絵の具で紫の作り方は、意外と難しい!?キレイな紫の作り方を解説




えのぐ

絵の具で紫色を作るには、何色を混ぜたらいいか分かりますか?

「赤と青を混ぜたら、簡単に出来る!」と答えた人は、半分正解で半分間違いです。

キレイな紫色や、自分の思い描く紫色を作るのは、実は結構難しいんですよ!

今回は、絵の具でうまく紫を作るコツをご紹介します。これで失敗しらずになっちゃいましょう!

キレイな紫が作れる絵の具の割合はコレ!

学校で使う絵の具といえば、水彩絵具やアクリル絵の具の、12色か24色のセットがほとんどですよね。

ただ、これだけの色だと、使いたい色がないことがあります。

そんなときは、絵の具の色を混ぜて、欲しい色を作りますよね。

たとえば、オレンジ=赤+黄、グレー=白+黒などは、結構キレイな色が作れちゃいます。

では、紫色が欲しいときは、何色を混ぜるでしょうか?

そう!赤と青ですよね。

確かに、紫は赤と青の中間色ですので、赤と青を混ぜることで、紫を作ることはできます。

ところが、実際に水彩絵具やアクリル絵の具の赤と青を混ぜてみると、あれっ?濁った茶や黒になってしまいましたよ!?

この理由には、「色の三原色」が関係しています。

色の三原色とは、色の基本色のことで、赤・青・黄から成ります。三つの円が重なり合っている図を、一度は見たことがあるかと思います。

これらの色は、混ざるほど暗くなる性質があり、特に三色が混ざると黒に近くなります。

でも、色の三原色の図を見ると、赤と青だけ混ぜれば、キレイな紫になりそうに思えます。

実は、一般的な絵の具の赤や青は、純粋な赤や青だけなのではなく、三原色がいろいろ混ざってできています。

そのため、赤い絵の具と青い絵の具を混ぜると、三原色がごちゃ混ぜになり、黒や茶っぽくなってしまうんです。

特に、黄味がかった赤(=オレンジ系の赤)や黄味がかった青(=エメラルド系の青)を混ぜると、三原色の中央のように黒っぽくなるので、絶対NGです。

紫を作るときは、黄味の少ない濃いめの赤(=クリムゾン系の赤)や濃いめの青(=ディープブルー系)を混ぜるようにします。

出来るだけキレイな紫を作るには、赤と青の混ぜる割合も大切です。

オススメは、「赤:青=2:1」または「赤:青=1:2」の割合です!

赤が多いとぶどうっぽい赤紫になり、青が多いとすみれっぽい青紫になり、茶色っぽさも抑えることができますよ。

ちなみに、「赤:青=1:1」は茶色が出やすくなり、キレイになりにくいです。

この割合を参考にして、自分の作りたい紫を目指して、いろいろと混ぜて実験してみても面白いですよ!

絵の具以外にも、水の分量で変わる!いろいろな紫の作り方

赤や青の絵の具の種類によっても、混ぜるといろんな紫になることがわかりました。

ただ、学校の画材絵の具では、種類にも限界がありますね。

「本当はもっと明るい紫にしたい!」
「もう少し濃いめの紫にしたい!」

でも、どの色を混ぜてもうまくいかない…。

そんなときは、水の力を借りてみてください。

水彩絵具やアクリル絵の具は、水を混ぜることでいろいろな質感を表現することができる、おもしろい画材です。

水をたくさん混ぜると、すっきりとした透明感を表現することができます。

逆に、水を控えめにくると、もったりとした重厚感を表現することができます。

たとえば、「青紫色の紫陽花を、やさしいタッチで描きたい」というときは、柔らかな色にしたいですね。

そうしたら、赤:青=1:2で青紫色を作り、さらに水を多めに混ぜて透明感を出せば、素敵な紫色の紫陽花が描けますよ。

では、「赤紫色のコスモスを、はっきりと強い色で描きたい」というときは、どうすればいいでしょうか?

そうですね!赤:青=2:1で赤紫色を作り、水は少なめに混ぜてしっかりと色を残せば、くっきりとコスモスに色をつけることができますね。

イメージできましたか?

絵の具で紫色を作るには、水の量もとっても大切なんですよ。

まとめ

今回は、絵の具を混ぜて紫色を作る方法をご紹介しました!

紫を作るには、赤と青の絵の具を混ぜるのですが、実際には赤も青も絵の具の中にいろいろな色素が入っているので、キレイな紫を作りにくいんです。

キレイな紫を作るには、黄味が少ないクリムゾン系の赤や、ディープブルー系の青を使います。また、赤:青=2:1または1:2の割合で混ぜます。水の分量によっても、紫の色味が変わります。

いろいろ試して、好きな紫色作りにチャレンジしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました