お正月に仏壇にお供え物をするとき、のしは必要?どんなのしがいいの?




お正月に実家などを訪ねるとき、仏壇にお供え物を持っていくことがありますよね。
ご先祖様に日頃の感謝や報告をするために、お供え物はとても大切なものです。
ところで、このお供え物には、のしは必要なのでしょうか?

はい、やっぱりのしは掛けた方がいいんです。

では、なぜ必要なのか、どんなのしがいいのか、次のお正月に向けてチェックしましょう!

仏壇のお供え物にかけるのしはコレ

仏壇とは、いわば家にある小さなお寺のようなものです。
仏様の仏像などを飾っておまつりし、その横にご先祖様や家族の位牌を置かせてもらいます。
そして、日頃の感謝を伝えたり、普段の出来事をお話ししたりする場として、日本人にとってとても大切なものです。

仏壇には毎日おまいりするものですが、特にお正月やお盆は、より丁寧におまいりをして、お供え物をします。
特に、仏壇のある家を出ていて、帰省する人などは、「ご先祖様にご挨拶する」ために、お供え物をすることが多いですね。

では、お正月に仏壇にお供え物をするときに、のしは掛けたほうがいいのでしょうか?

答えは、「掛けたほうがよい」です。

改まった贈り物は、紙で包んでのし紙を掛けて、水引を結んで、体裁を整えることが、日本に伝わる昔からのマナーです。
さらに、のしには、マナーとしてだけではなく、相手を思いやる気持ちや、感謝の心を伝える役割もあります。

特に、お正月というおめでたいときに、仏壇に供えるお供え物なら、やはりのしを掛けたほうが丁寧なんですよ。

ちなみに、一般的に「のし」と呼ばれる紙は、本当の名前は「のし紙」「掛け紙」といいます。
本来「のし」というのは、表書きの右上についている飾りのことなんです。これは、縁起物の干し鮑をつけるはずのところを簡素化したもので、「生モノを添えました」という意味があります。

仏前では、一般的に生モノはお供えしないという決まりがあるので、のしのついていない掛け紙を使います。
また、水引は、黄白か黒白の結び切りを使います。

ただし、地域や家庭によって決まりがあることがあるので、分からなければ事前に相談してもいいでしょう。

お供え物におすすめの中身は?

仏壇へのお供え物の定番としては、
・ろうそくやお線香など、日常的に仏壇に使用する物
・ご先祖様や故人が好きだったもの
が挙げられます。

また、お供えをした後にお下がりをいただくことを考えて、
・日持ちするもの
・個包装になっているもの
・仏壇の持ち主が好きなもの
などを選ぶのも大切です。

ちなみに、仏壇にお供えするのがNGなものもあります。

臭いの強い食べ物や、辛味のある食べ物は、仏教上避けられているため、お供えに適していません。
また、肉や魚も、殺生を連想させるため、避けるようにしましょう。
花では、香りの強いものや、トゲのあるもの、花粉で汚れてしまうものは避けます。

これらのことを考えて、仏壇のお供え物は選ぶ必要があるので、気をつけてくださいね。

「意外といろいろ決まりがあって、何を持っていけばいいか悩んじゃう…」というあなたのために、仏壇のお供え物にオススメの品をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

・個包装の焼き菓子

やっぱり小分けになっていてみんなで食べられる、個包装の焼き菓子はテッパンです。お正月に親戚で集まったときに、子どもがいる場合にも、お下がりをいただくときにおやつに困りません。
たとえば、こちらのアンリシャルパンティエのフィナンシェなどは、ブランドとしても有名ですし、とっても美味しいので、喜ばれますよ。

・せんべい詰合せ

仏壇の持ち主は、お年寄りの方であることが多いので、お下がりをいただくことを考えて、洋菓子よりもせんべいやおかきの方が喜ばれることがあります。
いろいろな種類の詰合せなら、楽しく食べることができますね。

・お茶

故人や仏壇の持ち主の好みをよく知らない場合は、誰でももらって嬉しいお茶のセットが、お供え物らしくて無難でオススメです。
お茶の名産地のものなども、なかなか自分では買わない物なので、ぜひ選んでみてください。

まとめ

今回は、お正月に仏壇にお供え物をするとき、のしはどんなものがいいのかについて、解説しました!
大切な贈り物には、のしをかけて丁寧に扱うのが昔からのマナーですので、お供え物にはのしを掛けましょう。
掛け紙は、のしがついていないもので、黄白か黒白の水引のものを選びます。
仏壇のお供え物には、日頃お線香など仏壇に使用するものや、故人が好きだったものを選ぶのがオススメです。あとでお下がりをいただくので、日もちすることや個包装であることなども配慮しましょうね。

タイトルとURLをコピーしました