セーターをクリーニングに出す正しい頻度は?長持ちさせる方法もご紹介




冬のオシャレに欠かせないファッションアイテムの一つといえば、セーターです。
可愛くて暖かいけれど、縮みや毛玉、色落ちなど、洗濯には気を遣いますね。
そんなときは、クリーニングにお任せしたいところですが、どれくらいの頻度で出せばいいのか知っていますか?
実は、ワンシーズンに1〜2回だけでいいんです!
今回は、セーターを長持ちさせるためのクリーニングの仕方や、普段からできる手入れ方法を、分かりやすく解説します!

セーターはワンシーズンに1回クリーニングに出そう

セーターは、冬に欠かせないファッションアイテムですよね。
暖かいのはもちろんのこと、可愛いデザインのものが多く、ふんわりとした風合いも心を和ませてくれます。

だけど、セーターの洗濯って、どうやったらいいのか悩みませんか?
セーターにも、アクリル・ウール・アルパカ・カシミヤなど、いろいろな素材が使われています。
アクリルなどのおうちで洗濯できるセーターなら、オシャレ着洗剤を使って、洗濯機のドライ機能やソフト洗い機能などで洗濯することが可能です。
ただ、いくら洗濯機での洗濯がOKと表示されているセーターでも、縮みや毛玉、色落ち、風合いの変化などはつきものです。大切に着たいセーターなら、やっぱりクリーニングに出すのが一番です。
セーターの中には、水に濡れてはいけない素材を使っているものもあります。こういうセーターは、専用の溶剤を使ったドライクリーニングでしか洗濯することができません。自宅での洗濯は不可能と言っていいものです。これも、もちろんクリーニングに出す必要があります。

とはいえ、頻繁にクリーニングに出すのは、セーターが傷んでしまいそうだし、費用もかかってしまいます。
でも、適度にクリーニングしないと、汗などの汚れが蓄積して、それはそれでセーターによくなさそうです。

セーターはどれくらいの頻度でクリーニングに出すのが正解なのでしょうか?

実は、「シーズンが終わったら1回出す」だけで十分なんです!

クリーニングに出す必要のあるセーターは、ウールなど洗濯を避けるべき素材を使っています。できるだけクリーニングしないほうがセーターを傷めずにすむんです。
基本的には、シーズンが終わったらクリーニングに出して、衣替えの時期に片付けるのがおすすめです。
ただし、汚れがついてしまったときや、汗をかいたときには、出来るだけ早くクリーニングに出したほうがいいですよ。

クリーニングに出すまでのシーズン中は、きちんとおうちでケアをしてあげましょう。
その方法については、次で解説しますね。

セーターを長持ちさせるお手入れ方法

セーターって、洗濯を避けてクリーニングに出していても、何度か着るだけで、毛玉ができたりヨレたりしてしまいませんか?
「セーターはそういうものだから仕方ない…」と諦めている人も多いのではないでしょうか。

そうなんです。セーターはクリーニングに出すだけでなく、日頃のこまめなお手入れが必要な服なんです!
とは言っても、そんなに難しいことではありませんので、大丈夫ですよ。

お気に入りのかわいいセーターを、今シーズンからは長くキレイに着られるように、お手入れ方法も一緒に確認していきましょう!

・一日着たら、数日休ませる

セーターを一日着ると、着用ジワやヨレが出来てしまいます。
元に戻すためには、数日はハンガーにかけたり平干ししたりして、セーターを休ませる必要があります。
連続して着用すると、上手に戻ってくれなくなるんです。
休ませた後は、畳んで片付けてOKですよ。

・毛玉ができたらこまめに取る

セーターを着るとすぐに毛玉ができてしまいますが,これはセーターの素材や性質上、仕方ないことです。
毛玉ができにくいように、バッグがセーターに擦れないように気をつけたりすることはできますが、できてしまった毛玉は取るしかありません。
ほうっておくとどんどん増えてしまうので、気づいたときにこまめに毛玉取り器などで取り除いてあげましょう。

・ブラッシングをする

セーターを着たら、その後はブラッシングをしてあげましょう。
毛並みを整えて、ほこりを取り除くことができ、セーターをキレイに保ち、毛玉の予防にもなります。
馬毛などでできた専用のブラシをつかって、なでるように優しくブラッシングします。

少し手間に感じるかもしれませんが、日々のお手入れの積み重ねで、大切なセーターをキレイに保つことができます。
ぜひやってみてくださいね。

まとめ

今回は、セーターをクリーニングに出す正しい頻度について解説しました!
セーターは基本的に洗濯やクリーニングに向いていないので、シーズン終わりに1度クリーニングに出せば十分です。
ただし、汚れがついたり汗をかいてしまったりしたときには、早めにクリーニングに出しましょう。
セーターは、ブラッシングや毛玉取り、平干しなどの日頃のお手入れでキレイに長持ちさせることも可能です。
正しく大切に扱って、お気に入りのセーターをいつまでも素敵に着たいですね!

タイトルとURLをコピーしました