お内裏様の帽子には意外な名前が!?ひな祭りの知識!増やしましょう




ひなまつり

3月3日は桃の節句です。

女の子のいるお家では、
雛人形を飾ってお祝いしましょう!

ところで、お内裏様の帽子や衣装の名前って、
きちんと知っていますか?

雛人形にはモデルがいて、
衣装にもちゃんと意味があるんですよ。

子どもに聞かれたらいつでも答えられるように、
雛人形についての色々な知識を増やしましょう!

お内裏様の帽子の名前だけじゃない!持ち物や服装もチェックしましょう!

雛人形とは、お内裏様とお雛様という
男女の人形飾りのことです。

元々は「子どもが長生きできるように」との
願いを込めて、身代わりとして
子どもの枕元に置くものでした。

それが、子どもがきれいな人形を使って遊ぶ
「ひいな遊び」と混ざり合い、
豪華絢爛な人形を飾って、
「子どもが健やかに育つように」
「良い結婚ができるように」

という願いを込めるようになりました。

そんな雛人形ですが、
着られている衣装が何なのか、
意外と知りませんよね。

特にお内裏様は、帽子や刀などたくさん小物がありますが、
名前も知らない人がほとんどではないでしょうか?

では、お内裏様の衣装について、知りましょう!

お内裏様は、「束帯衣装」という
皇族がお召しになる高貴な衣装を着ています。

この束帯衣装は、特別な行事のときに着るものなので、
お内裏様の他の小物も同じように
特別なものを身につけています。

帽子は、冠(かんむり)です。

烏帽子(えぼし)に似ていますが、
烏帽子は日常的にかぶるもので、
冠は朝廷に行くときにかぶる特別なものなので、
別物なんです。

冠の上に立つ羽のようなものは、
立纓(りゅうえい)と言って、
天皇だけがつけられるものです。

手に持っているものは、笏(しゃく)です。

束帯を着るときに持つものなのですが、
儀式の段取りや名前などのメモを貼って、
カンニングペーパーのように使っていたそうですよ。

腰にさしているのは、飾剣(かざたち)という刀です。

平緒(ひらお)という帯にさしています。

お内裏様とお雛様にはモデルがいた!?雛人形をもっと楽しもう!

ひなまつり

お内裏様の衣装について知ってみると、
なんだかとても偉い人の衣装を
身につけられているようですね。

それもそのはず。

お内裏様とお雛様は、
とある偉い人をモデルに作られているのです。

それは、天皇陛下と皇后陛下なんです。

雛飾りは、天皇と皇后の結婚式を表した飾りです。

昔の雛飾りは質素なものでしたが、
時代とともに、産まれてきた女の子に
「天皇と皇后のように、華やかで仲睦まじい結婚をしてほしい」と
願いを込めるようになり、二人の結婚式をイメージした
豪華な雛飾りになっていったと言われています。

そのことを知ったうえで、雛飾りを見てみると、
飾りそれぞれの意味がよくわかるようになりますよ。

・お内裏様とお雛様
結婚式という特別な行事なので、
特に高貴できらびやかな衣装を
身につけておられます。

・三人官女
お内裏様とお雛様のお世話係です。
それぞれ、お祝いの席で使う道具を手に持っています。

・五人囃子
結婚式でにぎやかな音楽を奏でます。

・随身
お内裏様とお雛様のガード役です。
だから、弓矢を持っているんですね。

・仕丁
お内裏様とお雛様が外出するときについていき、
いろいろな雑務をこなす係です。

そのため、靴台や傘などの道具を持っています。

・お道具
七段飾りの場合、六段目、七段目にはタンスや重箱などの
お道具が並んでいます。

これは、お雛様の嫁入り道具にあたります。

・菱餅、屏風、桜と橘、緋毛氈(ひもうせん)
これらは、子どもを厄から守り、
健やかに育つように、という意味を持っています。

これだけ知っていれば、
子どもに「この人は誰?」「これは何のためにあるの?」なんて
聞かれても、ちゃんと答えてあげられますね!

まとめ

ひなまつり

今回は、お内裏様の衣装や道具の名前、意味についてご紹介しました!

雛飾りは、天皇と皇后の結婚式を模した飾りで、
女の子どもが「二人のように健やかに育つように・
良い結婚ができるように」
という願いを込めて飾ります。

そのため、お内裏様は最上級の衣装を身につけています。

帽子は「冠」というものを被られます。

日常的につける「烏帽子」と似ていますが、
特別なときに被るものです。

他の人形や小物も、結婚式が舞台ですから、
お祝い事に必要なものが並んでいます。

ぜひ、子どもさんに教えてあげてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました