手編みの靴下の作り方! 赤ちゃんに世界に一つだけのものをプレゼント




赤ちゃんが生まれるって本当に嬉しいものですよね。

欧米では「小さな靴下を編んでいる」というのは、
赤ちゃんを心待ちにしている幸せなママのことです。

一昔前には出産祝いの第一候補は、
ベビー用の毛糸だったそうですよ。

現在もハンドメイド好きなママなら、
可愛い赤ちゃんのために、
素敵なニットの靴下を編んでみたいと思うでしょう。

お孫さんやお友達の赤ちゃん用に
靴下をプレゼントしたい人もいるでしょう。

ここで、冬生まれの赤ちゃんのために
簡単に作れるカギ編の靴下をご紹介しましょう。

赤ちゃんの靴下にも冬らしさを… ウインターデザインをご紹介

冬生まれの赤ちゃんは、
小さいうちから外へ出る機会があるでしょう。

でもまだ靴は履けないですよね。

だから毛糸の靴下は必要なのです。

できれば足首まですっぽり包むデザインがいいですね。

こんなシンプルなブーツタイプの靴下なら
寒い冬でも大丈夫です。

材料と作り方をご紹介しましょう。

材料
・ベビー用毛糸 50g
・4号かぎ針 1
・毛糸針 1

作り方
1段目、まず毛糸で輪をつくり、くさり編3目を立てて
長編みを7目作り、全部で8目にします。

2段目、1目に2目ずつ長編みを編み、全体で16目になるようにします。

3段目、1目おきに1目ずつ増し目をして、全体で24目になるようにします。

4段目、増し目なしで長編を編みます。

5段目からは一周したら、最初の目に戻らないで、
逆戻りをして、履き口を作ります。

そのまま往復編みをして、11段目まで編みます。

かかとの部分を引き抜はぎをすれば本体は完成です。
毛糸針で閉じてもいいでしょう。

足首の部分を細編みで1段編みます。

次の段は1目おきに3目くさり編を入れ
これを2回繰り返してはき口の出来上がりです。

最後にくさりあみを40㎝編んで紐を作り
はき口に通してリボンにすれば完成!

初めから男の子か女の子かわかっているなら、
ピンクやブルーの毛糸で編むのもいいですね。

男女の区別は内緒ということなら、
靴下本体は白で、後で性別が分かってから、
リボンの色だけピンクやブルーにする
というのもいいアイデアです。

ちょっと面倒でも、編み方は二種類しかないので、
慣れれば片方1時間以内で編めます。

この靴下は10~11㎝ぐらいで、
6カ月ぐらいの赤ちゃんにちょうどいいはずです。

ちょっと気を付けたいことは、
きつめに編んで可愛らしいサイズができた!

それもいいのですが、あまりに小さいと
赤ちゃんが履けるようになるころには足が入らない
ということなりかねません。

私の友人も妹の赤ちゃんのために、
可愛らしいピンクの靴下を編んでいました。

女の子らしいから、可愛らしくて小さいのがいい、
と思ったのです。

ところが予想に反してビッグベビーが生まれました。
その冬あのベビー靴下を履かせようとしたら、
すでにきつくて履けませんでした。

くれぐれもベビー用靴下は
余裕のあるサイズを作ってくださいね。

暖かくて安心の靴下を・・・ 赤ちゃんだからこそこだわりの素材でプレゼント

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

できれば天然繊維のウール100%がいいですね。

寒さ対策にもウールは暖かくていいわけです。

でもすぐに汚すからお洗濯が心配?

そうですよね。

でも大丈夫です。

ウオッシャブルウールがありますよ。

これならいつでも気軽に洗えてしかもウールだから暖か!

ベビー用の柔らかい細い糸で編んであげたいですね。

丈夫にしたいなら、アクリルとウールの混紡もあります。

アクリルは半分以下がいいでしょう。

確かにアクリルが入ると丈夫になります。

ただし、この時期はまだ赤ちゃんは歩けないので、

アクリルを多く含んでいる必要はないのですね。

夏生まれの赤ちゃんなら、
オーガニックコットンはオススメです。

肌触りがいいし、
赤ちゃんの柔らかい肌にもピッタリですね。

でも冬なら、コットンは
暖かさという点でちょっと不安があります。

せっかくプレゼントするなら、
ベビー用のウール100%がいいでしょう。

まとめ

冬に赤ちゃん用のウールの手編み靴下は、
素敵なプレゼントです。

足をすっぽり包むタイプの靴下なら、最高ですね。

かぎ針編みの靴下は、
簡単に作れて材料費もわずかです。

冬用の赤ちゃん靴下の素材は、
肌にやさしいウオッシャブルウール100%などが
いいでしょう。

赤ちゃんを心待ちにしているママさん、
可愛い赤ちゃん用の靴下を編んでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました