こどもが生まれることがわかりました。出産準備はなにをすれば?




よだれかけ

妊娠中に赤ちゃんのことを考えて、
出産準備をすることはとても楽しいですよね。

私もお腹の中の赤ちゃんが産まれてきたら、
あんな服を着せたいとか、こんな帽子をかぶせたいとか
想像するだけでわくわくしました。

しかし実際に何をどれだけ揃えればよいのか
見当がつかなくて困ったのも事実。

必要のないものを買ってしまったり、
産まれてから慌てて買いに行ったり
たくさんの失敗をしてきました。

今回は、これは絶対必要!
と思ったものをご紹介したいと思います。

こどものものってなにを用意すればいいの?

寝ているあかちゃん

赤ちゃんが産まれてすぐに必要になるものと言えば、

・新生児用のオムツ
・おしりふき
・肌着
・柔らかいタオル・ガーゼ

などは必需品ですよね。

ただ、おしりふきはいくらあっても良いのですが、
新生児用のオムツはあまり買いこまない方が良いでしょう。

赤ちゃんのサイズはどんどん変わっていきますからね。

また肌着も、洗濯すればすぐに乾くので
短肌着、長肌着を各2~3枚あれば十分です。

タオルやガーゼは多めにあっても良いでしょう。

タオルはちょっと寒いときにくるんであげたり、
肌掛けにしてあげたりと何にでも代用できます。

ガーゼもよだれを拭くだけでなく、
抱っこで眠った時にたくさん汗をかく赤ちゃんの頭の下に敷いてあげると
とっても快適なんですよ。

私はいつもガーゼを2~3枚持ち歩いていました。

ただし肌着やタオル、ガーゼは一度水洗いして、
柔らかくしておいてあげて下さいね。

そしてもう一つ、自宅に帰ってすぐ必要になるのが
沐浴の準備です。

しかし一時期しか使わないベビーバスは
立派なものを買う必要はありません。

我が家は空気で膨らませるタイプのベビーバスを購入。

次女が産まれるまでの間は空気を抜いて
ぺったんこの状態で収納できたのでとても良かったですよ。

また沐浴で使うベビーソープは泡で出るポンプ式のものをお勧めします。

片手で使えるのでとっても便利です。

そして意外とあったら便利なのが哺乳瓶

私は完全母乳のつもりだったので、
買っていなかったのですが
ママ友が使っていると聞いて購入。

沐浴の後の水分補給などにさっと使えて重宝しました。

小さいもので十分ですので、
ぜひ購入しておいてくださいね。

これもわすれちゃだめ! 大人のための出産準備も考えましょう。

あかちゃんのいるおなか

続いて、ママのための出産準備です。

出産用のパジャマや、産褥セット(ショーツやパットなど)は
助産師さんに聞いたり、入院の手続きにも書かれていますよね。

それらのものは、一通りそろえておいて間違いないでしょう。

私が実際、出産準備で必要なかったなと思うものは、
産後のガードルです。

お腹をすぐに引き締めた方が良い!
と友人に言われていたので購入したのですが
全く使うことなくお蔵入りしてしまいました...。

なぜかというと、ガードルより良いもの
産後助産師さんに教えてもらったからなんです。

それは‘骨盤ベルト’です。

腰骨の下にするもので、
開いてしまった骨盤を苦しくない程度に
徐々に引き締めてくれるので
圧迫感もなく使用できました。

何よりうれしかったのは、
抱っこでつらかった腰痛がなくなったことです。

骨盤ベルトは産院で紹介してもらえることが多いので、
助産師さんに聞いてみましょう。

ガードルなどは、産後の体調に合わせて、
ゆっくりと選ぶのが良いと思いますよ。

そして出産時に一番買っておいてよかったと思ったのは、
ペットボトルに取り付けるストローでした!

分娩中も夫に水分をとらせてもらったり、
入院中もベットに横になったまま使えたので
本当に便利だったんです。

100均などのもので十分ですので、
ぜひ買っておいてくださいね。

まとめ

あかちゃんとママの手

可愛い赤ちゃんを迎えるための出産準備は
とても楽しいものです。

でもだからと言って買い込みすぎは注意が必要。

赤ちゃんの成長は、
想像以上にはやいものなんです。

とりあえず必要なものを揃えて、
あとは赤ちゃんの成長に合わせて
徐々に購入していくことをお勧めします。

そして、赤ちゃんのためのショッピングは
大変な育児の中でママの息抜きになること間違いなし!

自分の楽しみのためにも、
育児中に購入できるものも残しておいてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました