絵の具を塗る順番で、子どもの絵はもっと良くなる!?様々なコツも紹介




絵の具
「絵を描くのが苦手…」
「絵の具で色を塗るなんてもっと無理…」

というママやパパはいませんか?

それでもやってくる子どもの
夏休みの宿題の中に、
ポスター作りがあることも多いです。

せっかくやるなら絵の具を塗る順番や、
他にも塗る時のコツを知って
子どもにアドバイスしてあげたいと
思う方もいることでしょう。

そこで今回は絵の具を塗る順番や
コツ等を紹介します。

是非参考にしてください♪

絵の具を塗る順番のポイントは、色の明るさ?

絵の具って塗る順番を守らないと、
紙の上で色が濁ってしまって失敗して
しまうこともあります。

どんなに下書きが上手にできたって
色塗りで失敗すると台無しですよね…。

絵の具を塗る順番を
今回はしっかりと学んでみましょう♪

といってもとても簡単なので
安心してください。

覚えておくことは
『明るい色を塗ってから暗い色』
塗れば良いということです。

きっとママやパパも幼い頃に
絵の具を使った経験がありますよね。

そのとき、最初に黒い絵の具を塗ってしまい、
他の色を重ねることができなかった経験は
ありませんか?

黒や紫などの暗い色を先に塗ってしまうと
修正もしにくいので気を付けてください。

まずは白や黄色、うすだいだい色等といった
色の明るいものから塗るようにしましょう。

他にもある!絵の具で塗るときのコツ!

絵の具で塗る時のコツは
先程紹介した塗る順番の他にもあります。

パパやママは学生のときに
習っていることもあるかもしれません。

きっと読んでいくうちに
思いだすかもしれません♪

絵の具で塗るコツ① パレットに出す量

私は以前、教育現場で
仕事をしていた経験があります。

よく子どもたちが絵の具を使う場面を
見てきたのですが、

一番多い子どもあるあるが、
「パレットに絵の具を出し過ぎる」
ことです。

ブチュ~っと絵の具を
大量に出し過ぎてしまい、
結局全部使い切ることなく固まってしまった…
なんてことがよくあるのです。

パレットに絵の具を出すときは、
小指の爪くらいの量を出すようにします。

絵の具で塗るコツ② 筆洗いの水の使い方

筆を洗うために、
水を入れておく筆洗いを
必ず準備しますよね。

その筆洗いには
約3つの部屋が準備されています。

実はその各部屋には役割があるのです。

一つが筆を洗う場所
もう一つは筆をすすぐ場所
最後はきれいな水を筆につける場所です。

子どもたちは部屋なんて関係なく、
とにかく水で筆を洗うことが多いです。

そうするとあっという
間に筆洗いの水は濁ります(苦笑)

濁った水で筆を洗おうとしても
なかなかきれいに絵の具は落ちません。

汚いままの筆で新たな色をつけると
綺麗な色は出ません…。

筆洗いの使い方を最初に伝えてげましょう♪

絵の具で塗るコツ③ 穂先で塗る

子どもは広い面積を塗る時、
筆を横に倒して塗ることもあります。

なかには毛を逆立てながら
塗ることもあります。

それはNGです。

すぐに筆が傷んでしまい
使いものにならなくなります。

絵の具を塗るときは
穂先で塗ることが大切です。

あまり力を入れ過ぎず、
スーッと優しく塗るように
心がけてみましょう!

まとめ

絵の具は色鉛筆とは違い、
塗り方を間違えてしまうと、
色が混じり合い
汚くなってしまうこともあります。

子どもは特に絵の具の正しい塗り方や
コツもあまり知らない子もいるので
失敗することもあります。

失敗して学んでいくこともあるのですが、
夏休みの宿題であるポスター作り
失敗はなるべくさせたくないですよね…。

何度も挑戦させる時間もないほど
パパやママも忙しいと思います。

今回紹介した
絵の具の塗り方の順番やコツを
是非パパやママたちがお子さんに
教えてあげてくださいね♪

夏休みの宿題のポスター作りなどが
少しでもラクになると嬉しいです!

親子で楽しんで絵の具を使ってくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました