子どもが喜ぶラッピング! リボンでかわいく簡単に包む方法!

クリスマスやお誕生日、
がんばったご褒美など、
子どもたちにプレゼントをわたす機会は
たくさんありますよね。

実は私、娘にプレゼントを贈ることが
大好きなんです。

特にクリスマスは、
サンタさんの気分になって
ワクワクしながら娘に贈るものを探します。

そして、プレゼントと同じくらい
ラッピングも丁寧に選ぶようにしているんです。

特に女の子は、素敵なラッピングで喜びが倍増します。

娘はラッピングに使ったリボンまで
大事そうにとっておいてくれるんですよ。

最近はプレゼントをネットで購入するという人も
増えていますよね。

私もそのひとり。

ネット購入では包装無しの状態で届くことが多いので、
自分でラッピングしなければいけません。

ラッピングが苦手な人にとっては大変なこと!

そこで今回は、自宅でできる簡単でかわいい
リボンを使ったラッピングをご紹介したいと思います。

実は簡単?不器用さんでもできるラッピング

ラッピングは苦手だなぁと思われている方は、
案外多いようです。

特にパパにとっては未知の世界。

リボンなんて触ったことない!
なんて方もいるのではないでしょうか??

そんな方にお勧めなのが、
二本のリボンと、袋を使った簡単ラッピングです!

包装紙を使って包むのは、少しむつかしいですよね。

特に女の子の好むものは、ふわふわしたぬいぐるみのように
形がしっかりしていないものが多い。

でも袋なら、ポンと入れるだけで良いんです。

100円均一に行くと、いろいろな種類の
ラッピング用袋が売ってあります。

注意する点としては、大きめの袋を選ぶこと。

プレゼントの倍くらいの大きさが良いでしょう。

そして、大体のラッピング袋はリボンもセットになっていますが、
ここでひと工夫!

セットになっているものより幅の広いリボン
もう一本購入してください。

同じ色ではなく、合わせるときれいなものを選びます。

たとえばセットに入っているリボンが赤なら、
白のリボンやレースのリボンを買います。

そして、袋を二重にしたリボンで結んでみてください。

とても簡単で可愛らしいラッピングになりますよ。

リボンラッピングでにこにこ!
すごい!と言われるリボン作り

今度はクリスマスのプレゼントに最適なリボンの
作り方をご紹介します。

幅の広い柔らかい素材のリボンを用意。

サテンのリボンがおすすめです。

①指4本にリボンを5周まきつける

②リボンから指を抜

③リボンの中央に両側から切り込みを入れる

④長めに切った同じ種類のリボンで、切り込みを入れた部分をしっかりと結ぶ

⑤重なっている部分を引っ張り出してきれいに開く

⑥中央を結んだリボンの端を斜めに切る

これで完成!

お花のようなリボンができます。

言葉での説明だけだとちょっとわかりづらいかもしれないので、
動画を探してみました!

動画では紙にまきつけていますが、①番の説明では「指に巻き付ける」とかいてありますね。

基本のつくり方は同じです。

娘はこれがとても気に入って、
安全ピンでぬいぐるみの洋服につけたり
カバンにつけたりして、大切に使ってくれていました。

そして、今年のクリスマスには
自分で作ってお友達にプレゼントしたいそうですよ。

子どもでも簡単に作れて、豪華に見えるリボン。

ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

女の子にとって、素敵なラッピングはどうやら大切なプレゼントの一部のようです。

不器用さんでも大丈夫。

二重に結べば簡単におしゃれなプレゼントに、
サテンのリボンを使えば
あっという間に華やかな印象にできあがります。

たかがラッピング、されどラッピングです。

お子さんが喜ぶ顔を思い浮かべて、
リボン選びを楽しんでくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする