鬼滅の刃の「青い彼岸花」の正体がついに判明!これまでに読者に予想されていたのは?




マンガ「鬼滅の刃」は、
今や大人から子供まで大人気の作品ですよね。

先日ついに最終回を迎えましたが、
まだまだ人気は増すばかりです。

そんな鬼滅の刃の物語の中で、
終盤になっても謎に包まれているのが
「青い彼岸花」の正体です。

コミックス派やアニメ派の方はまだ分からないと思いますが、
実は最終回までにきちんとその秘密が解き明かされたのです!

今回は、マンガで語られた「青い彼岸花」の
正体についてご紹介します。

あの人物こそが「青い彼岸花」と考察されていた!?

鬼滅の刃では、宿敵・鬼舞辻無惨が「青い彼岸花」
探していました。

生まれつき病弱だった無惨は、
病気が治らないことに苛立ち、
診察をしていた医者を殺してしまいます。

ですが、その医者の調合していた薬のおかげで、
死なない体=鬼になっていることが分かり、
その薬には「青い彼岸花」が使われていたのです。

無惨は日光を浴びても死なない体を目指しています。

青い彼岸花があれば、
その願いが叶うかもしれないと考え、
ずっと探し続けている、というわけです。

この「青い彼岸花」については、
マンガでもなかなか謎が解明されなかったため、
読者がさまざまな考察をたてていました。

仮説1.禰豆子が「青い彼岸花」

禰豆子といえば、太陽を克服した唯一の鬼です。

そのため、禰豆子を食べることで、
無惨が太陽を克服できると予測され、
禰豆子こそが「青い彼岸花」
なのではないか、というのです。

仮説2.伊黒が「青い彼岸花」

彼岸花は別名を「蛇花」といいます。

伊黒小芭内は蛇柱ですから、
何か関係があるのではないかと、
この「伊黒が青い彼岸花説」を
支持する読者が多くいます。

さらに、彼岸花には
「思うはあなた一人」という花言葉があり、
恋柱の甘露寺蜜璃への伊黒の一途な恋心を思わせます。
伊黒の出身地である八丈島にある「天空の道」が、
「天空に咲く花」の別名をもつ彼岸花と
関係しているのでは、という考察もあるのです。

仮説3.③竈門家が持っている

那多蜘蛛山での死闘の際、
炭治郎が走馬灯を見るシーンがあります。

子どもの頃からのたくさんの思い出の中に、
彼岸花が描かれているコマがあるんです!

そのため、炭治郎にとって
彼岸花は子どもの頃から
慣れ親しんだものと推測されます。

禰豆子が太陽を克服したのも、
何かしら青い彼岸花と接触があったためではないか、
とも言われています。

本当の「青い彼岸花」の正体はコレだった

※ここからは、週刊少年ジャンプ本誌のネタバレを含みますので、ご注意ください。

このように、これまで「青い彼岸花」についてはいろいろと予想されていました。

それが、先日ついにその正体が判明したのです!

なんとそれは・・・最終回。
いやー、最後の最後までひっぱりましたね!

最終回では、炭治郎たちが無惨を倒し、
鬼がいなくなった、
その後の現代に生きる炭治郎たちの子孫が描かれています。

炭治郎やカナヲ、善逸、禰豆子の子孫が
普通の学生として生活していたり、
柱の子孫や生まれ変わりが
先生や体操選手として生きていたりと、
辛い時代を生きた鬼殺隊と
瓜二つのみんなが幸せそうに生きる様子は、
ファンにとって見られて嬉しい光景でした!

そんな中で、伊之助とアオイの子孫である、
嘴平青葉という男性の研究者が登場します。

伊之助に似てとても美しい顔立ちで、
ある植物の研究で有名な学者なのです。
その植物こそが、「青い彼岸花」だったのです!

青い彼岸花は、誰かを比喩した表現だったのではなく、
マンガ内で本当に存在する花だったんですね(*現実には存在しません)!

本編で、この青い彼岸花は、
1年に2〜3日、昼間にだけ咲く花だったことが分かります。

昼に活動できない無惨に見つけられなかったのも、
納得できますね。

ちなみに、「青い彼岸花は昼にしか咲かないから
無惨が探せないのでは?」

事前に予想をしていた方もいました。すごいですね!

ただ、青葉くんは、なんとうっかりミスで
青い彼岸花を全部枯らしてしまったのです!
そして研究所をクビになってしまうという…
なんだか可哀想な展開なんです。

でも、青い彼岸花を全部枯らしてしまったということは、
もう鬼を作りだすことは二度とできないということを意味します。

実は青葉くんはすごいお手柄をやって退けていたのです!

こうして、鬼滅の刃の鬼退治は真の終わりを迎えたというわけです。

まとめ

今回は、マンガ「鬼滅の刃」で登場する
青い彼岸花の正体について解説しました!

青い彼岸花の正体は、長らく謎に包まれた存在だったので、
読者の中では「禰豆子が青い彼岸花なのでは?」など
さまざまな憶測が飛び交っていました。

そしてついに、マンガの最終回でようやく明かされました。

青い彼岸花は年に2〜3日、昼にしか咲かない花だったので、
無惨に見つけられなかったのです。

青い彼岸花は、伊之助とアオイの子孫である
植物研究者・青葉によって全て枯らされてしまい、
鬼は二度と作られることがなくなったことが示唆され、
マンガは幕を閉じました。

最終回を迎えてもまだまだ盛り上がる鬼滅の刃。

結末を知った上でまた読み返すのも面白いですよ!

タイトルとURLをコピーしました