子供がマスクを嫌がるのは当たり前?でも子供を守るには重要です!

マスク1

季節の変わり目など、大人以上に子供は風邪を引きやすいもの。

保育園に通いだすと、年中鼻水が出ていたりしますよね。

子供の風邪が長引くと、親も辛いです。

風邪を引いた時やその予防に、
マスクをさせようという方も多いでしょう。

でも、2歳ぐらいだとマスクを嫌がる子供ってすごく多いです。

今回は、そんなマスクを嫌がる子供のマスク克服法についてです!

マスクの違和感が嫌?好みの素材を探してみよう

私の娘もマスクデビューは2歳の時でした。

でも、とにかく嫌がりすぐ外してしまい、全く使えませんでした。

そこで、最初に試したのが素材選びです。

マスクの素材には、不織布タイプとガーゼタイプがあります。

あと、最近ではポリウレタン素材のものもありました。

では、それぞれの特長を簡単にご説明します。

・不織布マスク

使い捨てマスクのほとんどが、こちらに該当します。

さまざまな形や性能のものがあります。

使い捨てなので、衛生的に利用することができるのがメリットです。

・ガーゼマスク

布マスクとも呼ばれるマスクで、
綿織物を何枚にも重ね合わせて作られています。

保湿性にも優れており、洗って何度でも使えます。

・ポリウレタン

柔らかくて伸縮性のあるマスクで、見た目が特徴的です。

ピタッとするのに通気性が良く、快適な付け心地です。

耳の部分も柔らかい素材なので、痛くなりません。

私の娘の場合は、
不織布マスクは嫌がって最初は付けてくれませんでした。

でも、ママが花粉症の時に付けていた、
ポリウレタンマスクを触りたがったのを思い出して、
キッズ用を購入しました。
私が購入したのは、「ピッタ・マスク」という商品です。
https://www.arax.co.jp/pittamask/

個人的にはマスクの臭いが気になったのですが、
子供は気に入ったみたいで付けてくれました。

吸着感が面白いのか、カラフルだからなのか、
お気に入りポイントは不明ですが、付けてくれるなら何でもOK!

でも、柔らかい素材なので、子供が引っ張って遊んだりして、
すぐちぎれてしまいました。

安い商品ではないので、リピートはちょっと難しかったです。

それで最終的に、次に紹介するキャラクターマスクに移行しました。

どの素材がいいかわからない時は、
子供の前に並べて「どれにする〜?」って、
遊び感覚で選ばせてあげてもいいかも知れませんね!

また、マスク自体に慣れてくれば、
2歳児でも嫌がらず付けてくれるようになるのでご安心ください。

大好きなキャラクターと一緒。キャラクターの力を借りてマスクを克服!

「それでもなかなか付けてくれない!」

そんな時は、大好きなキャラクターの力を借りましょう!

キャラクター柄のマスクなら、お子さんも付けたがるはずです。

キャラクターマスクは、ドラッグストアだけでなく、
100均にも種類豊富にあります。

私の娘は、100均でキャラクター柄のガーゼマスクを買いました。

風邪を引いてない時でも付けたがるので、
洗えるガーゼマスクにして良かったです。

キャラクターマスクがない時は、
自作でキャラクターマスクを作りましょう!

使い捨てマスクに大好きなキャラクターをマジックで書くだけ!

手書きだと外に着用していくのには抵抗があるので、
シールを貼ってあげてました。

手軽にキャラクターマスクができて、
子供も喜ぶのでおすすめですよ!

まとめ

マスク2

初めてマスクを付けるときは、嫌がるのは普通のことです。

大人だって快適なものではありませんからね。

だけど、それを克服する方法はあります!
素材、形、色、柄、性能など様々なものがありますが、
まず最初はお子さんの気にいるものを
見つけることから始めましょう!

ぜひお子さんが気に入る方法を見つけて、
風邪ともおさらば出来るようにしてくださいね!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする