オトナのクリスマスソングは、洋楽でしっとりと。男性ボーカルの渋い曲特集




彼と過ごすおうちクリスマスに洋楽のクリスマスソングを流したいと考えている女性もいることでしょう。せっかくならBGMを流してオトナな雰囲気のクリスマスを過ごしたいですよね。

そこで今回は男性ボーカルの渋いクリスマスソングを紹介します。是非おうちクリスマスのBGM選びの参考にしてください♪

洋楽の男性ボーカルの渋いクリスマスソング3選

ではさっそく洋楽の男性ボーカルの渋いクリスマスソングを紹介します♪

①ジングル・ベル/フランク・シナトラ

日本でもクリスマスになると街やCM等で流れるジングル・ベルを、フランク・シナトラが歌っています。フランク・シナトラはアメリカの有名な歌手でした。

年を重ねるごとに声に渋みが増してダンディーさも感じます。彼が歌うジングル・ベルは子供たちが歌うようなかわいらしさよりも、ちょっぴりオトナな雰囲気になります!

②Forsty the Snowman/マイケル・ブーブレ

こちらも日本のクリスマスでもよく聞く曲です♪『ふけよかぜ 口笛ふいて~』とみなさんも歌ったことはありませんか?!あの曲の英語バージョンです。同じ曲でも洋楽ボーカリストが歌うクリスマスソングはやっぱり雰囲気が出て良いですよね♪この曲は1950年にリリースされた歴史ある曲です。雪だるまと子供たちが楽しく踊る様子を歌った曲なのですよ。

ちなみにマイケル・ブーブレはあの有名なスパイダーマン2のエンディングテーマを担当したすごい人なのです。是非彼が歌うForsty the Snowmanも聞いてみてくださいね!

③Like It’s Christmas/ジョナス・ブラザーズ

ジョナス・ブラザーズは名前の通り本当の兄弟からなるロックバンドです。この曲はまさに彼と過ごすクリスマスにぴったりな歌詞になっています。君がいればどんな日だってクリスマスのようだと愛を語る内容が素敵です♪

クラップの音に合わせて一緒に手拍子をしながらリズムを取りたくなること間違いありません。3人の歌声のハーモニーにうっとりしながらも楽しい雰囲気を過ごせますよ♪

声が渋い!洋楽のおすすめボーカリスト2選

さて洋楽を歌う歌手には声が渋くて素敵な方がまだまだたくさんいます。そこで声が渋い洋楽のおすすめボーカリストを紹介します♪

①スティービー・ワンダー

スティービー・ワンダーは知っている人も多く大変有名です♪日本人の中でもファンの方はたくさんいます。

スティービー・ワンダーのおすすめの曲は『Isn’t She Lovely』です。日本語で『可愛いアイシャ』と訳されます。この曲はスティービー・ワンダーの娘が生まれたときに作られた曲なのです。子供へ愛情たっぷりの歌詞が感じられます。

ちなみに日本のCMでも何度か使われているので聞いたことがある方もいるはずです!スティービー・ワンダーの歌声は渋いながらも伸びのある声なので聴いていて心地よいです♪

②エリック・クラプトン

こちらも日本で大変有名な洋楽ボーカリストです。個人的な話ですが、私がエリック・クラプトンに出会ったのは中学生の頃でした。ラジオを聴きながら勉強するのが私の中で流行っていたのですが、ラジオから流れる彼の曲に聞き惚れてしまったのです…。もう勉強どころではなくなりました(笑)

エリック・クラプトンはイングランドの歌手です。名曲はたくさんありますが、その中でもおすすめは『Change The World』です。この曲は1996年に発売され、グラミー賞受賞とすごい名曲なのです♪ラブソングなのでカップルでのドライブで流すのもおすすめですよ♪

まとめ

渋い声の洋楽ボーカリストのクリスマスソングや、おすすめの洋楽ボーカリストを紹介しました。

渋い歌声は優しさや温かさも感じるので、ずっと聴いていたくなりますよね。私のおすすめはエリック・クラプトンのバラード曲です。彼の歌声には惚れ惚れしてしまいます。

是非カップルや家族、友人で過ごすときの参考にしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました