布団の収納が毎日面倒くさい人向け!ラク&省スペースな片付け方法教えます




最近はベッド生活の人が多いですが、部屋が狭くてベッドを置くスペースがない人や、子どもの寝相が悪くてベッドから落ちる心配があるママにとっては、布団は便利なものです。
でも、布団を毎日上げ下ろしするのって、本当にめんどくさいし、場所もとる!だからって、敷きっぱなしにはしたくない!
そんな人にオススメな、ラクで省スペースになる片付け方法があります。それは、「布団スタンド」や「布団収納クッション」を使った方法なんです。

布団収納は「布団スタンド」が優秀!

布団生活の一番の悩みと言ってもいいのが、「毎日布団をしまうのが面倒くさい!」ことではないでしょうか。

布団で寝ることのメリットの一つは、ベッドのように場所をとらないので、きちんとしまえば部屋を広々と使えることですよね。
でも、そのために毎日布団をしまうのがとにかく面倒くさい!重いしイヤになる!

その気持ち、すっごく分かります。私も、子どもの寝相が悪いせいで、ベッドから布団に変えましたので…。

とはいえ、敷きっぱなしは、やっぱり邪魔になるし、部屋がだらしなく見えるし、カビの原因にもなってしまいます。だから、どうにか簡単に片付けたい!

そんなあなたにオススメの片付け方法がありますよ!
それは、「布団スタンド」を使う方法です。

布団スタンドとは、布団を室内干しするための物干しスタンドのことです。

本来は物干しですが、ここに毎朝起きたら布団をかけて収納として使うという方法が、注目されています。

これなら、50〜60cm × 120cmくらいのスペースに布団を片付けられる上に、布団を乾燥させることもできて衛生的です。
寝室ならそのまま置いておいても気にならないでしょう。1DKなど寝室とリビングが同じ部屋という方なら、お好みのベッドカバーなどを掛ければインテリアの邪魔にならなくて良いですよ!

「うちは布団を2枚使ってる」というあなたには、複数干せる布団スタンドもあります。
使わないときは、折り畳めますし、洗濯物の室内干しにも使えちゃいますね!

毎日の布団の片付けが、「ひょいっと干すだけ!」なんて、とってもらくちんですよね!
これなら、あなたにも出来るんじゃないでしょうか。

布団の見せる収納もオススメ

「布団スタンドはラクだけど、一日中布団が丸見えなのは、ちょっと気になる…」
「だからといって、布団を片付けられる押入れやクローゼットはない…」

そんなお悩みをお持ちのあなたには、思いきって布団を「見せる収納」に変身させちゃいましょう!

そのために便利なアイテムが、「布団をソファにできちゃう収納袋」なんです!

使い方はカンタン。敷布団・掛け布団それぞれを、指定の収納袋に入れるだけ。
すると、敷布団を入れた袋が座面に、掛け布団を入れた袋が背もたれになったソファが完成しちゃうんです!

こういったソファになる布団収納袋は、さまざまなショップから販売されています。
ですから、インテリアに合うように、たくさんの色展開やデザインから好みのものを選べるのも嬉しいところです。

これなら、布団の収納場所がいらないだけでなく、ソファも買わなくて済みますので、いいことずくめですよ!

逆の発想で、ソファを広げるとベッドマットレスになる、2wayソファというものも多く販売されています。
畳んだり広げたりもとってもカンタン。一人暮らしの方には、ぴったりではないでしょうか!

他にも、掛け布団だけを入れると大きめのクッションになるカバーもあります。
夏など掛け布団を使わないときって、収納に困りますよね。そんなとき、このアイテムはとっても便利ですよ!

まとめ

今回は、布団を毎日収納するのが面倒だったり、場所がなかったりする人におすすめの布団の収納方法をご紹介しました!
それは、「布団スタンド」という布団用の室内物干しを使うことです。これなら、布団をかけるだけなので、毎日とってもカンタンに布団を片付けられますし、収納場所もコンパクトにすみます。
他にも、布団を入れるとソファになる収納袋を使ったり、マットレスに変形する2wayソファも便利です。
あなたの生活に合った方法を見つけてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました