ネットに話題になった「台風コロッケ」なぜ台風とコロッケが関係あるの?




秋が近づくと、台風の季節も近づいてきますね。

最近は甚大な被害をもたらす台風もあり、
その動きは気になるものです。

台風といえば、「台風コロッケ」
一時話題になりましたが、ご存知ですか?

台風の日にコロッケを食べる、という風習なのですが…

どうして台風とコロッケが
結びつくようになったのでしょうか?

今回は、そんな「台風コロッケ」についてご紹介します。

読み終わる頃には、コロッケが食べたくなるかもしれませんよ!

話題の発端は一つの書き込み 売れに売れる台風コロッケのすべてはここから始まった

「台風コロッケ」の発端は、
2001年に台風11号がやってきたときのことです。

久々の上陸が近づき、
メディアもネットも台風の話題でぴりぴりとしていました。

この頃流行していたインターネット掲示板「2ちゃんねる」の
ニュース速報板でも、台風の話題が不安とともに飛び交っていました。

そんな中、ある一つの投稿が書き込まれたのです。

「念のため、コロッケを16個買ってきました。
もう3個食べてしまいました。」

まもなく台風上陸という緊張感の中で、
このほんわかした投稿は笑いを誘い、
2ちゃんねるの話題をさらうことになります。

そして、「コロッケが食べたくなった」という投稿者が
続出するのです。

それ以来、「台風が来たらコロッケを食べる」というものが
ネタ的に定着し始め、ネットを中心にどんどん広がるようになったのです。

とはいえ、
一般的にはあまり知られていないネタでした。

ただ、ここ数年でネットメディアに取り上げられたり、
Twitterを中心としたSNSでトレンドとしてあがったりするようになったことで、
「台風コロッケ」の存在を多くの人が知ることになりました。

元ネタを知らない人も多く、昔からある風習と勘違いしている人もいて、徐々に本当の風習のようになってきています。

定番になるかも?台風コロッケに便乗しているお店

バレンタインのチョコレートや、
土用の丑の日のうなぎなどのように、
企業やお店側が仕掛けて風習になったものは色々とあります。

台風コロッケの存在も、
もちろん企業やお店が見逃すわけがありませんよね。

最近では、台風の時期にコロッケを
アピールしているお店も出てきているんです。

特に話題になったのが、大手スーパーのイオンです。

2017年の台風18号の際、
ネットメディアで台風コロッケが
取り上げられたことをきっかけに、
イオンの一部店舗でコロッケの完売が続出しました。

それを受けて、
その後イオンは台風の時期に合わせて
コロッケの生産量を増やしたり、
販促キャンペーンを行うようになりました。

その結果、コロッケの売り上げが大幅にのびたというのです!

みなさん結構食べたくなっちゃってるんですね。

また、イオン以外のスーパーでも、
コロッケのセールをする店舗が増えてきているようです。

街のお惣菜屋さんでは、
「台風コロッケ1個一円」などと称したセールを
やっているところもあります。

どのお店を見ても台風コロッケセールをやっている!という
ほどではないのが現状ですが、
探せばお得なお店が見つけられるかもしれません。

台風が近づくとお買い物も危険になるので、
事前にお惣菜のコロッケを買っておくのは
理にかなっている気もします。

いずれは、バレンタインや土用の丑の日のように
季節の定番文化となって、セールも増えるかもしれませんね。

まとめ

今回は、「台風コロッケ」とはなにか?について
ご紹介しました!

実は昔からある風習ではなく、
2001年にインターネット上の掲示板に書き込まれた投稿が
きっかけだったんですね。

ずいぶん前の出来事ですが、
最近になってSNSなどで話題にのぼり、
じわじわとその風習は定着しつつあります。

台風の日にコロッケの売り上げが
実際にのびていることから、
大手スーパーのイオンでは、
台風の日にコロッケの販促キャンペーンを行なっています。

また、街のお惣菜屋さんでも、
「台風コロッケセール」をしているところもあります。

今後、台風コロッケがもっと広がれば、
台風の日にコロッケをお得に買えるようになるかもしれませんね!

タイトルとURLをコピーしました