バーベキューの網にお肉がくっつかない方法があるんです!




バーベキュー

外でバーベキューを楽しめる季節が
やってきました!

毎年、楽しくバーベキューをするのですが…。
内心、イラつくことありませんか?

バーベキューの時にお肉が網にくっついてしまうことです!

くっつかないように気を付けているはずなのに、
くっついて、ひっくり返すときに網ごと上に、
上がってしまう…

なんてことが起こりませんか?

私は,イラっとしてしまいます(笑)

そこで、今回は、網にくっつかない方法を
ご紹介したいと思います。

バーベキューの網にくっつかない方法とは?おススメ2選

バーベキューは、楽しい!

網の上にのせて炭火で焼いたお肉や野菜は、
本当に美味しいですよね!

最初は、素直に楽しめるのですが、
焼いているうちにお肉が網に
くっついたりして、ひっくり返すのが
めんどくさくなってきませんか?

お肉が引っ付くと網が焦げやすくなり、
バーベキューが終わった後の片付けも大変になります。

焼くときにお肉が網にくっつかない方法がないのかな?と、
調べたことがあるんです。

ここでは、バーベキューの網にお肉がくっつかない方法をご紹介しますね!

バーベキューの網にくっつかない方法① 網に酢をぬる

キッチンペーパーなどで塗ってもいいし、
スプレーボトルに入れてシュッシュッと
スプレーをする方法もあります。

酢を塗ると、お肉やお魚のタンパク質と
反応をしてくっつかなくなります。

酢の匂いが苦手の方でも大丈夫ですよ。

熱によって、酸化するので、
匂いは残らず付きません。

自宅のコンロのお魚を焼くグリルでも使える方法です。

私もやってみたら、本当にくっつかず、お魚が崩れることなく
キレイに焼けました。

ぜひ、試してみてください。

バーベキューの網にくっつかない方法② 網の加熱する

バーベキューでお肉を焼きはじめる前に、
加熱が大切です。

「早く食べたい!」

という気持ちが強すぎて、
温まっていない網の上にお肉を置いてしまうと、
必ずお肉はくっついてしまいます。

焼肉屋さんに食べに行き、
網が焦げてくると網交換をしますよね、

そのときに店員さんが、必ず

「網が温まるまで待ってから、
 お肉をのせて下さいね~。」

と言います。

何も知らない私は、店員さんの言葉を、
毎回無視をして  焼いていました。

網を温めると、
お肉がひっつかなくなるからだったんですね!

では、どれぐらい待てば網が温まるのか?

網の大きさにもよりますので、
この時間が正しい!とは、
言いにくいのですが。

だいたい、外用のバーベキューセットだと、
火を起こして網を置いてから
10分以上は、温める方が良いようです。

しっかりと網を温めることの方が大切なので、
網が赤くなるぐらいまで温めても大丈夫です。

この2点だけお肉を焼く前に気をつければ、
お肉がくっつかず、美味しく焼けますので、
この手間を大切に行ってみてください。

バーベキューだけではなく、
魚グリルや焼き肉屋さんでも有効ですよ。

全然くっつきませんので、
気になっている方はおススメです!

次は、網の選び方について、
ご紹介をしたいと思います。

バーベキューの網を買いたい! チェックポイントを教えちゃいます。

「お肉や野菜が焼ける網だったら、何でもいい!」

なんて、単純に考えていませんか?

食材を大切に美味しく頂くためには、
網をちゃんと選ぶことは大切です。

バーベキュー網のチェックポイント① 網の素材選び

ステンレス
熱が食材に伝わりにくいのですが、
錆びにくいのでお手入れが楽です。


熱が食材に伝わりやすいので、
食材を美味しく焼くことが出来ます。

しかし、お手入れをちゃんとしないと
すぐに錆びてしまいます。

セラミック
網の部分がセラミックではなく、
下の受け皿のような部分がセラミック製の
焼き網です。

セラミックを熱することで出る赤外線効果から
炭と似たような効果が得られます。

しかし、赤外線はガスボンベを加熱すると
爆発の恐れがあるため、
ガスバーナーやカセットコンロでの使用は出来ません。

直火のコンロやアウトドアであれば、
薪ストーブなどで合あわせるなどの
工夫が必要です。

網のサイズ
コンロの大きさに合った網が一番です。

コンロの大きさの網がない場合は、
オーダーメイドで作ってもらうことが
できます。

使い捨ての焼き網なら、
100均でも購入できます。

100均の網は、線が細く、重さに弱い製品が多く
若干の不安が残りますが
使い捨てができるので、便利ですよね。

年に1,2回しかバーベキューをしないのであれば、
十分だと思います。

まとめ

ちょっとしたことですが、
焼く前の工夫やポイントを押さえて
バーベキューをすると、
更に食材が美味しくなります。

家族や仲間たちと、
楽しい時間をお過ごしくださいね。

タイトルとURLをコピーしました