子供の写真、おしゃれな撮り方知ってる?ポイントを解説




セーターを着る女の子

子供の成長は早いもので、
気づけばいつの間にかハイハイをはじめて、
歩き出し、いつの間にか幼稚園…。

目まぐるしく成長する姿に嬉しくも、
少し寂しい気持ちにもなります。

一瞬一瞬を、
見逃さないように写真をたくさん撮って
スマホのアルバムは我が子だらけ、
という人は私だけではないはずです。

出来ればあとから飾りたくなるような
おしゃれな写真を撮ってみたいけれど、
ブレてしまったり、
乱雑な部屋の中が写ってしまったり
していませんか?

わかります!

私も子供の表情に夢中になるあまり、
すごくいいお顔でとれたのに、
部屋のぐちゃぐちゃ感に
がっかりすることが多々あります。

そこで今回は子供の写真のおしゃれな撮り方
ご紹介します。

子供の写真をおしゃれに撮るポイントは?室内編

お誕生日や月例の記念日など、
日常生活の中で室内で撮る写真には
生活感が出がちです。

SNSで見るようなおしゃれな写真を
撮ってみたいですよね。

そんな時のポイントをまとめました。

子供の写真をおしゃれに撮るポイント① 明るい場所でとる

室内で写真を撮ると
どうしても暗くなりがちです。

おすすめは、
午前中の日差しが入り込む
明るい場所で撮る
ことです。

逆光になってしまうと、
明るい場所でも
お顔が暗く映ってしまうので
注意してくださいね。

夜に写真を撮る場合は、
必要に応じてデスクライトの明かりを
足してみたり照明の数を増やしたりすると、
明るさを確保できます。

子供の写真をおしゃれに撮るポイント② 背景を白くする

雑多なものが写りこまない
白い壁だけの場所が確保できるときは、
その場所を利用しましょう。

白い壁のスペースがない、という方は
白い大き目の布を使ってみてください。

我が家ではいつも使っている真っ白なシーツを
背景に広げてピンでとめて写真を撮ります。

日の光がシーツに当たると
さらにいい写真が取れておすすめですよ。

子供の写真をおしゃれに撮るポイント③ 背景をぼかして撮る

子供にぐっと近づいて
背景をぼかして撮ると、
子供の表情が鮮明に写ります。

近づくことによって子供の意識も
自然にこちらに向くので、
遠くから撮るよりもいい表情が取れます。

子供の写真をおしゃれに撮るポイントは?屋外編

家族旅行やお散歩のとき、
ロケーションはバッチリなはずなのに
思ったような写真が撮れなかったり、

フォトスポットと呼ばれる場所で
撮ったはずなのにあか抜けない…

そんな時はもう一工夫加えるだけ!

コツをつかめば、
たちまち見違えるような
写真の仕上がりになります。

屋外での写真をおしゃれに撮るポイントをご紹介します。

屋外での写真をおしゃれに撮るポイント① 子供と目線の高さを合わせる

意外とやりがちなのが、
自分の身長の高さそのままに
写真を撮ることです。

しゃがんでお子さんと同じ目線の高さに
なってみると、
何を目で追っているのかがわかります。

また、お天気の良い日は
綺麗な空を背景にできますよ。

屋外での写真をおしゃれに撮るポイント② アップで撮る写真は逆光を利用する

顔のアップを屋外で撮るときは、
逆光を利用しましょう。

室内での逆光は表情を隠してしまうのですが、
屋外では実はシャッターチャンス。

タイミングを狙って撮影した写真は
無駄な影が出来ず、お子さんの表情を
はっきりみせてくれるのです。

良かれと思って日差しを正面にしてしまうと、
顔の思わぬところにくっきり影が映ったり、
お子さんがまぶしくて
渋い表情になってしまったりしてしまいます。

屋外での写真をおしゃれに撮るポイント③ 日陰で撮影する

屋外の明るさを最大限に生かすには
実は日影が最適!

日陰に入り込む光の明るさは
どの方向から撮影してもほぼ均一。

そのため初心者でも
光の位置を気にすることなく、
綺麗な写真を撮ることが出来ますよ。

おしゃれな写真を撮るには光をうまく活用するのが肝なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は子供の写真のおしゃれな撮り方を
屋内、屋外に分けてご紹介しました。

最初はなかなかうまく撮れずに
やきもきするかもしれません。

それでも我が子を思う気持ちは
みんな一緒です。

その気持ちがあれば、
失敗した場合でも
写真の1枚1枚が思い返せば
すべて宝物になるはずです。

今回ご紹介した内容は、
出費をせずにちょっと気にかけるだけで
写真の仕上がりが変わるようなものを
選んでご紹介しました。

是非少しずつチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました