クリスマスローズのこぼれ種から芽が出た!そのままでいいの?育て方を解説




直訳で「クリスマスのバラ」という名前のロマンチックな花、クリスマスローズはこぼれ種から発芽する事がよくあります。しかしそのままにしてはいけません。放置しているとほとんどが育たずに終わってしまいます。
クリスマスローズが開花してから、そのままお花をとらない状態で放置しているといつの間にか周辺に小さな芽が出ているのを見つけた!なんてことはクリスマスローズを育てている方なら一度は経験したことがあるほど、こぼれ種からの発芽が多いのです。しかし、こぼれ種の芽をそのまま放置して、大きく育って花が咲くことはごく稀です。
せっかくなら、こぼれ種の芽を上手に育てて花を増やしたいですよね。そこで今回はクリスマスローズのこぼれ種の芽を育てる方法をご紹介します。
 

クリスマスローズのこぼれ種から芽は出る?

すばり、クリスマスローズのこぼれ種はかなりの確率で発芽します。しかし、そのまま放置していると育つことなく枯れてしまいます。

元々はガーデニング初心者でも育てやすいクリスマスローズ。寒さ、日陰などの環境にも強くそのまま放置していても毎年花を咲かせてくれる、失敗の少ないお花です。発芽した種もポイントに気を付けて育て上げることができたら、立派な花を楽しむことができるのです。

育て方のポイントは「発芽した後のポット上げのタイミング」です。こぼれ種の発芽のポット上げは、本葉が一枚展開した頃がベストタイミングです。季節的には3月半ばから4月頃、高冷地や北の地域などであれば4月中にするのがお勧めです。
このポット上げのタイミングがズレると、その後の成長にかなり大きく影響してしまいます。

クリスマスローズの芽の育て方

クリスマスローズの芽をポット上げしたら、暑い夏を乗り越えるために日陰に置きましょう。そして水切れしないようにたっぷりの水を与えて、半年ごとに鉢をサイズアップさせながら育てます。

1.芽をポット上げする。

発芽した小さな芽の根を傷つけないようにすくいあげます。ポット上げする時には9センチポットなどの小さなサイズのポットに1つずつ入れます。この時、土はクリスマスローズ専用の土を使ってみましょう。初めての場合は専用の土を使用するのが簡単でおすすめです。

2.暑い夏を乗り切るための環境を作る

発芽した苗のポットは、日陰や半日陰の涼しい場所に置いて、直射日光を防ぎます。水やりのタイミングは朝早くか夕方16時以後がおすすめです。特に夏場は暑さで水切れしないようにたっぷり水やりを繰り返し行いながら育てます。肥料などは10月末までは与えないようにつけましょう。

3.まめにポットを緩める

半年ごとにポットを緩めてサイズアップしていきましょう。ポットを変えない状態で育ててしまうと根っこが目詰まりを起こしてしまいます。余裕を持って植え替えをしてあげてください。ポット上げをする時には伸びた根を壊さないようにそっと大切に取り扱いましょう。また、植え替え時に根が乾燥してしまうのを防ぐために日陰でサイズアップをさせましょう。

これを繰り返すことで、うまく育てることが出来れば発芽から2年ほどで開花します。大半のクリスマスローズは自家受粉しており、次に育つ花も親と似た姿の花が育つ可能性が高いものです。自分で手塩にかけて育てたお花は思い入れが深く愛らしさも倍増しますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回はクリスマスローズのこぼれ種の芽の扱い方のポイントと育てる方法をご紹介しました。初心者にも育てやすいクリスマスローズは、綺麗な花を増やしたいときにも比較的簡単にお花を増やすことができます。ホームセンターなどで季節ごとにお花の苗を買うのももちろん風情があってよいのですが、自分でこぼれ種から発芽したクリスマスローズを大事に育ててみるのも素敵ですよね。きっとクリスマスローズを通じて、自然の中にある生命力を感じることができるはずです。是非ご自身のお気に入りのクリスマスローズで一度試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました