お風呂のふたの代用にオススメのものって何?紹介しちゃいます。




おふろのふた

お風呂のふたは、
お湯を保温するための必須アイテムですよね。

でも、すぐカビたり汚れたりするし、
洗いにくいし、場所をとるし。

ママにとっては本当に嫌ーな存在!

それならいっそお風呂のふたを無くして、
家事を一つ楽にしちゃいませんか?

お風呂のふたを使わなくても、
他に代用できるものがあるんですよ。

今回は、
お風呂のふたの代用品のオススメをご紹介します!

アイディア次第!?お風呂のふたの代用にオススメアイテムとは?

なぜお風呂のふたが必要なのかというと、

「ふたをしめておかないと、
 お湯が冷めちゃうから!」

ですよね。

身体を洗うときの泡が浴槽に入らないようにしたり、
半身浴に使ったりもしますが、
一番必要に感じるのはやっぱり
「お湯の保温をしておきたいとき」
です。

ただ、このお風呂のふたって、
大きい上に溝が多くて洗いにくいし、
すぐカビるし、場所はとるしで、
とにかく家事の負担になりますよね。

そのため、「お風呂のふたを思い切って無くした!」という人も、
増えてきているんです。

確かに、一人暮らしの方や、
お湯をためてすぐに入ってしまえる人なら、
ふたは無くてもいいのかもしれませんね。

でも、

「子どもがぐずぐず言ってなかなかお風呂に入ってくれない!」

「パパの帰りが遅くて、お風呂の時間があいてしまう。」

などの理由で、すぐ入れないこともあるから、
やっぱりふたは必要!
という家庭も多いのではないでしょうか。

それなら、ふたの代わりになって掃除もカンタンなアレを使えばいいんです!

そんな嬉しいアイテムとは、「アルミ保温シート」です。

こちらは、アルミシートと発泡ポリエチレンで
できており、浴槽のサイズに合わせて
ハサミで切り取り、お湯に浮かべて使用します。

すると、アルミの熱反射と発泡ポリエチレンの保温力によって、
お風呂のお湯が冷めにくくなる、という節約グッズです。

本来は、お風呂のふたに加えて、
保温シートも使用することで、
よりお湯を冷めにくくして、
追い焚きに必要なガス代を節約するための商品です。

ですが、保温シートをしっかりと浴槽のサイズに合わせて
カットして、隙間をなくせば、
お湯が冷たい浴室の空気と触れ合うことがありません。

そうすると、この保温シートをするだけでも、
お湯の温かさを保つことができるんですよ!

この保温シートなら、
・軽いので扱いやすい
・干すことができるので衛生的
・凹凸が少なくて洗いやすい
・使わないときに畳めるので場所をとらない
・安価なので汚れても買い替えやすい
・小さくできるので処分が楽
など、お風呂のふたよりも断然家事の負担を減らすことが
できるメリットがたくさんです。

ホームセンターなどで比較的安価に購入できるので、
一度試してみてはいかがでしょうか。

100均にある!?お風呂のふたの代用がないか探してみました!

保温シートが、掃除が面倒で邪魔になる
お風呂のふたの代わりになってくれることは分かりましたね。

それを安く買うことが出来れば、もっと嬉しいですよね!
安いといえば…やっぱり百均にあれば嬉しい!

なんとダイソーやセリアなどの百均にも、
保温シートは売られているんです。

先ほど紹介したものと同じように、
百均のものもアルミシートで出来ているのですが、
厚みはレジャーシートくらいの薄さです。

お風呂専用というよりは、
ラグや座布団の下に敷いて底冷えを防ぐなど、
他の用途にも使用できるようになっているようです。

ですが、保温力はばっちり!

ちゃんとお風呂のお湯を冷まさないでいてくれますよ。

とはいえ、やはり耐久性は低めで、
買い替えの頻度は高くなってしまいそうです。

安さと手軽さには変えられませんね。

まとめ

今回は、お手入れや保管が面倒な
お風呂のふたの代わりとなるアイテムについてご紹介しました!

そのアイテムとは、「アルミ保温シート」です。

アルミと発泡ポリエチレンで出来ており、

お風呂のお湯に浮かべておくことで、
お湯を保温してくれる節約グッズです。

本来はお風呂のふたと併用するものですが、
このシートだけでも十分お湯の温度をキープしてくれます。

軽くて凹凸も少ないので、
衛生的に使うことができます。

百均にも売られていますので、ぜひ試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました