布団の片付け毎日どうしてる?楽チン&清潔なのは「立てる収納」だった!




赤ちゃんが寝返りをするようになって…引っ越した先にベッドがなくて…
色々な理由で、布団で寝る生活に変わることって、ありますよね。
布団生活で問題となることの一つが、「布団の片付け」です。毎日の片付けは、面倒だし、場所を作るのも大変です。だからといって、敷きっぱなしはカビの原因になることも!
そこで、あなたにオススメしたいのが、布団を「立てる」だけの収納です!一体どんな収納なのか、詳しく見ていきましょう。

布団のベストな片付け法は「立てかける」!

最近は、ベッドで寝る人がほとんどになってきましたが、
「元々布団で寝るのが好き」
「赤ちゃんが寝返りするようになって、ベッドだと転落しそうだから」
「ベッドを置く場所がない」
などの理由で、布団で寝ている人もいますよね。
布団には、お手入れがしやすい、ベッドのように場所もとらないなどのメリットもあります。
ただ、布団って、毎日畳んで上げ下ろししないといけないのが面倒なんですよね。

ところで、多くの人がベッドで寝るようになったのは、欧米風の生活スタイルが定着してきたからです。
それに伴って、住宅も欧米化してきました。そういった家やアパートの多くは、昔の日本の家のように、「布団をしまう押入れ」がないんです!
あなたの家はどうですか?「クローゼットはあるけど、確かに押入れはない…」という人が多いのではないでしょうか。

そうなんです。最近の住宅には、布団をしまう場所がないんです!

布団を畳むのが面倒なだけでなく、そもそもしまう場所がない!
そんな悩みを持つ布団派の皆さんは、たくさんいると思います。

そこで、おすすめの布団の片付け方法があるんです。
それは、「立てかける」ことです!

まずは、布団スタンドを使う方法です。

このような布団スタンドは、本来布団を室内干しするために作られたものですが、ここに布団をかけて、そのまま寝室に置いておいて収納代わりにするのが便利なんです。
場所をとりませんし、寝室に置いておくならさほど気になることもありません。
布団の湿気飛ばしのためにも良いんです。

また、こちらのタイプなら、複数の布団を干しておくことができるので、家族の分の布団をまとめてかけられます。

「布団干しにかけることすらおっくう!」ならば、せめて布団を壁に立てかけておきましょう。

布団を敷いておいたスペースをあけることができますし、布団の通気性もよくなります。この方法、初めて聞くと、「ちょっと大雑把すぎない!?」と思うかもしれません。
でも実は、「とってもラクなのに、布団を清潔に保てるし、場所も取らないから掃除も簡単!」と支持する人が多いんですよ。
寝室なら、人に見られることもありませんし、寝るとき以外はほとんど入らないという方もいるでしょう。
布団スタンドも買わなくていいので、意外と快適なんですよ!

布団のカビ対策も大切に

布団を畳むのが面倒だったり、場所がないからといって、布団を敷きっぱなしにしていると…。

なんと、布団にカビがはえてしまう可能性があるんです!

キレイに見える布団でも、実は、寝ている間にかいた汗や、新陳代謝によって体から落ちた皮脂や皮膚がたっぷり含まれています。

カビといえば、水分と汚れが大好き。
汗や皮脂をエサにして、布団にどんどん増えていってしまうんです。

あなたの布団は大丈夫ですか?
敷布団をめくってみたら、裏側に黒いカビが生えていませんか?

でも、大丈夫です。安心してください!
布団のカビは、簡単に予防することができます。

①布団を干す

布団を敷きっぱなしにしていると、寝汗がしっとりと水分を含んだままになります。すると、布団と床のあいだに湿気がたまり、カビの原因となるのです。
「布団を干す」といえば、日光に当てて天日干しすることが一般的かと思います。日光の紫外線は、カビの殺菌にも効果的です。
でも、毎日そんなことは出来ませんよね。仕事や育児で忙しければ、なおさらです。
そんなときは、さきほどご紹介した布団スタンドを使ったり、布団を壁に立てかけたりする方法で十分です。
布団乾燥機を使えば、高温でしっかりと布団を乾かすこともできますし、ダニの予防をすることもできますので、週末だけでも使うことをオススメしますよ。

②布団カバーを洗濯する

布団についた皮脂や皮膚を落とすには、布団カバーを洗濯することが一番です。
洗濯の頻度は、週に一回程度が理想です。大きいので、干す場所に困るという場合は、ピンチハンガーにジグザグに干したり、布団カバー用のシーツハンガーを使うといいですよ。

③布団に掃除機をかける

布団についた皮脂を取り除くには、掃除機も有効です。レイコップなどの布団用掃除機がなくても、普通の掃除機に布団用のヘッドを装着すれば、ラクに布団をお掃除できます。
ダニの死骸も一緒に取り除けるので、時間があるときは積極的に行ってくださいね。
ハウスダストアレルギーの方にも、布団の掃除は効果的ですよ。

まとめ

今回は、毎日面倒な布団の片付けに便利な「立てかける収納」について、ご紹介しました!
立てかける収納とは、押入れやクローゼットにしまうのではなく、寝室に置いた布団スタンドに布団を干したり、寝室の壁に直接立てかけたりしておく収納方法です。
これなら、布団のカビ予防にもなりますし、収納場所をわざわざ確保する必要がありません!
人目につきにくい寝室なので、ラクチンなこの方法を支持する方が多いんですよ。
ぜひ試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました