赤い羽根のポスターは簡単に描ける!描くべきものやコツを伝授します




赤い羽根

昔から夏休みの宿題の定番、
赤い羽根のポスター。

子どもの宿題の手伝いでいざ描いてみよう、と
なった時に何をどう描いたら良いのか
わからなくなっていませんか?

わかります!

私も子どもに助言を求められて
困ったことがあります。

実は赤い羽根のポスターは
ちょっとの工夫で簡単に描けるのです!

そもそも、赤い羽根のポスターは
赤い羽根の募金促進するためのものです。

ポスターを描くときには3つのコツ、

・「丁寧に色をつける」
・「レタリング文字を利用する」
・「受賞作品を参考にする」

と、3つのキーワード

・「たすけあい」
・「やさしさ」
・「勇気」

を頭に入れて、
募金をしたくなるような内容で描くことで
簡単に素敵なポスターを作ることができます。

今回はその描き方とコツをご紹介します。

まずはポスターを簡単に描くコツを知ろう

赤い羽根のポスターを簡単に描くコツは
「丁寧に色をつける」
「レタリング文字を利用する」
「受賞作品を参考にする」
の大きく3つです。
それでは詳しくご紹介していきます。

ポスターを簡単に書くコツ① 丁寧に色をつける

ポスターに色を塗る際は、
まずは広い場所の薄い色から始めます。

これを意識すると
色が紙の上で染み出してしまったり、
色のバランスを失敗して
後戻りできなくなったりすることがなくなります。

薄い色から塗ることで、
色の配置やバランスを再調整しやすいので、
全体を見て濃くしたり、
色を変えたりして修正することができるのです。

ポスターを簡単に書くコツ② レタリング文字を利用する

ポスターの文字はレタリングを使用することで、
ととのった印象になります。

やり方はとても簡単、
文字を転写するのです。

まずパソコンで原寸のデータを作り、
普通の紙にプリントアウトします。

プリントアウトした紙を画用紙の上にのせ、
文字を鉛筆などで筆圧をやや強めになぞると、
ポスターに書き跡が残り、
簡単に転写できます。

ポスターの文字は
ポスター全体の印象に関わります。

綺麗な整った文字でポスターの質を上げましょう。

ポスターを簡単に書くコツ③ 受賞作品を参考にする

過去の受賞作品などは
ネット検索で簡単に見ることが出来ます。

受賞作品をそのまま真似するのではなく、
文字の大きさや絵と文字のバランス、
色の付け方などを参考にしてみましょう。

受験前に過去問題を説くようなイメージです。

受賞作品にも傾向がある、ということを
覚えておきましょう。

赤い羽根のポスターはコレを描けばOK

実際に描くものは赤い羽根のポスターの場合、

・「たすけあい」
・「やさしさ」
・「勇気」

の3つのキーワードを込めて作品を構成してみましょう。

赤い羽根のポスターのキーワード①「たすけあい」

赤い羽根のポスターに必要な要素
「たすけあい」を
絵に表してみましょう。

赤い羽根の募金に参加することが
誰かを救うことに繋がるということが明確で、
目で見てわかりやすくなっていると
「自分も募金してみよう」
思いますよね。

赤い羽根のポスターのキーワード② 「やさしさ」

誰かをたすけたい、という気持ちは優しさです。

優しさにカタチはないのですが、
優しさを感じる場面は沢山ありますよね。

例えば、赤ちゃんを優しく抱き抱える母の姿

雨にさらされる子犬に
傘をさしてあげる女の子の姿。

募金もそんな優しさの表れです。

見ただけで優しい気持ちになれるような場面を
ポスターに描いてみましょう。

赤い羽根のポスターのキーワード③ 勇気

知らない人が困っていたら、
声をかけるのは勇気がいります。

でもその勇気が
誰かを救う可能性があるのです。

募金もひとつの勇気です。

ほんの少しの勇気が
誰かの大きな助けになるかもしれないのです。

例えば自分がほんのちょっと勇気を持って、
踏み出した瞬間などを
描いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

赤い羽根

いかがでしたか?

今回は赤い羽根のポスターの
簡単な描き方とコツを紹介しました。

ご存知の通り、赤い羽根は共同募金のシンボルです。

1948年、第2回の運動から寄付をした証に
赤い羽根を配っています。

ヨーロッパやアメリカで、
赤い羽根は「善い行い」「勇気」の象徴と
されています。

これを機にたすけあいの善い行いや勇気について、
お子さんと話をしてみてください。

そしてその話した内容を
ポスターに込めてみましょう。

きっと思い出深い、
素敵な作品ができると思いますよ!

是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました