絵の具で肌色の作り方!3色だけであなたの思う肌色は作れます!




えのぐ

絵の具で絵を描いたり工作をしていて、肌色を塗りたいとき。

手元に肌色の絵の具がなかったり、持っている絵の具がイメージする肌色じゃなかったりしたら…どうやって肌色を作ればいいのでしょうか?

今回は、実は意外と簡単にできちゃう、絵の具を使った肌色の作り方をご紹介します!細かい色の調整方法も一緒にお伝えしますので、参考にしてくださいね。

絵の具で肌色を作るには、3色あればOK!

まず、最近は「肌色」という絵の具が売られていない、ということをご存知でしょうか?

肌の色といっても、人によっていろいろです。特に、人種が違えば、肌の色は大きく変わります。

最近は、人種の多様性や個性を尊重する動きが進んでいますね。

そのため、私たちパパママ世代が使ってきた「肌色」という言葉でくくるべきではない、という考えられるようになりました。

「肌色」という表現が変わり始めたのは、2000年前後です。クレヨンや色鉛筆などの画材を取り扱うぺんてるや三菱鉛筆などでは、「肌色」から、「ペールオレンジ」「うすだいだい」という表現に変えています。

もし、肌色の絵の具を購入したいけど見つからない!という方は、色の名前に注意してみてくださいね。

なお、この記事では、分かりやすいので、ここから先も「肌色」という表現で書かせていただきますね。

絵の具で肌色を作る方法

さて、本題に戻りましょう。

今持っている絵の具で、肌色を作る方法についてです。

肌色は、3つの色を混ぜることで簡単に作ることができます!

その3つとは、「赤・黄・白」です。

まず、赤と黄を混ぜてオレンジ色を作ります。そこに白を混ぜて、色の濃さの調整を行うのです。

分量としては、「赤1:黄1:白4」が一般的です。

日本人の肌は黄色味がかっているので、肌色を作るのに黄色は必須です。

そこに赤を少し加えることで、健康的な血色感をもたせます。

さらに白を加えることで、肌の明るさを出すことができます。

まずは、この基本の分量で肌色を作ってみて、「もう少し黄色っぽさがほしいかな」「可愛らしいピンクに近づけたい」など自分のイメージに合わせて、絵の具を少しずつ加えて調整してみるといいですよ!

肌色絵の具をもっと自分好みに調整してみよう!

肌色を作ることができる3色の組み合わせは、他にもあります。

実は、これから紹介する組み合わせのほうが、より実際の日本人の肌らしい色に近づけやすいんです。

さきほどの「赤・黄・白」の組み合わせを一番にご紹介したのは、子どもや絵画初心者の方でも、もっとも簡単に肌色を調整しやすいからでした。

「もっと肌色にこだわりたい!細かく調節したい!」という方は、これから2つの紹介する組み合わせをぜひ試してみてください!

①「赤・黄・青」

人間の肌には、青が混ざっています。これは、人間には静脈という青色の血管が通っているためです。

パーソナルカラーの診断で、「ブルーベース」「イエローベース」というのを聞いたことはありませんか?ブルーベースの人は、この静脈が肌の色に影響しやすい特徴があります。

赤・黄のベースカラーに青を混ぜることで、透明感を出すことができるため、いわゆる色白な肌色にすることができます。

色の濃さを調整したいときは、白を足すのではなく水を足しましょう。白は、肌の明るさを表現することはできますが、透明感を出すのには向きません。

色白の肌を描くには、透明感が必須といえます。そのため、水を使った調整をうまくすると、より美しく肌色を作ることができますよ!

②「茶・白・赤」

①とは逆に、色黒な肌や浅黒い肌を描きたいときには、茶色を使います。

まず、茶と白を混ぜて濃い肌の色のベースを作ります。そこに赤を足して血色感をくわえると、より人間味のある立体的な肌色を作り出すことができます。

透明感を出したい①では白を使いませんでしたが、濃い色の肌色を作るときには便利なんです。

ただ、もし、「色黒な肌にはしたいけど、もう少し明るくしたり透明感を出したりしたい」というときは、やっぱり水で調整するとうまくいくことが多いですよ。

「肌色」と一言で言っても、肌の色は人それぞれです。色々な絵の具の混ぜ方を知っておくことで、多くの肌の色を表現することが出来るようになります。

ぜひ、色々な組み合わせを試して、理想の肌色を作ってみてくださいね!

まとめ

今回は、持っている絵の具だけで肌色の絵の具を作る方法について、ご紹介しました!

肌色は、「赤・黄・白」の3色を混ぜることで簡単に作ることが可能です。

もう少しこだわりたい場合は、色白の肌は「赤・黄・青」、色黒の肌は「茶・白・赤」で調整してみてください。透明感を出したい時は、白を足すよりも水を足す方がうまくいきますよ。

なお、2000年頃から、「肌色」という画材は、「ペールオレンジ」「うすだいだい」という名前に変わっていますので、肌色絵の具を購入したい場合は、注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました