ベビーゲートをよじ登る時の対策は?先輩たちが実践した対策を公開




ベビーゲート

ベビーゲートといえば、赤ちゃんが危ない場所に入って来られないように設置する柵のことですよね。
でも、赤ちゃんがつかまり立ちや伝い歩きできるようになると、ベビーゲートをよじ登れるようになってしまった!
そんなとき、先輩パパママはどうしているのでしょうか?
今回は、赤ちゃんがベビーゲートを乗り越えてしまうときの対策を確認してみましょう!

先輩ママパパが実践!ベビーゲートをよじ登る時の対策とは?

ベビーゲートには、木製の扉タイプのものや、つなげるとパーテーションにもなるもの、大人がまたぎやすいメッシュタイプのものなど、さまざまな形状のものがあります。

どのタイプを選んでいても、残念ながら、赤ちゃんがつかまり立ちや伝い歩きを始めると、よじ登ってしまうことがあるようです。

いずれにも共通しているのは、フレームがあること。
赤ちゃんがどうやってベビーゲートをよじ登っているのかをよーく観察してみましょう。
いろんな登り方をしているかもしれませんが、必ずフレームを握ったり足をかけたりしていませんか?
それが出来なければ、赤ちゃんはベビーゲートを越えられないはずなんです。

つまり、赤ちゃんがベビーゲートをよじ登ってしまうときにできる一番の対策は、「ベビーゲートに手や足をかけられないように工夫すること」というわけです!

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?先輩パパママたちの工夫をチェックしてみましょう!

・フレームにタオルを巻く
一番よく握るところにタオルを巻いて太くすることで、赤ちゃんが握りにくくして、登りにくくする方法です。
おそらくフレームの一番上の部分を掴むことが多いと思いますが、そこにタオルを巻いてテープなどでしっかり固定するといいですよ。

・柵全体にタオルやプラスチック性のダンボールを貼る
赤ちゃんは柵を手で握ったら、次に足をかけると思います。
たいていは柵の一番下の横棒に乗ったり、縦棒につっぱるようにして足をかけて登っていきます。
そこで、タオルやプラスチック性の段ボールを柵全体に貼り、足をかけられる場所をなくしてしまいましょう。
普通の段ボールだとやぶられる可能性があるので、百均にも売られているプラスチック性の段ボールがおすすめです。

・周りにモノを置かない
近くにあるテレビボードやソファ、段ボールなどを足がかりにしていることがあります。
その場合は、そういったものをゲートから届かない程度に離してみましょう。

まずは、これらの対策を実践してみてください。
赤ちゃんは、必ずどこかを握ったり足をかけたりしてベビーゲートを登ってきます!そこを封じてしまえば、よじ登り問題は解決するはずですよ。

それでもよじ登ってしまう時に試してみてほしい3つのこと!

ただ、先程提案した対策をとっても、また違う方法でよじ登ってしまうことも考えられます。
向こう側へ行きたいという赤ちゃんの好奇心と執念はすさまじいものです!

成長は嬉しいことですが、やはり安全には変えられません。
こうなったら、最終手段が必要になります。

それは、「ハイタイプのベビーゲートに買い替える」ことです。

https://item.rakuten.co.jp/kiss-baby/shinse-88-1131/

普通のベビーゲートは高さが70cm程度ですが、ハイタイプのものは110〜120cmと赤ちゃんには手が届きにくい高さです。

商品を探す際には、「ペットゲート」もおすすめです。犬や猫は70cmくらいなら軽く飛び越えてしまうため、ペット用のゲートはハイタイプの種類が豊富ですよ。
作りはベビーゲートとほとんど変わりません。

余分にお金はかかってしまいますが、やはりこれが一番手っ取り早いです。

また、視点を変えて、赤ちゃんの気を逸らす対策方法もあります。

・ベビーゲートにミラーシートを貼る

ベビーゲート全体に、百均などに売られているミラーシートを貼ってみましょう。
いざベビーゲートを登ろうと思ったら、自分の姿が映ってる!
つかまり立ちする自分の姿ってなかなか見られないので、赤ちゃんはすっかり鏡のトリコで、ベビーゲートを登るどころではなくなるかも!

・人工芝をゲートの前に置く

人工芝や猫避けマットなどの歩くとチクチクするものをゲートの前に置くことで、赤ちゃんが近づきたくなくなるようにする、という作戦をとるパパママも多いようです。
ちょっとかわいそうですが、安全第一ということですね。

まとめ

今回は、赤ちゃんがベビーゲートをよじ登ってしまうときに出来る対策についてご紹介しました!
赤ちゃんがベビーゲートを登るときは、必ずゲートのどこかを握ったり足をかけたりしています。
そのため、握る場所を太くして握れなくしたり、足をかける場所にシートをはって足を置けなくしたりすれば、登れなくなることが多いですよ。
それでも何かしらで登ってしまうようになったときには、高さが110〜120cmもあるハイタイプのベビーゲートを試してみてもいいでしょう。
子どもの安全のためには、常に工夫が必要です。まずは子どもがどのように登ろうとするのか観察すると、対策がとりやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました