シーズン目前のコスモス あなたの知っている花の色は何種類?







秋を知らせる花の一つといえば、
コスモスですよね。

街中で咲いているコスモスは
ピンクや白が多いですが、
他にもたくさんの色があることを
ご存知ですか?

コスモスには、コスモス畑に咲く花の他にも、
フラワーアレンジメントや花束にもぴったりの
素敵な色の品種がたくさんあるんです!

今回は、そんなコスモスの花の色についてご紹介します。

珍しいものもありますので、
ぜひお部屋に飾ったり贈り物にしたりするときの参考にしてみてくださいね。

コスモスの花びらの色は実は6種類以上もあるんです

コスモスといえば、畑に咲いていたり、コスモス畑に咲いていたりする、
ピンク色の花のイメージですよね。

実際には、コスモスには、大きく分けて3つの品種があります。

オオハルシャギク

日本で一般的に見られるコスモスです。

主にコスモス畑などで鑑賞用に栽培されていて、
一部が野生化しています。

キバナコスモス

オレンジや黄色の花を咲かせます。

暑さに強く、夏から開花が始まります。

園芸用の品種は草丈が低くて花付きがよく、
育てやすいです。

チョコレートコスモス

8〜10月に開花する、黒紫色の花です。

チョコレートのような香りがするため、
この名前がついたと言われています。

原種は育てにくく絶滅したとされていますが、
品種改良や交配で育てやすいものも増えています。

この3つの品種を交配させたり品種改良したりすることで、
ピンク、白、赤、黄色、オレンジ、チョコレート色といった
さまざまな色のコスモスが生まれています。

ここからは、どんな品種があるのか色別に見てみましょう。

ピンク

・センセーション・・・
最も有名な品種で、10cmほどの大きな花を咲かせます。

この品種だけでも、濃いピンク、薄いピンク、白と
さまざまな色があります。

ガーデニング初心者にもおすすめの丈夫な花です。

・シーシェル・・・
一般的なコスモスと異なり、
花びらが筒状になっているの珍しい形の花です。

こちらもピンクの他に白などの色があります。

・ホワイトベルサイユ・・・
センセーションの品種改良で生まれた、
12cmほどの大輪の花で、
茎もしっかりしています。

こちらも、白の他にピンクや赤などの花が
あります。

・ダブルダッチホワイト・・・
八重咲きの真っ白な花びらが、
ドレスのようだとも言われる花です。

・サンセット・・・夕日の美しい色をイメージした、
日本で初めて開発された赤いコスモスです。
そのため、真っ赤というよりは朱色っぽい赤です。

今では世界中で愛されるコスモスの一つです。
・レッドベルサイユ・・・
こちらは濃い赤色の大輪の花なので、
存在感抜群です。

切り花にも適していて、花束などにも使われます。

・イエローガーデン・・・
優しいパステル系の黄色が特徴的。

オオハルシャギクの品種改良で初めて作られた
ピンク色以外の花です。

こちらも日本で開発されたコスモスで、
今では日本中の多くのコスモス畑でも
見られるようになりました。

・サンライズ・・・
草丈が60cm以上にもなる花です。
半八重咲きの鮮やかな黄色の花を咲かせます。

オレンジ

・ディアボロ・・・
半八重咲きの花で、とても華やかです。

枝数が多く、長い期間花を咲かせてくれます。

・サニーオレンジ・・・
オレンジのコスモスの中でも有名な花です。

繁殖力が強く、植えておくとあっという間に増えます。

サニーシリーズはキバナコスモス品種で、
他にイエロー、レッド、ゴールドなどがあります。

チョコレート色

・ビターチョコ・・・
チョコレートコスモスの一種です。
チョコレートコスモスといえば、
チョコレートのような茶色や濃い赤色が多いですが、
ビターチョコは中でもかなり濃い目の茶色が目を惹きます。

・ストロベリーチョコレート・・・
比較的新しい品種で、
暑さに弱いチョコレートコスモスを強くしたものです。

春〜夏は赤、秋は黒赤色の花を咲かせます。

複色も美しい 珍しい色のコスモス4選

ここまでで、コスモスにはさまざまな花の色が
あることが分かりました。

ただ、品種改良が進んでいる花なので、
その中でも珍しい色のコスモスも存在しますよ。

・ピコティ・・・
白い花びらをピンク色で縁取ったツートーンカラーの花です。

約7cmの大きな花が咲きます。

・アカツキ・・・

こちらも白にピンクを縁取った花ですが、
ピコティに比べてまるで絞り染めをしたように
中央までピンクの縦線が入ります。

昔からある人気のコスモスで、
切り花としても人気が高いです。

・ハッピーリング・・・
白い花の真ん中にピンクの輪のぼかし模様が
描かれたような花です。

中央濃いピンクから徐々に白くなっていく
グラデーションが美しいです。

・タイニーブロンズ・・・
オレンジ色の花びらの先が黄色になっている、
こちらもツートーンの花です。

どの花も人気のコスモスで、花屋さんだけでなく種からでも
比較的手に入れやすいのが嬉しいですね。

複色のコスモスは、花束やアレンジメントに加えると、
それだけで華やかになりますね。

また、品種改良が進んでいるため、
突然変異による変わり咲きがよく見られるのも、
コスモスの特徴です。

なんと、6枚の花びらのうち、4枚が白・2枚が赤の花びらに
なったりするそうです。

コスモス畑を散歩したり、
自分でコスモスを育てたりするときには、
そんな変わり咲きのコスモスを探すのも楽しそうですね。

まとめ

今回は、コスモスの花の色の種類についてお伝えしました。

コスモスには3種類の花があり、それを品種改良や交配することで、
ピンクの他に白、赤、黄色、オレンジ、チョコレート色といった
さまざまな花の色が生まれました。

コスモスは品種改良が進んでいる花で、単色の花だけでなく、
白い花びらをピンクで縁取ったり、
グラデーションになったりする珍しい複色の花も存在しています。

突然変異などで変わり咲きになるコスモスも存在します。

コスモスを見る際には、そんな花がないか探してみるのも面白いですね!

タイトルとURLをコピーしました