1歳のお誕生日には家族写真をプレゼント! リンクスタイルでオシャレな一枚を・・・







リンクスタイル

我が子が迎える初めてのお誕生日!

「せっかくだから、この先もずっと
記念に残るような素敵な誕生日プレゼントを
用意したい…」

と考えているパパママも多いのではないでしょうか。

そんな記念すべき初めての誕生日だからこそ、
プレゼントには最近流行りの“リンクスタイル”を
取り入れた家族写真なんていかがでしょうか?

リンクスタイルとは、
写真のモデルとなる人全員で
服・小物・ポーズ等を部分的に同じものにして、
一体感やお揃い感を演出するというもの。

普段なかなか挑戦できないリンクスタイルで撮影することで、
まとまりのあるおしゃれな家族写真が撮影できること間違いなしです。

とはいえ、

「どんな風に服装をリンクさせたらいいの?」

「おしゃれに見えるポーズは?」

などなど、わからないことも多いですよね。

そこで今回は家族写真でぜひマネしてみたい、
先輩ママパパが実践しているおしゃれなリンクスタイルの一例を
いくつかご紹介していきます!

リンクスタイルで家族写真(服装・コーデ編)

 まずはおしゃれに見えるおすすめリンクコーデからご紹介!

先輩ママパパたちの間で最も人気が高いのが、
白のトップスにデニム生地のボトムスという
シンプルなコーディネート。

シンプルだからこそ、
全身お揃いにしても嫌味が無く爽やかに見えるという理由で、
多くのパパママに支持されているようです。

また、時代の流れや流行に左右されない
オーソドックスさも人気の理由の一つのよう。

人とあまり被りたくないおしゃれ上級者さんは、
ボトムスをデニムのオーバーオールにしてみるなどの
アレンジをしてみると、コーデに差をつけられそうです。

白シャツデニムに次いで人気が高いのが、
ボーダーやギンガムチェックなどの
柄を取り入れたリンクコーデ。

パパはトップスに、
ママはスカートにお揃いの柄を取り入れるなど、
お揃いのアイテムを投入する場所をそれぞれ別にすると、
派手になりすぎることなくお揃い感を演出できます。

柄物をリンクコーデに取り入れる時は、
例えばボーダーなら線の太さを同じに揃えるなど、
柄の大きさを極力揃えるようにしてあげると、
コーデのリンク度がアップします。

さりげない統一感を演出したいなら、
洋服ではなく小物をお揃いにするのもオススメです。

蝶ネクタイやリボンなど、
身に着ける物のほんの一部を
家族でお揃いにするだけでも
グッとおしゃれに見えますよ。

その他にも、夏ならアロハシャツやレイ、
冬ならニット帽など、
その季節ならではの小物をお揃いにしてみるのも、
季節感が演出できておしゃれな写真に仕上がりそうですね。

リンクスタイルで家族写真(ポーズ編)

続いてリンクスタイルを
おしゃれに決めてくれるオススメポーズのご紹介です。

服装だけでなくポーズも家族全員お揃いで
バッチリ決めたいところですが、
1歳だとまだまだママパパと同じポーズをとってもらうのは
厳しいかもしれません。

そこで、逆にママパパが子どものポーズをマネしちゃいましょう!

子どもが歩いている時は一緒に手を繋いで歩いてみたり、
ハイハイや寝転んでいる時はママパパも一緒になって
思い切ってマネしてみちゃいましょう。

家族全員が、普段家にいる時のような
自然な表情で写真が撮れること間違いなしです。

子どもがバンザイなど簡単なポーズをとることができる場合も、
ママパパはそれをマネしてあげると
スムーズに可愛く撮影することができます。

また、今回お誕生日を迎える予定の子が
お腹にいる時にマタニティフォトを撮ったというママは、
マタニティフォトとのリンク写真にも
挑戦してみてはいかがでしょうか?

マタニティフォトで撮影した時と同じポーズを、
子どもの1歳記念の家族写真で再現してみるなんて、
なんだかロマンチックですよね。

子どもが大きくなっても、
マタニティフォトと合わせて良い記念として
残しておくことができそうです。

その他にも、子どもの両ほっぺにママパパがキスをしてみたり、
子どもを高い高いしてあやしている姿を撮影してもらったり…
なんてポーズも、ハッピーな感じが溢れ出ていて好感度◎です。

主役となる子どもが楽しくご機嫌で撮影ができるようなポーズを、
撮影しながら探してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

一生に一度の記念すべき初めてのお誕生日。

子どもが大きくなってからでも
みんなで見返すことができる家族写真は、
1歳のお誕生日プレゼントにピッタリです。

今だからしかできないリンクスタイルを取り入れて、
世界にたった一枚しかないオリジナリティ溢れる家族写真を、
是非撮影してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました