ときわ台駅でシルバニアファミリーのミニチュアハウスを展示中!

埼玉県にほど近い、東京都の北の境。板橋区のときわ台という駅で、シルバニアファミリーのミニチュアハウスが展示されているという噂を聞いたので行ってきました。

ときわ台駅でシルバニアファミリーを発見

ときわ台駅は、東武東上線の池袋駅から5駅め。各駅停車でないと停車しませんので注意してくださいね。池袋駅から10分ちょっと乗っていくとときわ台駅です。

シルバニアファミリーのミニチュアハウスを見つけるのはとってもカンタンでした。ホームから下り階段を降りて北口の改札に向かいますと、改札に出る直前に展示されています。

シルバニアファミリーのロゴが入った土台に、ミニチュアハウスがつくられていますね。

正面からみるとこんな感じです。

ミニチュア化された建物のまわりに、シルバニアファミリーのおともだちがたくさん集まっています。

シルバニアファミリーの人形たちは、どれもおもちゃとは思えないかわいらしさがありますね。ていねいに作られたミニチュアハウスに溶け込んでいます!

そしてシルバニアファミリーのミニチュアハウスは、展示されているときわ台駅の北口がモデルになっています。

撮影できたのが夜でしたので、屋根の様子はわかりにくいかもしれませんが、全体のイメージはときわ台駅の北口そのままですね。

こちらは別の日に撮った写真ですが、屋根は瓦風のイメージです。

ミニチュアハウスが、ときわ台駅北口をもとにしていることがよくわかると思います。

実はときわ台駅はしばらく改装工事をしていたそうで、駅が今の姿になったのはほんの最近のこと。左奥に見えるビル「EQUIA」もオープンしたばかりなのです。

シルバニアファミリーのミニチュアハウスを詳しく見てみます!

それでは改めて、ミニチュアハウスを細かく見ていくことにしますね。

改札でおとうさんを出迎えるショコラウサギさんのファミリーです

まず目につくのは、改札前で待っているご家族。ながいお耳なので、ショコラウサギのファミリーだということがわかります。

ミニチュアハウスハウスには、ときわ台駅のプレートが改札前に掲げられています。細かく作り込まれていますね!

ちょっとお耳で隠れてますが、改札横にも「ときわ台駅北口」と書かれています。

ショコラウサギさんファミリーさんとシロクマファミリーさん

こちらの写真だと、改札横のプレートがよくみえますね。しっかりとした字で書かれた「ときわ台駅北口」が読めます。

そして、右側に見えるのがシロクマさんのファミリーです。

こちらもおとうさんをお迎えなんでしょうか? おおきなぼうしをかぶって、かばんを持ったおとうさんが改札からでてきています。旅行かお仕事のかえりかもしれませんね!

箱形ベビーカーといっしょのカンガルーさんファミリーと、切符を買うコアラさんファミリーです

右側のほうには切符売り場があります。切符を買っているのはコアラさんファミリーです。おかあさんにおんぶされた赤ちゃんが印象的ですが、このコアラのおかあさんは、あかちゃんをお洋服でくるみながらおんぶしています。

さすがは有袋類! メーカーから売られているセットでもこの形でリリースされているんです!

カンガルーさんファミリーと、コアラさんファミリーに近づいてみました

こちらの写真だと、コアラさんのおかあさんの服の中でおんぶされているのがよくわかります。

それから、カンガルーさんファミリーは箱形ベビーカーを押していますね。そういえば、カンガルーさんも有袋類だった気がしますが…。

カンガルーさんファミリーのベビーカーも映してみました

やっぱりベビーカーの中にはあかちゃんがねんねしています。おめめぱっちり。

屋根のうえのメイプルネコさん

屋根の上には、メイプルネコさんがのぼっています。

ネコさんなので、高いところもお手のもの! かわらの修理をしているんでしょうか?! 頭領さんとお弟子さんというイメージ?

下にもネコさんがいますが、屋根の上の作業を見守っているというよりは、駅前をただ歩いているだけのようですね。べつのご家族さんなのでしょうか?

シルクネコさんファミリーの後ろ姿

さて、切符売り場を横から見てみることにします。

表からはあまり目立ちませんが、どこかのファミリーさんの後ろ姿が…。

シルクネコさんファミリーが、南口?で切符をかっています(?)

反対から見てみると、シルクネコさんファミリーのようですね。

南口で切符をかっているのでしょうか?

壁沿いに置かれているので、ちょっとよくわからないのがザンネンです。

それでは、ということで、ミニチュアハウスの左側もよく見てみることにします。表の改札のさらに左側です。

トイプードルさんファミリーが休んでいます

トイプードルさんファミリーがベンチに座っています。

駅員さんの帽子らしいモノをかぶっていますので、駅の関係者の方なのかもしれませんね。

シルバニアファミリーミニチュアハウスを作ったのはフジヤさんです

駅全体の雰囲気をよくとらえたミニチュアハウスですが、作ったのはどなたなのでしょうか?

それを調べる手がかりとなるのはこちらのプレートです。

フジヤさんのロゴがはいっていて、コメントといっしょに作家さんのお名前も書かれていました! このミニチュアハウスを作られたのは藤田宏さんです。

「フジヤ」さんとは、ときわ台駅近くにあるおもちゃ屋さんです。

もし行ってみたい方は、ときわ台駅の北口を出て真ん前の道路を400mほど歩いた先まで行けば見つけることができます。

ロータリーを抜けてずっと歩くと、ローソンさんがある丁字路にたどりつくのですが、そこで左側を向けばフジヤさんがあります。

今回展示されたミニチュアハウス以外にもいろいろな模型が展示されているそうですよ。

まとめ

今回は、東武東上線ときわ台駅で展示されているシルバニアファミリーのミニチュアハウスをご紹介しました。

駅は改装されたばかりでキレイですし、デザインもユニークです。また、駅ビル「EQUIA」もオープンしていますし、お近くの方はおさんぽがてらに足をのばしてみてくださいね。

また、こちら↓の記事では、シルバニアファミリーをムスメさんにプレゼントして感じた感想を記事にしています。

シルバニアファミリーをプレゼントにどうかと考えていらっしゃるママやパパは読んでみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする