音読と朗読の違いって何?意味が分かると試したくなる!




こんにちは。読んでくださりありがとうございます!

さて、この文章を今あなたは目で読んでいますよね?

普段、私たちは文章を目で読みます。なかなか口に出しては読まないですよね?
試しに、口に出して読んでみませんか?意外に楽しくて気持ちが良いですよ!

「でも、なかなかそんな機会ないし、何を読めば良いの?」と思いますよね!
私もそうでしたが、実際やってみると案外簡単なんです!

実は、文章を口に出して読む方法は、音読と朗読があります。この違いがわかれば、読むのがきっと楽しくなりますよ!

また、お子さまも、学校の授業や習い事などで、文章を口に出して読む機会も多いはず!

この記事では、音読と朗読について教えちゃいます!これを読んでお子さまと楽しく文章を読んでみてくださいね。

音読とは?朗読とは?意外に知らない言葉の違い

音読って、子どもの時に学校でやりませんでしたか?国語の宿題ででましたよね。なので知ってる人も多いと思います。

では、朗読は?

「聞いたことあるけど、音読とどう違うの?文章を口に出すんだから一緒よね」
と思っているあなた!

実は、この二つの言葉には大きな違いがあるんです!

「音読」は字の通り、音を読む。つまり書いてあるものを、単純に声をだして読むということなのです。その時に、「正しく、はっきりとすらすら読む事」を目標とします。
そして「朗読」は字の通り、朗か(あきらか)に読む。…どういうことでしょう?

朗読は、音読での目標の「正しく、はっきりとすらすら読むこと」にプラスして、場面の雰囲気や、作者の意図、登場人物の気持ちや性格を表現するのです。
つまり、作品に込められた気持ちや登場人物の感情を、朗かに(あきらか)にするのです。
わかりやすく例えてみると…ニュースなどで原稿を読むのは音読で、
お芝居などで本を読むのが朗読ということですね!
音読と朗読、似たように見えて、意味は大きく違いましたね。
では、違いが分かったところで、実際に文章を読んでみましょう!!

楽しい!文章を使って実際に音読と朗読をやってみよう!

まずは、なんでもいいんです!あなたの周りに文章が書かれているものはありませんか?
・新聞
・絵本
・小説本
・手紙
・お知らせのプリント
・説明書

どれか手に取ってみてください。
そして、そこに書かれている文章から好きな所を選んでみましょう。

「良いものがないわ…」という方は、こちらの文章をどうぞ!

「強い風がゴウゴウと吹いていたが、私は大きな声でありがとうーーー!と叫んだ。聞こえていなかったかもしれないけど、父は笑ってうなずいてくれた。私は恥ずかしかったので、くるりと後ろを向いた。」

では、やってみましょう!!

音読
正しく、はっきりとすらすら読むことを意識しながら、
・スピード
・間
・声の大きさ
・アクセント

を気にしながら読んでみましょう!

朗読
・感情
・抑揚
・強弱
・緩急
・間
を考えて読んでみましょう!

「私が選んだのは説明書だけど?」とかは気にしないで、感情を込めて、読んでみましょう。
例えば、笑って読んでみるとか、怒って読んでみるとかを試してみてください。
どうでしたか?気持ちよくないですか?
なんだか、アナウンサーや、役者さんになったような気持ちで楽しくないですか?
単純に声をだしてすっきりしませんでしたか?
もし楽しく感じたなら、色々な文章を探して、読んでみて下さい。

まとめ

音読や朗読をすると、書かれている文章の内容がよりわかりやすく頭に入ってきます。音読は人に伝える能力が高まるし、朗読は人の気持ちを考える手助けをしてくれます。

文章を口に出して読むということは、たくさんの発見があります。
是非とも、親子で、音読や朗読をして楽しんでいただけたらなと思います。

タイトルとURLをコピーしました