茄子の育て方どうやるの?プランターでできる?時期やコツを徹底解説!




茄子

ここ数年、自宅のベランダや庭、貸し農園などで家庭菜園を楽しむ人が増えてきました。
さらに、コロナ禍によるステイホームを機に、最近ますます人気となっています。
あなたも家庭菜園を始めてみませんか?初心者さんにもオススメの野菜は、「茄子」ですよ!
今回は、プランターでも出来る茄子の育て方やコツを、わかりやすくご紹介します!

茄子の植え付けの時期はいつ?プランターで育てる準備方法!

茄子は、春に植えれば夏から秋にかけて収穫できます。そこまで手間はかからないのに、長く楽しむことができ、さらに料理にも使いやすい野菜です。
そのため、家庭菜園初心者でも育てやすく、挫折しにくいので、オススメですよ!

今回は、プランターで茄子を育てる方法をお伝えしたいと思います。

まずは、植え付けからチェックしていきましょう。

○準備するもの
・苗
茄子の苗は、4月下旬〜5月上旬に植え付けをします。
苗は、ホームセンターなどで購入しましょう。長茄子や水茄子などいろいろな種類がありますが、基本的な育て方はどれも同じです。「育てやすい」と書かれているものもいいですが、自分がよく作る料理に合った品種を選んでもいいですね!

・土
茄子は、排水が良く栄養たっぷりの土を好みます。そのため、プランターの底に鉢底石や軽石を薄く敷き詰めてから、野菜専用の培養土を入れます。
培養土には栄養がしっかり含まれているので、元肥は必要ないですよ。

・プランター、支柱
プランターは深さが30cm以上あるものを選びます。幅は、1株だけ植える場合は30cm程度、2〜3株植える場合は長方形のものがオススメです。
また、茄子は1m前後まで伸びるので、倒れてしまわないように支柱を立てる必要があります。120cmの支柱を3本ほど用意しておきましょう。

○植え付け方
①プランターの底に、鉢底石や軽石を薄く敷き詰めてから、野菜専用の培養土をプランターの8〜9割くらい入れる。
②茄子を植えたいところに、苗と同じくらいの深さの穴を掘り、ビニールポットを外した苗をそこに置き、優しく土をかける。
③底から水が出るくらい、たっぷり水をやる。

これで完了です!変わったことは特にしなくていいので、初心者にも扱いやすいですよ。

茄子をプランターで育てるコツとポイント8選

次に、美味しい茄子を出来るだけたくさん長く収穫するために、プランターでの育て方のコツをおさえていきましょう!

・日当たりと風通しの良い場所で!
茄子は元々暑い場所でうまれた野菜なので、日光が大好きなんです。
しっかり日光に当たると、実がキレイな紫色になりますよ。

・水は、茄子が欲しがったときにたっぷりと!
茄子は水が大好きです。葉が少ししんなりしてきたら、茄子が「水が欲しい」と言っているサインです。朝か夕方に、プランターの底から出るくらいたっぷりあげましょう。
プランターは狭いため、水のやり過ぎで根腐れすることがあります。絶対毎日水やりをしないといけないということはなくて、葉がシャキッと元気なときは、まだ水はやらなくて大丈夫ですよ。

・肥料は2週間ごとに忘れずに!
「茄子は肥料食い」と言われます。それほど茄子には栄養が必要なんです。
植え付けから1ヶ月経ったら、2週間ごとに肥料を与えましょう。
量は、肥料の容器や外袋に書かれている量を参考にすればOKです。

・余分な葉を除く「3本仕立て」で、美味しい茄子に!
葉がたくさんありすぎると、栄養が実にいかなくなったり、風通しが悪くなったりします。
そのため、余分な葉を取り除いて、「3本仕立て」にする必要があります。
苗を育ててしばらくすると、1つ目の花が咲くときがきます。そうしたら、一番太い茎に加えて、そのすぐ下のわき芽と、もう一つ下のわき芽だけを残して、そこから下の葉はすべて取り除いてしまいましょう。

・支柱でささえる
3本仕立てをしたくらいの時期に、支柱を立てます。
中心に1本立てたら、X字になるようにさらに2本立て、重なったところで縛ります。
3本の支柱に、それぞれ一番太い茎と2本のわき芽を結ぶことで、苗がしっかりと支えられます。

・1つ目、2つ目の実は捨てる!
待望の実がなっても、1つ目と2つ目は小さいうちに摘み取ってしまいます。
もったいないように思いますが、この時期はまだ苗が小さく、実を育てるには未熟なため、苗の負担が大きくなってしまいます。
3つ目くらいになると、苗も十分成長して、美味しい茄子を作ってくれます。10cmくらいの大きさになれば、収穫時期です!

・葉を濡らして、虫予防!
茄子にはさまざまな虫がついてしまいます。
その一つが、葉につくアブラムシです。アブラムシは水が苦手なので、水やりのときに土だけでなく葉の表裏にも水をかけることで、予防することができます。

・更新剪定で、秋茄子を楽しむ!
茄子は夏〜秋まで楽しめるのですが、7月下旬くらいになると、苗が疲れてきてしまいます。そのままにしておくと、秋まで実をつけることができなくなります。
そのため、この時期に少し実のつきが悪くなってきたら、思い切って全ての枝葉を半分に切ってしまいます。
さらに、根っこに向かってシャベルを2〜3箇所さして、根も切り、肥料を与えます。
すると、1ヶ月後くらいにまた実をつけるようになり、秋茄子を楽しめるようになりますよ。

まとめ

今回は、茄子をプランターで育てる方法をご紹介しました!
茄子は、4月下旬〜5月上旬に苗を植え付けます。野菜用の培養土を使えばOKですよ。
日当たりと風通しの良い所に置き、葉がしんなりしたら水をたっぷり与えます。肥料は2週間に1回忘れずに与えます。
葉が混むと実の育ちに影響が出るので、「3本仕立て」で整枝することが、美味しい茄子を育てるための大切なポイントです。
茄子は、特別難しいことはなく、初心者でも育てやすい野菜の一つです!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました