感性や発想力が身につく!粘土の遊び方で幼児の脳や指先の発達も!




粘土は、1から自分が好きな形を創り出すことができます。

頭の中でイメージして、子どもなりに表現していきますが、できたものを見て、「蛇みたい」と言ったり、「棒みたい」と言ったりしますよね。

このように遊んでいくうちに、感性や発想力が豊かになっていくのです。

粘土遊びは、つまむ、丸める、ちぎる、握るなどの動作があり、指先の発達が期待できます。

また、指先を使うことで脳を刺激してくれるので、脳の発達も促してくれます。

さらに、粘土遊びは、触覚や視覚、創造力や思考力なども使います。つまり、5感を使って遊ぶことになるので、子どもにとっては、とても理想的な遊びとも言えるでしょう。

子供と一緒に!親子で楽しく学べる粘土遊びで芸術感覚も身につく

粘土というと、子どもの遊びというイメージがありますよね。でも、大人がやっても、とっても楽しいんです。

私も、子どもと一緒にやったことがありますが、粘土を触っていると、とても気持ちよくて落ち着きます。ストレス解消にもおススメです。

1から物を創り出す粘土は、創造力を育むのに最適な遊びだと思います。

3歳くらいになれば、想像力も豊かになってくるので、食べ物や動物などを作って、そこからさらに遊びを広げる事ができます。

また、親子で、1つの作品を作るのもコミュニケーションにもなるので、いいですね。

我が家では、長女が2歳くらいに「粘土初めてセット」というのを購入しました。赤や青、黄色などの色付き粘土と、ヘラやハートや果物の型などが入っているものです。

最初は、私が作った物を組み合わせて作っていましたが、段々、私の真似をして自分で作るようになり、次第に、自分で創造力を膨らませて作れるようになりました。

ケーキやワッフル、クッキーやパフェなどを作って、お店屋さんごっこに遊びが発展することもできます。

色がついていることで、さらに、芸術感覚を身につけることができます。また、色を混ぜて新たな色を創り出すこともできるので、色彩感覚も身に着けることができます。

知育粘土は早くてもいい!口にしても安全な玩具は見守りも楽で大人気

粘土遊びは、昔から親しみのある遊びですよね。幼稚園や保育園にも、必ずと言って良いほどあるので、ママやパパも1度は遊んだことがあるのではないでしょうか?

粘土遊びは、「2、3歳くらいから?」と思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

1歳くらいから始めてもいいのです。

「1歳だと何も作れないのでは?」と思っていませんか?

でも、最初から「何かを作る」というのを目的にしなくてもいいのです。

ただ、触ったり、丸めてみたり、ちぎってみたりするだけでも十分です。

でも、「口にいれてしまいそうで心配…」というママには、小麦粉粘土や、お米粘土、寒天粘土がおススメ。食品由来の原料なので、口に入れてしまっても、安全です。

見守りも楽にできるので人気のようです。

ただし、小麦アレルギーのあるお子さんは、小麦粉粘土でもアレルギー反応が出てしまう可能性があるので、避けた方がいいでしょう。

知育おもちゃの中でも、5感をフル活用できる粘土遊びは、とても人気です。

他にも、油粘土、紙粘土、シリコン粘土、蜜蝋粘土など、様々な粘土があります。子どもの成長などに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

粘土遊びは、指先を使って脳を刺激してくれるので、脳の発達が期待できます。

食品由来の原料を使った粘土を選べば、まだ口に入れてしまう心配のある、小さい子どもでも、安心して遊ぶことができます。

最初は、何かを作るというのを目的にせず、触ったり、こねる、丸める…などの動作だけでも十分です。

粘土遊びは、雨で外に出られない日の遊びとしても、最適。小麦粉粘土は、簡単に家でも作れるので、粘土づくりから始めてみるのもいいですね。

親子のコミュニケーションの1つとして、粘土遊びをやってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました