これって熱中症?頭痛が治らない場合の対応と応急処置




最近めっきり暑くなってきました。

夏になると、外で遊んだり部活をしたりする子どもが、
熱中症にならないか心配ですよね。
そんな子どもが、帰ってきたら

「頭が痛い…」

なんて言い出したら、
あなたはどうしたらいいか分かりますか?

 

今回は、熱中症が原因と思われる頭痛について解説します。

応急処置についてもお伝えしますので、
参考になさってくださいね。

 

熱中症の疑いがあり頭痛が治らない場合は受診が安心

そもそも熱中症とはどういうものなのでしょうか?

熱中症とは、気温の高いところで過ごすなどした結果、
体温が高くなったことで、

体温の調整機能がうまく働かなくなる
体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまう

といった状態のことを言います。

少し前までは「日射病・熱射病」という
言葉を使うことも多かったかと思いますが、

日射病は 原因が強い日光を浴びたことによるもの、
熱射病は 原因が高温の環境にいたことによるもの、

という原因の違いだけです。
これらを総称して熱中症というようになりました。

 

熱中症の重症度は、大きく3段階に分けられています。

1・・・現場の応急処置で対応できる軽症
     立ちくらみ、大量の汗、筋肉痛

2・・・病院への搬送を必要とする中等度
     頭痛、吐き気・嘔吐、倦怠感、失神、虚脱感

3・・・重症(入院して治療が必要)
     意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温

今回注目した頭痛は、
重症度2度の中等度症状であり、
病院への搬送が必要なレベルとなります。

熱中症による頭痛が確認されたら、まずは

水分補給や体を冷やす

などの応急処置をして、すぐに病院を受診しましょう。

自分で動けない、自分で水分がとれなかったりする場合は、
救急車を呼んでいいでしょう。

判断がつかない場合は、
救急電話相談などの利用がおすすめです。

 

熱中症の症状は、体温が上がりすぎた結果、
脳や内臓にダメージを及ぼすことで起こります。

そのため、頭痛や倦怠感などは
数日続くことも珍しくありません。
しばらくは体をしっかり休めるようにしましょう。

 

熱中症はここを冷やすと効果的! 首筋・脇の下・太ももの付け根

さきほど、熱中症の症状が確認されたら、
応急処置をする必要性をお伝えしましたね。

この応急処置には、以下のような方法があります。

涼しい場所に移動する
 クーラーが効いている部屋や、
 風通しの良い日陰で過ごせるようにします。

・身体を冷やす
 衣服をゆるめたり脱がせたりして、
 身体にこもった熱が
 できるだけ外に出やすいようにします。
 そして、身体に水をかけたり氷をあてたりするなどして、
 身体を冷やします。

・水分補給をする
 経口補水液やスポーツドリンクで
 水分をしっかり摂ります。
 熱中症やたくさん汗をかいたときには、
 水分だけでなく塩分も出ていってしまっています。
 水だけをとると「低ナトリウム血症」
 という病気に進行してしまうので、

 麦茶やミネラルウォーターよりも、
 塩分を含む経口補水液やスポーツドリンク
 を与えましょう。
 吐き気がある場合は、
 すでに胃腸がダメージを受けている可能性があるので、
 飲み物は飲まず、医療機関で
 点滴などによる水分補給を受けることが適切です。

この応急処置ですが、
もちろん病院に搬送された際にも行われます。

このときに真っ先に行われるのが
「身体を冷やすこと」
なんです。

とにかく体温を下げて、
脳や内臓へのダメージが
これ以上進行しないようにします。
いかに素早く体温を下げられるか
が、患者の救命に関わってくるのです。
つまり、自宅での応急処置のときでも、
身体を冷やすことはとても重要になります。

 

では、どうすれば
効率よく身体を冷やすことができるのでしょうか。

 

人間の全身には、血液が流れています。
その血液を冷やすことで、
体温を下げることができます。

血液の通り道である血管には、
動脈(心臓から全身に出る血液の通り道) と
静脈(全身から心臓に戻る血液の通り道)
があります。

静脈のほうがより皮膚の近くを通っているので、
太い静脈が通っている場所や、
静脈がたくさん通っている場所を冷やすことで、
すばやく体温を下げることができます。

その場所としては、
・首の前側方(脈を感じられるところ)
・股関節の前の付け根部分
・わきの下
です。

氷やクラッシュアイスを袋に入れて、
しっかりとあててください。

 

実は、私も一度、
熱中症の軽度症状になったことがあります。

かなり暑い日に
野外フェスに参加していたのですが、
突然軽い頭痛と立ちくらみがしたのです。

すぐに日陰に移動して、
スポーツドリンクを飲みましたが
改善しませんでした。

そこで、一緒にいた友人にかき氷を買ってきてもらい、
食べたり首筋に当てたりしたら、
すぐに症状がおさまりました。
その後スポーツドリンクをしっかり飲むと、
喉の渇きも潤せました。

このとき、熱中症の応急処置としては
何よりも身体を冷やすことが大切
と痛感しました。

 

まとめ

今回は、
熱中症による頭痛が治らない場合の対応と応急処置
についてお伝えしました。

熱中症による頭痛は、
病院への搬送が必要なレベルと判断されます。
それまでに、応急処置をしっかりすることで、
身体へのダメージを最小限に食い止める必要があります。

応急処置としては、
「涼しい場所に移動する」
「身体を冷やす」
「水分補給をする」
が挙げられます。

特に「身体を冷やす」ことは、
病院でも最優先で行われる処置ですので、
自分でも真っ先に行うようにしましょう。

身体を冷やす際には、静脈が通っている
「首の前側方(脈を感じられるところ)
「股関節の前の付け根部」
「わきの下」
を冷やすと、効率的に体温を下げられますよ。

タイトルとURLをコピーしました