筆算のやり方が昔と変わった!?今どきのさくらんぼ計算や繰り下がりとは




筆算 小学生の子育てをしているママさんパパさん、
子どもに「宿題教えて〜」って言われること
よくありますよね。

 

小学生だし簡単〜と思ってたら
あれ…こんなやり方で習ったっけ?
自分が小学生の時とやり方が違う!
なんてこと、ありませんか?

 

先日、小学3年生の姪と話していたら
算数の話になりました。

 

今と昔では算数の計算方法が違うようです。

 

あなたはさくらんぼ計算って習ってましたか?
ちなみに40代の私は習ってません。

 

この記事では今どきの算数の計算のやり方について
くわしくお伝えします。

参考になさってくださいね。

筆算のやり方が昔と変わった?

筆算

わたしが習った算数の筆算のやり方は、
いまとは違うものでした。

 

ちょうどこんなかんじです。

 

筆算

これは繰り下がりのある筆算ですね。

この解き方をどうやって習ったか
覚えてますか?

 

あまり詳しく覚えていないかもしれませんが、
だいたいこんなふうに解きました。

筆算

 

【計算する順番】
①10の位から10借りて17
②10の位の3を2にする
③17から8をひくと1の位は9
④10の位は2ひく2で1
⑤答えは19

 

この17から8をひく部分を、
暗算でどうやるか。

今の小学生たちは「さくらんぼ計算」
1年生で習っていて、
それをもとに頭で計算できるように
なっているようです。

 

さくらんぼ計算は、算数が苦手な私には
分かりやすい考え方でした。

今のさくらんぼ計算や筆算の書き方

筆算

さくらんぼ計算とは計算方法の1つで、
今の小学校1年生で教えられています。

詳しく説明しますね。

さくらんぼ計算

さくらんぼ計算は、

 ・繰り上がりのあるたし算、
 ・繰り下がりのある引き算

に使います。

 

数を分けて、10のまとまりを作ってから
計算する方法です。

 

例えば

9+6

を計算する場合、

①6を1と5に分けます
②9と1をたして10
③10と5をたして答えは15

 

筆算

これを図のように書いて考えます。

計算のプロセスを視覚化したものが
さくらんぼのような形になっているんですね。

次は引き算をやってみます。

15-7

の場合をみてみてください。

 

筆算

 

①15を10と5に分けます
②10ひく7は3
③3と5をたして答えは8

 

どうですか?

10をつくるので計算しやすいと感じました。

でも何だかまわりくどい〜って思うかも
しれませんね。

 

 

さくらんぼ計算に慣れると、
頭の中で数を分解・合成する力
備わります。

 

現在小学3年生の姪は
「さくらんぼ計算は1年生のとき習ったけど
もう忘れた〜。」って言ってます。

 

でも、「12-4は?」って聞くと「8!」
瞬間的に答えが出てきます。

 

どうやって頭の中で計算したか聞くと
「まず12を10と2に分けて〜、」
と説明してくれました。

 

忘れたと言いつつも、
しっかり計算のプロセスが頭にあるみたいです。
子どもってすごいなあと思いました。

 

また筆算の書き方も今はいくつかあり、
小学校によって違うようです。

繰り上がりのある足し算の筆算の書き方

筆算

さらに、繰り上がりのある足し算のひっ算の
書き方をみていきますね。

 

1.は、繰り上がる数字の1を
10の位の上に書く書き方です。

2.は、繰り上がる数字の1を
10の位の下に書く書き方です。

繰り下がりのある引き算の筆算の書き方

筆算

3.は、10の位から借りた数字を
1の位には書いていません。

1の位の1から9はひけないということに
注目させる目的があるというのが
書かない理由の一つです。

 

4.は、10の位から借りた数字を
1の位の横に書き、「11」としています。

11-9=2で1の位を出していますね。

 

5.は、10の位から借りた「10」の数字を
1の位の上に書きます。

この場合、10+1=11、11-9=2で
1の位を出しています。

 

子どもに宿題を教えてって言われたときは、
まず学校で習っているやり方を
確認するのが良さそうですね!

まとめ

筆算いかがだったでしょうか?

「さくらんぼ」ってかわいい名前にも
びっくりですし、今と昔とで、かなり
教わり方が変わっていますね。

勉強って楽しみながらやると
やる気もでますよね。

お子さんと一緒に楽しみながら取り組んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました