子育てで疲れるのはなぜ? サイコーのリフレッシュ法と最適な相談先を教えます







乳児期の赤ちゃんは、手もかかるし、目も離せないし大変ですよね。

そして「どうしてこんなに!?」ってほど疲れちゃうんですよね。

でもこんなに疲れちゃうのは、自分の赤ちゃんを愛しているからにほかなりません。

大切に思っているからどうしても力が入ってしまいますし、うまくいかない自分自身にもイライラ。だからとくに疲れちゃうんです。

また、疲れているときはやっぱり休みたいものですが、特に夜ゆっくり眠れないのがツライ!

わが子は可愛いけれど、出来れば出産前にちょっとだけ戻らせて…
なんて思っちゃうこともありました。

誰に相談すればいいかもわからず、
いっぱいいっぱいになってしまうことも。

そんなママさんの悩みを解消すべく、私の体験談をお話しします。

子育てに疲れた時のサイコーのリフレッシュ法! 疲労の回復にはやっぱり寝ちゃうこと!

子育ての疲れを解消するには、睡眠をとるのが何よりも一番!

でも、それが一番むずかしいんですよね。

私も昼夜問わず、授乳の最中に寝落ちしかけたことがありました。

このままじゃヤバイと思って、色々試してみることに。

では、実際私が実践した「睡眠時間を確保する方法」をお話しします。

①子供のお昼寝はママも一緒に

昼夜ともに子供が寝たら、
ついついチャンスとばかりに家事をしがちだった私。

でも、それだといつ寝るんだ??
そりゃ疲れも溜まりますよね。

お昼寝の方が夜より寝てくれる時期もあるので、
寝不足なら一緒に寝ましょう!

家事なんてほっといても何とかなります!

ママが倒れたらおしまいですからね。

②夜は身体を休めることに徹底する

子供が眠りについてからの家事。

夜の睡眠時間を削ってまで、本当にすべきことかどうか考えましょう!

優先順位の低いことのために、
自分の身体をおろそかにしてはいけません。

夜更かしして家事をするぐらいなら、早起きしてやりましょう!

その方が頭も体もすっきりして、作業効率もアップしますよ!

③夜泣きが始まって、断乳するなら相当の覚悟を持つ

夜泣きで眠れなくなったら、夜間授乳をやめましょう!

夜間授乳をしなくなると、朝までぐっすり寝てくれるようになります。
とはいえ、断乳はかなり大変。

夜泣きがなくなり、おっぱいを欲しがらなくなるまで
1週間かかりました。

その間、夜は泣き疲れるまでひたすら抱っこで寝かしつけです。
正直この時が一番、精神的にしんどかったですね。

卒乳を待っても良かったかもって思います。

それでも断乳するなら、ママの覚悟が出来ているかが重要!

それプラス、ママと子供の体調がいい時にしましょうね。

子育てで疲れたら父親であるパパと一緒に乗り越えよう。分担しやすい家事はなにかな?

子育てをする上でネックになるのが、やはり家事です。

私も初めは、出産前と同じレベルで家事をこなそうとしてしまい、
精神的に追い詰められてしまったことがありました。

何でも一人でしようなんて思わないことです!

子育ても、家事も、パパに相談して分担できるはず!

私の夫は休みが不定期で、
子供が起きているうちはほとんど家にいません。

夫も仕事で大変なのは承知の上でしたが、
自分がいっぱいいっぱいになっている現状を相談しました。

そして、話し合いの末、家事を分担しようということに。
と言っても、夫がやれることは限られています。

帰ってくるのが夜遅くて、昼前には出勤していくからです。

そんな夫に私がお願いした家事は、こちら。

・郵便物の回収
→ポストの郵便物を家に持って入ってきてもらう。

・ゴミ出し
→ゴミ回収の日にまとめたゴミを指定の場所に持っていく。

・タオルの交換
→家中のタオルを交換して、洗濯物に出す。

・お風呂洗い
→バスタブ、床、壁などを決められた頻度で洗う。

・洗面台の清掃
→鏡や受け皿などを定期的に清掃する。

・飼い猫のお世話
→猫のトイレ清掃、餌と水の補充をする。

私からこれをして欲しいと一方的に伝えたわけではありません。

本当に二人で話し合って、
「これなら夜でも出来そう」ってものを選んでもらいました。

人に言われてやるのってモチベーションがないため、
なかなかやる気になりませんよね。

でも、自分で決めたことだから積極的にやってくれます。

郵便物とか、タオル交換とか、ぶっちゃけ自分でもできます。

でも、そういう小さなことがいっぱい積み重なると、
子育てしながらだと家事も回らなくなります。

それに、ママがやり過ぎることで、
パパを「手伝わない夫」にしてしまうのです。

だから、自分で出来ることでもパパにやってもらうこと!
これが大事です!

まとめ

乳児期の子育ては、パパと分担すれば乗り切ることができます。

相談する相手がいない?
いやいや!

ママにはパパという
「最強の相談相手」がいることを忘れてはいけません!
二人で一緒に子育てをすれば
しんどいことだけでなく、嬉しいことも分かち合うことができます。

子育てに疲れてきたら、
まずはパパに力を貸してもらってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました