プレゼントにシルバニアファミリーを。3歳でも大丈夫!




12月が近づいて来ると、

「そろそろクリスマスプレゼントはどうしよう??」

と考え始めるママも多いのではないでしょうか?

私も二人の娘のためにサンタさんになり代わって
毎年プレゼントを考えることがとても楽しみでした。

でも、いったい何が一番喜ぶの?と、悩んでしまうことも確かですよね。

ゲームを欲しがっているけれど、何となく味気ない感じがするし、絵本も良いけどすぐに読み終わってしまいそう。

選ぶのも一苦労です。

そこで今回は、私の娘たちが一番喜んだクリスマスプレゼント「シルバニアファミリー」について、詳しくお話していきたいと思います。

女の子ならみんな大好き。 シルバニアファミリーの魅力をご紹介。

我が家にシルバニアファミリーがやってきたのは、長女が6歳で下の子はまだ3歳くらいのクリスマスでした。

赤い屋根の二階建てのお家と、うさぎとりすの親子。

小さくてもリアルな家具。

これらをセットにして娘たちにプレゼントしました。

これを見た瞬間の娘たちの嬉しそうな顔
今でも忘れられません。

なぜシルバニアファミリーにしたかと言うと、姉妹で遊べるおもちゃが欲しかったからなんです。

ちょうどこの頃、2歳年下の妹とごっこ遊びをよくしていたので、シルバニアファミリーがあればさらに空想の世界が広がって楽しめそうだと思いました。

案の定、ふたりはどっぷりはまって毎日遊ぶようになったんです。

お姉ちゃんはりすのママと女の子

妹はうさぎのママと女の子を使って、楽しそうにずっとおままごとをしていました。

「ママはねんねさせてくるからね。」

「おりょうりしなくちゃいけないから、ふたりであそんでなさい」

思わずぷぷっと笑ってしまうような会話が可愛くて、見ているだけでとても微笑ましかったのをよく覚えています。

さらにシルバニアファミリーの魅力をあげると、やはりその可愛らしさではないでしょうか。

細かい家具の作りも、人形たちの表情も大人が見ても素敵ですよね。

レトロな雰囲気が私はとっても大好きでした。

子どもたちが遊ばないときも、お部屋に飾っていたくらい私のお気に入りのおもちゃでもあったんです。

お母さんになってもやっぱり女の子の好きなものは変わらないのかもしれませんね(笑)

たくさんの種類があるシルバニアファミリー。 うちの子はこの子がお気に入り。

シルバニアファミリーはお人形の種類がたくさんあるのも魅力のひとつ。

有名なショコラうさぎを筆頭に、いぬ、ねこ、りす、さる、くま、しか、アルパカまで!

本当にたくさんの仲間がいますよね。

私の娘たちは、シルバニアファミリーのショップに行くたびに目をキラキラさせていました。

お正月になると、お年玉を握り締めて新しい仲間を買いに行く娘たち。

そんな姿を見てしみじみ愛おしいなぁと思っていました。

そしてそれぞれのお気に入りの人形もあるのですが、これがまた個性が出ておもしろいんです。

お姉ちゃんは初期メンバーの‘くるみりす’の女の子。

頭の後ろに油性マジックで名前を書いてしまったくらいお気に入りでした(笑)

そして動物好きの妹は、いろいろ目移りするようでしたがアウトレットのショップで売っている海外商品の仲間たちがより好みのようでした。

一生懸命お小遣いをためて、ゴールデンハムスターの赤ちゃんをゲットしたときはこれ以上ない笑顔を見せてくれましたよ。

まとめ

クリスマスプレゼントにもピッタリなシルバニアファミリー

いかがでしたか?

ずいぶん大きくなった娘たちも、まだ大切にとってあります。

私は今回この記事を書きながら娘たちにひとつ質問してみることにしました。

「どうしてシルバニアファミリーが好きなの?」

するとふたりそろって

「だって、あきないんだもん。」

と、言ったんです。

あぁなるほど~と、思わず納得してしまいました。

そういえば少しずつ増えていく仲間や家具を使って、娘たちはその時その時のごっこ遊びをしていました。

きっとその都度、違う遊びになっていたのでしょう。

飽きないわけです。

シルバニアファミリーにはたくさんの魅力がありますが、‘ずっと楽しめる’というのが一番のおすすめポイントかもしれません。

そして何より、かわいい仲間たちによって子供たちの想像はどんどん広がっていきます。

シルバニアファミリーが長い間、世界中で愛されている理由はきっとそこにあるのでしょう。

高価で大きなお家を買わなくても、少しずつお人形を揃えて行くだけでも十分楽しめますよ。

おもちゃ DH-06 シルバニアファミリー はじめてのシルバニアファミリー[CP-SF] 誕生日 プレゼント 子供 女の子 3歳 4歳 5歳 6歳 ギフト お人形 シルバニア
タイトルとURLをコピーしました