産後太りにはピラティスがオススメ!思いもよらない効果にも期待!







ヨガ

長い妊娠期間が終わり、待望の赤ちゃんとご対面!

幸せいっぱいの産後の時期ですが、体調が落ち着いてくると自分の体型について気になりはじめるママも多いのではないでしょうか。

妊娠・出産で一人の命を生み出した後のママの身体は想像以上にダメージを受けていて、一度崩れたボディラインはそのまま放っておいてもなかなか元には戻ってくれません。

体型のためにもそろそろ運動を再開したいけれど、いきなりハードな運動はしたくない…。そんなママ達にぜひオススメしたいのが“ピラティス”です。

ピラティスはハードな筋トレなどの運動とは違って自分のペースでリラックスしながら行える、まさに産後のママにうってつけの運動なのです。

最近では子連れOKなピラティス教室も増えてきているため、産後の体型管理をしたいというママからの人気も高まりつつあるんですよ。

産後のピラティスにトライすることでどんな効果が得られるのか、ママ達から注目を浴びているピラティスの魅力についてお伝えします。

いまさら聞けない、ピラティスとヨガの違いって?

ヨガ

 女性に人気の習い事の一つとして知られているピラティスですが、ピラティスではなく“ヨガ”を習っているという女性も多くみられます。

ピラティスとヨガ、どちらも同じようなものじゃないの?と感じる方もいるかもしれませんが、似ているようで実はちょっと違うエクササイズなのです。

ヨガはインド発祥の修行方法のひとつ

 ヨガはもともとインド発祥の修行方法として用いられていたもので、深い腹式呼吸と身体のストレッチを同時に行うエクササイズです。

特にヨガではエクササイズ中の呼吸法に重点を置いていて、呼吸に意識を集中させることで精神的なリラックス効果を得ることができるのが特徴となっています。

そのため、ヨガは身体面・精神面ともに安定させたい人に向いているエクササイズと言えるかもしれません。

ピラティスは筋トレの要素が強いトレーニング

 一方ピラティスはそのヨガを参考に改良したものだと言われていて、もともとは戦争中に負傷した兵士たちのリハビリ用メニューとしてつくられたトレーニングなのです。

身体の内側のインナーマッスルに作用していくメニューで組まれているため、ヨガと比較して筋トレの要素がやや強いと言えるかもしれません。

とはいえ、エアロビクスのようなハードな動きは無くゆったりとしたペースで運動していくので、ハードな運動が苦手な人でも安心して取り組むことができるエクササイズと言えます。

長期的に継続することで身体のたるみを防ぎ、ボディラインや姿勢を改善してくれる効果も期待できるのです。

ピラティスとヨガ、どちらも似たようなゆっくりとした動きで運動していくエクササイズですが、目的にしているものがそれぞれ若干違うということがお分かりいただけたでしょうか?

運動としてはそこまでハードではないけれど、しっかりと体幹の筋肉を鍛えてプロポーションを整えることができるピラティスは、産後の体型崩れに悩むママにはまさにピッタリな運動ですね。

ピラティスは下半身にこそ効果的!その理由とは?

ヨガ

産後のママの体型崩れで一番気になるのはやはりお腹周り、ヒップ、太ももといった下半身のたるみですよね。

ピラティスなら産後のママ達が気になりがちな下半身のたるみに効率的にアプローチすることができます。

ピラティスを続けることによって腹筋群をはじめとしたインナーマッスルを集中的に鍛えることができるため、お腹周りのサイズダウンを図ることができます。

もちろんお腹だけではなくヒップ、太もも周りの大きな筋肉にもアプローチしていくため、下半身の血流が改善され、冷えやむくみによる下半身太りの予防まですることができるのです。

ピラティスでは腹筋群の他にも太ももの内側にある“内転筋”という筋肉にアプローチをしていくのですが、この内転筋、実は日常生活では意識してもなかなか鍛えにくい筋肉なのです。

内転筋が衰えることによって骨盤が歪んで腰痛を引き起こしてしまったり、尿漏れや便秘などといった症状に悩まされる人も多くみられます。

どれも産後のママにも共通してみられる悩みですが、ピラティスなら内転筋を集中的に鍛えることができるため、これらの症状を改善する効果も期待できます。

また、全身に筋肉がつくことにより代謝がアップするので、結果的に痩せやすい身体をつくることに繋がるのです。

ピラティスはまさに産後のママたちの悩みを一気に改善してくれそうなエクサイズとも言えそうですね。

まとめ

ヨガ

出産を終えてヘトヘトでも、毎日子育てに忙しくても、ママだって一人の女性です。

いつまでも綺麗でいたいと思うのは自然なことですよね。

そんな忙しいママでもピラティスであれば毎日の隙間時間で気軽に取り組めますし、長期的に継続することでスタイルアップを叶えることも夢ではありませんよ。

ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました