節分には豆まき!その由来を子供に分かりやすく説明するには







まめまき

2月と言えば、節分!

小さい頃に気合い満々で、「鬼はぁ〜外っ!福はぁ〜内っ!」って言いながら豆を投げてました。

そんな私も今では、幼稚園児を育てる母親に。

子供が3歳未満だとあまりきちんと節分をしませんでした。

イヤイヤ期で大変な時期だったため、「もっとしたい!」と大泣きする姿が想像できたからです。

でも、幼稚園児ともなれば結構理解してくれるので少しは安心!

今回は、そんなお子さんと楽しむ豆まきについてのお話です。

節分に豆まきをする由来とは?大豆をまくのはどうして?

幼稚園児の子供だと、何でも気になる「質問期」を迎えている子もいます。

なので、そんなお子さんには、節分とは何か、豆まきとは何かを教えてあげるといいでしょう。

では、ここからは節分と豆まきについて、小さなお子さんに話しかけるように説明します。

節分っていうのは、2月3日にあります。

この次の日に春がやって来るから、

昔の人はこの日に「あけましておめでとう」をしていました。

春が来たら桜やチューリップが咲いて、可愛いお花でいっぱいにしてくれたり、
冬が寒くてネンネしてた動物や虫さんも、よいしょって起きてくるんですよ。

それから、節分には豆まきをします。

病気になったりけがをさせたりする鬼さんがやって来ないように、豆を投げて鬼退治するんです。

そうやって昔からみんな、今年も一年元気でいられますようにってお祈りしていました。

なぜ大豆を投げるかっていうと、

昔あるお山に鬼さんが出て、町の人が困っていたんです。

それを見た神様が、「鬼の目に大豆を投げつけなさい」って教えてくれました。

それで、鬼に大豆を投げたら、鬼が逃げていったそうです。
だから、今でも大豆を投げるんですよ。

私が子供に説明するならこんな感じです。

実際は、途中で「なんでー?どうしてー?」と質問攻めに合うので、こんなスムーズにはいかないでしょう。

なので、お母さん自身が節分や豆まきについての知識を持っておくと、説明しやすいと思いますよ!

豆まきで厄払い!正しい豆まきの方法は?

私が小さい頃、豆まきは玄関でしていました。

お父さんやおじいちゃんが鬼のお面をつけて、外から玄関に向かってきます。

キャーキャー言いながら、鬼めがけて豆を投げつけていたのが印象的です。

でも、これって正しい豆まきの方法ではないんです。

豆まきは、本来その家の長である人が豆をまきます。

つまり、おじいちゃんやお父さんがこれに該当するでしょう。

我が家ではその長に向かって投げつけてしまっていたんですね。

とは言え、お父さんだけが投げていたら、間違いなく子供は自分も投げたがるに違いありません。

なので、そこはカスタマイズしてもOKかと思いました。

豆のまき方についても、我が家は玄関だけでしたが、本当は部屋の奥から玄関までを順番に行なっていきます。

大きな家だとお掃除が大変すぎますね。

なので、これもご家庭の都合に合わせるといいでしょう。

豆をまく時は、まず窓や玄関を開け、「鬼は外」と言いながら外に向けて豆を投げます。

そしたらすぐに窓や玄関を閉めて、「福は内」と言いながら部屋に向けて豆を投げます。

すぐ閉めるのは、厄とされる鬼が入ってこないようにするためです。

これも我が家ではやっていませんでした。

鬼さんが入ってきちゃってたかも知れませんね。

最後は、自分の数え年の数だけ豆を拾って、それを食べます。

そうすることで、新しい一年の厄を払い、元気でいられると言われています。

正しい方法をご紹介しましたが、何はともあれ、家族で楽しむことが1番!
豆まきの方法をうまく考えて、ぜひやってみてください。

まとめ


いかがでしたか?

節分の豆まきは、子供にとっても楽しいイベントです。

お母さんにとっては、恵方巻を作ったり、まいた豆の後片付けなど、
大変なこともあるかと思います。

でも、行事を大切にすることは子供にとって必要なことです。

ぜひ、家族みんなが元気に一年を過ごすことができるよう、素敵な節分の日を迎えてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました