具体例で学ぶバースプラン! 先輩ママのバースプランを大公開







バースプラン

出産に対する希望を書き込むバースプラン。

産院から「バースプランシート」を渡されることもあるそうなのですが、白紙の状態から一人で考えるのはなかなかむつかしいものです。

そこで今回は実際に先輩ママが書いたバースプランを大公開!

陣痛がきた時の詳細な対応や、夫への希望など、いったいどんなことを頼めば良いのか具体的にまとめてみました。

これから出産を迎えるママたちの不安が少しでも減るように、先輩ママの例を参考にプランを考えていきましょう。

バースプランで思いを伝えて~夫への希望編~

バースプランは産院への希望を記入するものと思われがちですが、それだけではありません。

自分の出産を支えてくれる身近な人、夫や家族への希望もぜひ書いておきましょう。

陣痛時や分娩中夫にしてほしいことは?

・はじめから夫に付き添ってほしい
・夫にマッサージの仕方を指導してほしい
・夫が出産に間に合わないときは、実母に立ち会ってもらいたい
・夫に生まれる瞬間の写真を撮ってほしい
・夫にへその緒を切ってもらいたい
・夫には陰部を見せたくないので、頭の位置にいてほしい

こんな風に、してほしいこと、してほしくないことを書いておきましょう。

た、記入するだけでなく、その前に夫婦でよく話し合うことも大切。

出産は確かにママにとって大仕事です。

でも、それは旦那さんにとっても同じこと。自分で産むことができないからこそ、妻にどうしてあげたらよいのかわからないのです。

戸惑って当たり前ですよね。

こうしてほしい、これは嫌だと言葉で伝えておくことで出産時の混乱は半減します。

私自身も立ち会ってもらいましたが、陣痛に苦しむ私を見て自分のことよりも辛そうだった夫の顔を今でも思い出します。

出産の前から夫婦でバースプランについて話し合うことはきっと、「一緒に出産にのぞむ気持ちをつくる」ための大事な工程になりますよ。

詳細なバースプランが本領発揮!~陣痛時のケア編~

続いて陣痛時のケアについて具体例を挙げていきましょう。

陣痛時にしてほしいケアは?

・リラックスできるように好きな曲をかけてほしい
・自分のクッションを持ち込みたい
・アロマをたいてほしい
・進行状況を詳しく教えてほしい
・陣痛の間は腰をさすって痛みをやわらげてほしい
・呼吸法をリードしてほしい
・陣痛が長くなりそうならシャワーを浴びたい
・不安なのでひとりにしないでほしい
・女医さんにしてほしい
・会陰切開をするときは声をかけてほしい

陣痛中にしてほしくないことは?

・なるべく陣痛促進剤を使わないでほしい
・義理の家族の面会を断ってほしい
・陣痛がきたら部屋移動をしたくない
・帝王切開は出来るだけ避けたい

このように、自分の希望を具体的に記入している先輩ママが多いようです。

もちろんすべてに対応できるわけではありません。

しかしこうしてバースプランに書き込むことで産院側と出産について打ち合わせすることができ、これがより納得のできるお産につながるのです。

これは無理かなと思っても、ぜひ言葉にして伝えてみてくださいね。
 

まとめ

バースプランにこれは書いてはいけないということはありません。

他にも、こんなことを書いた先輩ママもいます。

・上の子がいるのでなるべく早く退院させてほしい
・前回の出産で助産師さんに「もっと頑張って」と怒られてつらかった
・産まれてすぐの赤ちゃんを夫にも抱かせてあげてほしい

自分の思いを伝えるのは勇気がいることです。

しかし、バースプランを通して、お産に積極的に取り組むことで、忘れられない最高の思い出になると私は思います。

新しく家族になる赤ちゃんに思いをはせて、ぜひ周りの人を巻きこんでバースプランに取り組んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました