本当は怖い末端冷え性。その原因と対策とは?







冷え症

寒い季節になると手足の冷えが気になる方も多いと思いますが、

「気温が暖かくなってきたのに手足の冷えが治まらない…」

「一年中手足が冷えていて辛い…」

なんて悩んだりしていませんか?

もしかしたらそれは“末端冷え性”の症状かもしれません。

 末端冷え性とは指先や足先など身体の末端が冷えやすい症状のことで、
冬場だけではなく夏などの暑い季節にも症状に悩まされる方が多いようです。

ただでさえ辛い末端冷え性ですが、そのまま放置してしまうと慢性的な疲れや肩こり、
不眠、免疫力の低下といった症状を引き起こす恐れがあります。

冷えている手足をいくら温めても冷えが改善されないケースは多くみられますが、
それもそのはず。

末端冷え性となってしまう原因は、実は末端以外の部位に存在しているのです。

冷え性の原因は何!?男性にも増えている冷え性

 通常人間の身体は気温に左右されないよう体温が常に一定に保たれていますが、
その役割を担っているのが実は血液なのです。

温かい血液が全身を巡ることによって人間は体温を保っていられるのですが、
末端冷え性の人の場合は末端の血流が悪いことによって、
熱が末端まで届けられずに手足が冷えてしまっているのです。

温かい血液を全身に巡らせる役割を果たしているのが心臓と、
もう一つが手や足の筋肉です。

心臓は血液を全身に行き渡らせる役割を持ちますが、
手や足の筋肉はポンプの役割をして血液を心臓まで押し戻す役割をしています。

つまり、心臓と筋肉の両方が働くことによって全身の血液が循環していることになります。

手や足の筋肉を長期間使わずにいるとポンプ作用も弱くなってしまうため、
血流が滞ってしまい、結果的に冷えを起こしてしまうのです。

特に女性の場合は男性と比べて元々の筋肉量が少ないため、
冷え性になりやすいといわれています。

女性に多いと言われている末端冷え性ですが、
最近は末端冷え性に悩む男性も増えつつあるようです。

近年はデスクワークの方が多く、
男女問わず日常的に同じ姿勢を取り続けていたり、
慢性的な運動不足に陥ってしまっていることが、
末端の血液循環を妨げている原因の一つと言えるでしょう。

また、男性に多い喫煙の習慣も、末端の血管の収縮を誘発してしまうため、
血行不良からの冷えにつながりやすいと言われています。

冷え性の原因がわかったら簡単対策で冷え知らずな体作りを!

冷え症

では、末端冷え性を改善するには具体的にどんな対策をすれば良いのでしょうか?

簡単にできる対策をいくつかご紹介します。

手足を意識して動かす習慣をつける

 末端に滞った血液をポンプ作用で循環させることができるよう、
まずは手足をよく動かして末端の筋肉を活性化させましょう。

特にふくらはぎの筋肉は“第2の心臓”とも言われているため、
ストレッチや筋トレを行うことで大幅な血流改善が見込めます。

仕事中に立ち上がった時や家事の合間など、
気がついた時につま先立ちを繰り返し行う体操を取り入れてあげましょう。

手指も同じように、思い立った時にじゃんけんのグーとパーを繰り返す体操を
取り入れてみましょう。

普段意識的に動かしていない分、習慣的に体操を取り入れることで、
少しの運動でも効果がみられるようになります。

また、就寝前に全身のストレッチを習慣づけることで血行が良い状態で
布団に入れるので、より眠りにつきやすくなることが期待できます。

食生活に気を配る

暖かい地方で採れるトマト・キュウリなどの野菜は水分量が多く、
身体を冷やしやすいと言われています。

冷え性に悩んでいる方は、寒い地方で採れるショウガ・ネギ・ニンニク・ごぼうなどの
身体を温めると言われている野菜を意識して食べるようにしてみましょう。

また、飲み物を飲む時はなるべく身体を冷やさないよう、
温かいものを飲むように心がけましょう。

特に起床直後のタイミングは身体の水分量が一日の中で最も少ないため、
白湯を飲むことで身体が温まりやすくなる絶好のチャンスと言えます。

大きい血管が通る部分を温める

身体の中心である腹部や足の付け根など、
大きい血管が通っている場所を温めてあげると、
血液が温められた状態で全身に運ばれるため、
末端まで熱が届きやすくなります。

カイロやホットタオルなどで持続的に温めてあげましょう。

半身浴などで全身を温めてあげることも、血管を拡張させ、
乱れた自律神経を整える効果があるため、
身体の体温調節機能が働きやすい環境を作り出してくれるのでオススメです。

まとめ

寒い季節だけではなく、暑い季節もずっと冷えに悩まされてしまうのは辛いですよね。

でも今回ご紹介したような毎日の小さな習慣づけで、
意外にもあっさりと手足の冷えやすさが改善されるかもしれません。

日々の心がけを怠らないことで、万病のもとである冷え性と一日でも早くさよならしましょう。

タイトルとURLをコピーしました