おにぎりをアルミホイルで包む時くっつく方…目からうろこ!?必見!




おにぎり

毎日、お弁当作るの…大変ですよね!

そんなとき、おにぎりをアルミホイルで
包んで作ったら、めっちゃくっついたりして、
「いーーーっ」てなりませんか?

なります!私もなりました!

おにぎりと言えば、私の母は
アルミホイルで包んでくれていて、
おにぎりを包むというとアルミホイル!という
イメージがあったのですが…

実際やってみると…うまくいきませんでした!

でも…アルミホイルで包みたいですよね??

「いーーーっ」てなりたくないですよね?

安心してください!包めます!

知らないと、損しちゃいますよ♪な・の・で!

この記事では、おにぎりをアルミホイルで包んでもくっつかない方法を
教えちゃいます!

これを読んで、美味しいおにぎりを作ってくださいね♪

アルミホイルで包むとくっつく理由は?解説と解決策はこれだ!

アルミホイルでおにぎりを包むと…海苔やら
お米やらが…くっついちゃう! という経験をしている人は、
案外多いのではないでしょうか?

実は…アルミホイルで包むとくっついてしまう理由が
ちゃーんとあるんです!

なぜくっついてしまうの?

その理由は…温かいままのおにぎりを
アルミホイルで包んでしまっているからなんです!

「えっ!?それだけ?」と思ったそこのあなた!

私もです!

私も、温かいままのおにぎりを包んでいました。

盲点でしたよね!?

では、なぜ、温かいとだめなんでしょう? それは…

温かいと湯気がでて、アルミホイルで包んでしまうと、
その湯気の蒸気の逃げ場をなくしてしまいますよね?

そのため、蒸気が水分になってしまい、
中のおにぎりについてしまいます。

すると…おにぎりも、アルミホイルの中も
両方とも湿ってしまい、おにぎりが
べちゃべちゃになってしまうのです!

また、炊きたてのご飯だと粘り気が強いので、
さらにくっついてしまいます。

では!くっつかないためにはどうしたら良いのでしょうか?

解決策は?

「おにぎりを先につくっておいて、
おにぎりが冷めてからアルミホイルで包む」

です!

くっつく理由が「温かいから」なので、
解決策は簡単♪冷ませば良いのです!

目からうろこ…ですよね!?

そして他にも!解決策はあるんです。

・包む前に、アルミホイルに「ごま油」を塗ると、
 アルミホイルの方に水分が行かないので、
 ご飯やのりがくっつきにくくなりますよ♪

・アルミホイルを包む前に、
 くしゃくしゃと丸めてから開けて包むと、
 空間ができるので、水分が乾燥されるので
 くっつきにくくなります♪

・焼きおにぎりにしちゃうと、
 水分がアルミホイルにつかないので、
 くっつかなくなりますよ♪

どうでしょうか?これでアルミホイルで包んでもくっつかなくなりますよ!
是非、試してみてくださいね!

そして次は!なぜアルミホイルでおにぎりを包むのか?
そのメリットについてお伝えしますね!

アルミホイルで包むメリットは?ラップとどう違うの?こちらも解説!

まずアルミホイルのメリットは?

〇アルミホイルでつつむメリット
・アルミホイルだと隙間ができるので
 雑菌の繁殖を防いでくれます♪
・めくりやすくて、食べやすいのです♪
・冷ましてから包むとくっつかないし、
 隙間もあってべちゃべちゃにならず、
 美味しさがキープできるんです♪

良い事ばかりですね♪
では、ラップとどう違うのでしょうか?

ラップとの違いは?

・ラップで包むと、電子レンジで温められますが…
 アルミホイルだと…それができないんです…。
・ラップだと、そのまま握って包めばOKなのですが、
 アルミホイルだと、それができないんです…。

というわけなんです!

衛生面や水分問題解決で、
アルミホイルのメリットもあるし、
温めなおしたい時など、ラップの方が良い時もありそうですよね♪

おにぎりをどう食べるかで、使い分けしても良いですね!

まとめ

今回は、なぜおにぎりをアルミホイルで包むと
どうしてくっつくのか? の解説と、
くっつかない方法や、アルミホイルのメリットなどを
紹介しました!

私が子どもの頃、母がアルミホイルで上手に
おにぎりを包んでくれていたのですが、
そこに母の愛情と工夫を感じました♪

是非、おにぎりを作る時は
アルミホイルでおにぎりを包んでみてください♪

タイトルとURLをコピーしました