女の子が料理に興味を持ちました。初めて子供と一緒につくるならこれ?!

小さな女の子は、ままごと遊びが大好きですよね。

毎日ママが料理する姿を見て、自然とままごとの技術も上達します。

そして、次第にままごとだけでなく、本物の料理にも興味を持ち始めます。

でも、実際やらせるとなると危ないし、汚されそうだし、

何をさせていいかわからないですよね。

今回はそんな同じ悩みを持つママのために、
初めて子供と一緒に作る料理についてお話しします。

女の子は料理に興味を持つ子も。簡単で安全につくれる料理は?

うちの娘は、2歳頃から自分も料理がしたいと言い出しました。

2歳の子供でもできる料理の条件は、
色々ありますが一番は安全であること

火を使ったり、刃物を使うのはまだまだ先のこと。

子供用包丁なんかもありますが、初めての料理には不向きです。

道具を使う場合は、
普段から使い慣れているものの方がいいでしょう。

そして、二つ目の条件は簡単な作業であること。

遊びの延長でできるような作業がいいでしょう。

例えば、手でちぎったり丸めたりといったことや、
スプーンで具材を混ぜたりといったことなら2歳でもできますね。

安心で簡単な料理として私がおすすめするのは、ピザです。

ピザなら楽しく作れて、子供自身も喜んで食べることができますよ!

一緒にお料理してみたらこうなりました。体験談をお話しします!

ここからは実際に、
2歳の娘と初めてピザを作った時のお話をします。

まずは、ざっくりとピザ作りの工程を説明します。

その時は、ホットケーキミックスを使ってピザを作りました。

最初は、生地作りです。

耳たぶぐらいの柔らかさになるまで生地をこねこねします。

そして、生地を薄くのばしていきます。

のばした生地にケチャップを塗り、具材をのせ、
オーブンで焼けば出来上がり!

娘に手伝ってもらったのは、
生地作りと具材をトッピングする作業です。

使わせた道具は、
生地をのばす時に使うローラー式の伸ばし棒だけなので、
安全面も問題ありませんでした。

「ねぇねぇ、今日一緒にピザ作るの手伝ってもらえる?」

と娘に声を掛けると、目を輝かせながら

「うんっ!!!」

と全力で返事をしてくれました。

相当嬉しかったみたいです。

事前に具材なども切り終えておき、
そばで見守れるようにしておきます。

そして汚れてもいい服装に着替えさせ、
テーブルの上も片付けて準備万端!

ホットケーキミックスと牛乳を混ぜたものを娘の前に置き、
まずはお手本を見せます。

真剣に手順を見る娘。

そして、いざ自分でやるとなると、すごい集中力でした。

「こねこねー、こねこねー♪」

と歌いながら楽しそうに作業する姿は、見ていてほっこりしました。

生地をのばす作業では、ローラーが登場し、
子供のテンションもさらにアップします。

「貸して、貸してー!やりたいー!」

と大喜びです。

カーペットのゴミを取ったりするコロコロが好きなので、
使い方もお手の物でした。

生地が薄く広がったら完成です。

もちろん子供一人で完璧にはできないので、
こっそりお手伝いする必要がありました。

次は、生地に具材をトッピングしてもらいました。

小さなお皿をいくつか用意して、
それぞれに切った具材を入れておきます。

それを娘の前に並べて、

「生地の上にこうやって乗せてってねー」

と見せながら教えてあげます。

私が用意したのは、

ウインナーコーンブロッコリーじゃがいもチーズです。

どれも子供が食べても大丈夫なものばかりなので、
つまみ食いされても安心!

ウインナーが好きな娘は、
トッピング中に半分ぐらい食べてました。

そのつまみ食いした手で具を並べてるのもご愛嬌です。

人に食べさせるものでもないし、小さいことは気にしません。

見た目も一部に具材が集中していたり、ぐちゃぐちゃです。

そこも娘の初めての作品ということで、大目に見ました。

あとはオーブンで焼き上がるのを待って、食べるだけです。

出来上がりを見て2歳の娘も大喜び!

「わたしが作ったよー!」

と言いながら、ぺろっと食べちゃいました。

テーブルの上も下も具材が散乱したり、
そこら中ベットベトになりました。

でも、娘が喜んでくれたので良かったです。

まとめ

子供との料理をする前は、
正直めんどくさいなぁって思っていました。

でも、やってみると本人も楽しそうだし、
イヤイヤ期対策にもなりました。

また、カメラを設置して料理している姿を動画で撮影しておくと、
いい思い出にもなりますよ!

ぜひ、お子さんとの料理にチャレンジしてみてくださいね!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする