幼稚園のお弁当箱のサイズはどれくらい?おすすめは?




お弁当

幼稚園や保育園で、
お弁当を持っていくことになったけれど、

「うちの子の年齢だとどれくらいの大きさが
ちょうどいいの?」

と悩んでいる、そこのママパパさん!

そんなときは、
子どもの年齢の、
平均的なお弁当の大きさ
参考にしてみるといいですよ。

今回は、園に通う子どもの
お弁当箱のサイズ
について、
年齢別にまとめました。

年齢に合わせた
おすすめのお弁当箱も
ご紹介しますので、
ぜひ参考にしてくださいね。

幼稚園のお弁当箱の選び方のポイントはコレ!年齢別のサイズは?

幼稚園や保育園で、お昼ご飯や遠足に
お弁当を持っていくことってありますよね。

普段子どもにご飯は作ってあげてるけど、
お弁当になるとどれくらいの大きさを
持って行ったらいいのか、
意外と分からないものです。

お友達とあんまり違うと、

「食べるのが遅れたり
足りなかったりしてしまう…?」

と心配になってしまいます。

そんな悩みをもつパパママは、
年齢別の平均的なお弁当箱のサイズを
知っておくといいですよ!

1〜2歳のお弁当箱のサイズ…200〜280ml

西松屋や百均にも売っているような
小さめのお弁当箱です。

小さい!? と思うかもしれませんが、
意外とこれで十分なんです。

3歳(年少)のお弁当箱のサイズ…280〜360ml

少食な子は280mlで十分ですが、
運動量とともに消費カロリーも
増えてくるので、
足りないという子も多くなります。

その場合は360mlにサイズアップします。

4歳(年中)のお弁当箱のサイズ…360〜400ml

360mlと400mlのお弁当箱のサイズは、
ぱっと見た感じ似ているのですが、
400mlに変えると満足するようになる子が
結構います。

体が大きかったりして足りない子には、
果物を入れるような小さめのケースを
追加すると便利です。

5歳(年長)のお弁当箱のサイズ…400〜500ml

もうすぐ小学生という年長さんは、
大きめの500mlのお弁当箱でも
しっかり食べられるようになります。

たくさん食べる子は、
2段弁当を選ぶパターンも出てきます。

もちろん、子供によって差はあります。

なので、
一度普段家で食べているお昼ご飯を、
お弁当箱に詰めてみて、
どれくらいのサイズがちょうどいいか
確認してみてもいいですね。

また、園の先生に量が足りていそうか
聞いてもいいでしょう。

ちなみに、お弁当は普段食べている
お昼ご飯の8〜9割くらいが
適切
とされています。

集団で食べるので緊張したり、
他のお友達が先に食べ終わると
そわそわして食べられなかったりすることが
あるからです。

そのことも頭に入れて、
お弁当を詰めてみてくださいね。

幼稚園のお弁当箱におすすめはこれ!おすすめ5選!

それでは、
ここからはサイズ別の
おすすめお弁当箱をご紹介します!

お弁当箱を選ぶときには、
大きさももちろん大切ですが、
開閉のしやすさ持ち運びのしやすさといった
使いやすさも重要なポイントです。

そこで、それぞれのサイズを使う
年齢の子にとって、
使い勝手の良いモノをセレクトしましたよ。

200mlサイズのお弁当箱のおすすめ

小さなおにぎり型の可愛いお弁当箱です。

子どもが成長して
お弁当箱としては足りなくなってしまっても、
おにぎりケースとして使えそうですね。

280mlサイズのお弁当箱のおすすめ

1〜3歳の子どもが大好きなアンパンマン!
これならきっとお弁当の時間を
喜んでくれますよ。

かぶせるフタタイプなので、
小さな子どもでも開け閉めしやすいのが
ポイントです。

パッキンなどの部品が少ないので、
洗いやすいのも嬉しいところです。

360mlサイズのお弁当箱のおすすめ

街のお店でもよく見かける
定番の子ども用お弁当箱です。

このサイズになると、
キャラクターものが豊富になるので、
子どもが好きなものを
選ばせてあげられますね。

フタはロック式になりますが、
360mlを食べるくらいの子どもなら
問題なく使えると思いますよ。

400mlサイズのお弁当箱のおすすめ

こちらはくまのプーさんのダイカット型で
とっても可愛いお弁当箱!

電子レンジにも対応していますよ。

なお、400mlサイズのお弁当箱は
あまり多くはありません。

360mlで足りなくなってきた場合には、
小さめのフルーツケースに
おにぎりやおかずを入れてもいいでしょう。

500mlサイズのお弁当箱のおすすめ

500mlとなるとかなり大きめになるので、
卒園した後小学生になってからの遠足などでも
使うことがあるかもしれません。

そのため、長く使えるデザインや
キャラクターのものを選ぶことを
お勧めしますよ。

こちらは食洗機対応なので、
毎日お弁当を使う場合にも楽ちんです。

まとめ

今回は、幼稚園や保育園で
子どもが使うお弁当箱のサイズについて
解説しました!

お弁当箱は200mlから500mlまで
さまざまなものがありますが、
はじめは年齢ごとの
平均的なお弁当箱の大きさを
参考にしてみましょう。

ただし個人差があるので、
普段食べるお昼ご飯を
一度詰めてみてもいいですね。

また、大きさとともに
子どもの使いやすさも考えて
選ぶことをオススメします。

子どもにぴったりのお弁当箱が
見つかるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました