、紫外線をカットしてくれる割合が約5割もアップすると言われています。

さらに日よけする範囲を広げたい場合は、首もしっかり隠してくれる帽子がおススメです。

最近では、保育園や幼稚園でも、首まで日よけしてくれるタイプが増えてきましたよね。

娘が通っている園でも、この帽子を使っています。

首までしっかり隠してくれますし、取り外しも可能なので、おススメです。

大人用でも、首の所が可愛いデザインになっていたり、
取り外しできるものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

日焼け対策用! 帽子の種類とメリット・デメリット

お中元

夏と言えば、麦わら帽子、カンカン帽をイメージする方も多いのではないでしょうか?

実際、被っている人を見ると、「夏らしいな」と思いますよね。

季節のファッションを取り入れていておしゃれですよね。

この帽子は、通気性があり、涼し気ですが、つばが狭いので、日焼け効果は少し落ちてしまいます。

レジャー向けとも言われているサファリハット。

日よけができるように、長いつばがついており、洗ったり、コンパクトに畳むことができます。

あご紐がついているので、動き回る子どもでも安心です。

レジャー向けなので、カジュアル。おしゃれ感を求める人には不向きかもしれませんね。

近年人気のビックハット。つばが広いのが特徴です。

日よけできる範囲が広いので、日焼け効果抜群!

さらに、トップに視線がいくので、小顔効果もあります。
ママ達には、嬉しいですね。

しかし、子どもにとっては、つばが広いと視界を遮ってしまったり、帽子が取れやすいのがデメリットです。

子どもでも外れにくい帽子は、メトロハットです。
被りやすいのに脱げにくいので、活発なお子さんでも安心。

色んな服に合わせやすいので、気軽にかぶれるのも魅力的ですね。

しかし、つばが広くないので、日焼け対策をばっちりしたい!という方には不向きですね。

そして、帽子と言えば、一度は被ったことがあるベースボールキャップ。

カジュアルの典型的なスタイルですよね。

前についているつばが長いので、顔をしっかりカバーしてくれて、遊んでいても取れにくいのがメリットです。

しかし、横や後ろには、つばがついていなので、日除けを期待するのは、難しいですね。

まとめ

お中元

帽子は、子どもでも気軽にできる日焼け対策の必須アイテムですよね。

両手をふさがないのに、1番日よけしたい顔周りを、しっかりカバーしてくれる帽子は、ママにとっても嬉しいアイテム。

帽子には、夏の定番、麦わら帽子やカンカン帽の他に、ベースボールキャップやビックハットなど、たくさんの種類がありますよね。

そんな帽子は、ファッションのアクセントにもなります。
日よけをしながらも、おしゃれで可愛い物を身に着けたいですよね。

親子でお揃いの帽子でおしゃれを楽しむのもいいですね。

タイトルとURLをコピーしました