卒業検定当日の流れ&所要時間は?合格のためのポイントも解説します




卒研

自動車の免許をとるためには、
何ヶ月も教習所に通い、
最後に卒業検定に合格する必要があります。

卒業検定当日は、
実際に車を運転する技能検定を受けて、
その日のうちに結果が分かる流れになっています。

検定に合格した場合、卒業式もあるので、
トータルの所要時間は5〜6時間となります。

 

今回は、卒業検定当日の詳しい流れの他に、
一発合格するためのポイントも解説します!

卒業検定の流れ&所要時間は?

卒業検定とは、
教習所を卒業するための実技試験のことです。

実技試験では、実際に教習車に乗って、
教習所内や路上を運転する様子を、
試験官が採点します。

この試験に合格すれば、
晴れて教習所を卒業することができるのです!

では、卒業検定当日の流れを見ていきましょう。

①集合

集合時間に遅れると、
検定を受けることができません。

出来るだけ早く到着するようにしましょう。

②検定内容の説明

このときに初めて、
実技試験で走行するコースが発表されます。

走行中も試験官が教えてくれるので、
すべて覚える必要はないですが、
心構えができるように、
どこを走るのかよく聞いておきます。

コースは事前にいくつか知らされており、
その中のどれかになるということも
多いようです。

③実技試験

実技試験は、
教習所内5分程度と路上20分程度で、
両方を走ります。

100点満点からの減点方式で、
70点残っていれば合格です。

減点項目は決まっていて、

「ミラーを調整しない」
「急発進」
「接触」

など数十個に及びます。

④結果発表

しばらく待つと、
実技試験の合否が発表されます。

受験者が多いと、
待ち時間が長くなることが多いようです。

 

特に、2〜3月は卒業や進級、進学と重なるため、
かなり時間がかかることがあります。

⑤卒業式

卒業検定に合格した人は
教習所を卒業することになりますので、
そのまま卒業式があります。

このときに卒業証明書の交付があり、
この証明書を持って運転免許センターに行けば、
技能試験が免除されます。

ただし、有効期限は1年ですので注意しましょう。

 

卒業式まで出ると、
トータルで5〜6時間かかります。

朝から昼過ぎまでかかるので、
午後から予定を入れるときには気を付けてくださいね。

卒業検定に合格して教習所を卒業すると、
ようやく運転免許センターで
学科試験適性試験を受けることができます。

運転免許センターでの学科試験と適性試験も合格すれば、
晴れて運転免許証を交付されます!

卒業検定を合格するためのコツは?

長い間教習を受けてきて、
ようやく卒業検定までこぎつけたのですから、
一発合格したいですよね!

卒業検定の合格率は80〜90%と言われており、
そこまで難しくはありません。

それでも、不合格になる可能性は
ゼロではないですよね。

そこでここからは、
卒業検定を一発合格するためのコツを
ご紹介したいと思います!

ぜひ参考にしてくださいね。

卒業検定を一発合格するコツ① コースを予習しておく

卒業検定ではいくつかのコースが準備されており、
当日どのコースを走行するか知らされます。

当日まで分からないなんて、不安ですよね。

ただ、卒業検定で使われるコースは
全て公開されていることが多いんです。

そこで、事前に全てのコースを
チェックしておくことをオススメします。

コースを覚えることは出来ないと思いますが、
「こういうコースなんだな」と
心づもりをすることはできますし、
余裕があれば事前にコースを見て
回っておくのもいいですね。

卒業検定を一発合格するコツ② 減点項目を知っておく

卒業検定では、
100点満点からの減点方式で採点され、
70点以上で合格することができます。

この減点項目は、きちんと決められています。

教習所のホームページやテキストなどに
細かく記載されていることが多いので、
必ず目を通しておきましょう!

何をしてしまうと
減点されるのか予習しておくことで、

その行動をしないように気をつけることができますよね。

今回ご紹介するコツの中でも、
とても大切なポイントですよ!

卒業検定を一発合格するコツ③ 自分が苦手なところの直し方を先生に聞く

教習中に「クランクに乗り上げてしまう…」とか
「合流がうまくできない!」とか、
苦手に感じるところはありましたか?

苦手なところをそのままにしておくと、
検定当日に不安が残りますし、
失敗して減点になっては困ります。

ですから、教習を受けている間に、
苦手なところをどうすれば上手くなるか、
先生に聞いておきましょう!

上手くなるコツを聞けば、
苦手意識を克服できるかもしれません。

卒業検定を一発合格するコツ④ 普段通りを心がける

これまでお伝えした予習も大切ですが、
一番大切なことは、
これまでの教習中と同じように運転することです。

上手く運転しようとして、
へたに普段と違うことをすると、
失敗してしまって減点されるかもしれません。

完璧にしようとしなくていいんです。

苦手なところもあるかもしれませんが、
そこをちょっとくらい失敗しても、
合格点を割るほどの減点にはなりません。

あくまで、70点以上をとれたらいいんです。

教習中に習ったように普通に運転していれば、
まず70点以下になることはないと思われます。

これまで通りの運転を心がけましょう!

卒業検定を一発合格するコツ⑤ 当日は早めに到着する

検定当日は、きっと緊張してしまうと思います。

そんなときに、遅刻ギリギリで到着すると、
気持ちが焦ってうまく運転できないかも
しれません。

出来るだけ早く到着して、
気持ちに余裕があるようにするといいですよ。

まとめ

今回は、卒業検定当日の流れと所要時間について
お伝えしました!

卒業検定では、
集合→検定内容の説明→実技試験→結果発表→卒業式(合格した人のみ)を、
5〜6時間かけて行います。

実技試験では、
教習所構内と路上を実際に運転するところを、
試験官が減点方式でチェックします。

100点満点中70点以上で合格です。

卒業検定に合格するためには、
事前にコースや減点項目を予習することと、
出来るだけ普段通りの運転を心がけることがポイントです。

頑張ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました