そろそろ準備を始めよう!台風に備える正しい窓対策







台風シーズンが近づきました。

最近は、今まで台風の被害がなかった地域でも、
集中豪雨土砂災害が起こることがありますね。

「台風の季節だけど、
我が家の窓は大丈夫かしら?」

ちょっと心配になりますよね。

少しでも補強して、
被害のないようにしたいですね。

そこで、今回は素人でもできる
台風に備えた窓ガラス対策をご紹介しましょう。

台風時の窓対策で有名なあのアイテムたち どんな用途で使うの?

台風時の窓対策専用グッズって何でしょうか?

特に専用の物がなくても、
自宅にあって役に立つ物があります。

例えば、次のような物なら使えますよ。

ガムテープ

たいていのお宅にあるのがガムテープ
これを窓にバツ印のように貼りましょう。

こうすれば、ガラスが割れても、
ある程度、
ガラスの飛び散ちりを防ぐことができます。

後で剥がせなくなるのと困るので、
布製テープや、
貼って剥がせる養生テープがいいです。

段ボールや荷造り用のプチプチシート

荷造り用の段ボール
プチプチシートがあったら、
これを窓に貼りましょう。

段ボールやプチプチシートがない時は、
新聞紙で代用してもいいです。

これらの物をガムテープ等で
ガラスに固定すれば、
多少窓ガラスが壊れても、
被害は最小で済みます
ね。

「窓さえ補強すればもう安心!」
というわけにはいきませんよ。

普段ベランダに植木鉢やプランター、
バケツや掃除道具などを
出してある家もあるでしょう。

これが飛んできて窓ガラスにぶつかると危険!

特に大型の台風が接近しているときは
要注意です。

まずベランダに出してある
植木鉢やバケツなど、
飛んだら危険なものを家にしまいましょう。

大きくてしまえない洗濯の竿などは、
飛ばないように
ロープで固定する方が安全ですね。

雨戸をしっかり閉めて、
カーテンやブラインドも閉めて、
窓ガラスには近づかないように
気を付けましょう。

もし万一窓ガラスが割れても、
私たちがけがをしないようにするのが
一番重要です。

窓ガラスを割らないために 本当に効果があるのはこれだった!

ガムテープや段ボールでも
ある程度は、被害を食止めることができますね。

でももっと効果的に窓ガラスを強化するには
専用のフィルムがあります。

ガラス飛散防止フィルム

これは台風や強風で窓ガラスが割れるのを防ぐ
強力な助っ人です。

透明のシートですが、
ガラスに貼ると強度が増して、
割れにくくなります。

それだけでなく、
飛んできた物がぶつかっても、
ひびがはいるだけで、
ガラスが粉々になるのを防げます。

最近は100均にもありますが、
広範囲に貼るならば、
ホームセンターで捜すのがオススメです。

コツさえ飲み込めば、
素人でも十分貼れます。

できれば2人でフィルムの両端をもって、
空気が入らないように
抑えながら貼るのがいいですね。

台風が近づく前に、
余裕があるときに貼っておくのが
賢明でしょう。

この飛散防止フィルムは、
台風被害を最小にするだけではありません。

ガラスの強度を増すので、
防犯にも役立ちます。

泥棒は窓ガラスを破って
入ることが多いそうです。

このフィルムが貼ってあれば、
簡単にガラスを破ることはできなくなります。

台風被害にも空き巣被害にも有効!
まさに一石二鳥です。

また、基本的にガラス窓に近いところに
倒れやすい木を植えないことも大事ですね。

近所のマンションのエントランスの前に
大きな木が植えてありました。

去年の台風の時、その木が倒れて、
窓ガラスが粉々に割れてしまいました。

けが人はなかったそうですが、
修復に1か月もかかったそうです。

ガラス窓の前に
不安定な木を植えるのは危険ですね。

すでにある木には添え木をするなど、
補強することも必要でしょう。

まとめ

台風の被害を最小限にするには、
窓ガラスを補強する必要があります。

身近にある段ボール
ガムテープ新聞紙などを
窓ガラスに貼って補強しましょう。

ガラス飛散防止フィルムを貼れば、
ガラスが割れる被害を最小限にできます。

日頃から心掛けて、
台風の被害を回避したいものですね。

タイトルとURLをコピーしました