鮎の美味しい食べ方は、丸ごと塩焼きが一番!調理法や子どもも喜ぶレシピ




夏になると、鮎が美味しい季節です!スーパーにも並ぶ比較的手に入りやすい魚ですが、天然の鮎は高級で、臭みもなくとても美味しいんです。
そんな鮎は、やっぱり丸ごと塩焼きにするのが一番です!美味しく食べるためには、正しい調理法を覚えておきましょう。
子どもがぱくぱく食べちゃう鮎レシピも、ご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

鮎の丸ごと塩焼きの作り方は?

鮎は、川魚として有名です。秋に孵化した稚魚は、川をくだって海で育ち、春には川に戻ってきて、成魚になります。
自然の中で生まれて育ったものを「天然もの」と呼びます。天然の鮎は少なくなってきていて、とても高級です。鮎は水がきれいで、のぼったりくだったりできる川で生息できますが、このような川が減ってしまったんです。

そのため、最近は鮎の養殖にも力が入れられています。スーパーなどで買える鮎のほとんどは養殖です。

鮎は、川魚にもかかわらず、臭みが少なく、旨味が凝縮されていて、身はふっくらとしています。
この美味しさを堪能する調理法は、やっぱりシンプルな丸ごと塩焼きが一番です!
特に、天然の鮎が手に入ったときには、絶対に塩焼きにしてください!本当に美味しいですよ。

丸ごと塩焼きにするには、ちょっと一手間加えると、より美味しくなります。
ここからは、塩焼きのコツと手順をご紹介しますね。

塩焼きのコツと手順

①鮎を流水でよく洗い、ぬめりや血をキレイにする。
お腹が見えるように持つと、真ん中より少し頭側に肛門があるので、お腹を適度な力で押して便を肛門に向かって全部押し出す。
この一手間をしておくと、臭みや苦味が軽減されて、より鮎のうまみを感じられますよ!

②キッチンペーパーでよく水気を拭き取る。ヒレもよく拭く。

③表側、裏側それぞれに塩をひとつまみずつふる。
きれいに焼き上げたい場合は、化粧塩として、ヒレが焦げないように粗塩を多めにつける。

④サラダ油を塗って予熱した魚焼きグリルで、両面合わせて10〜12分ほど、焼き目がつくまで焼く。

以上です。
①の下処理以外は、他の魚の塩焼きとほとんど変わりませんよね!

ところで、鮎は小骨が多くて、丸焼きは食べにくくて避ける方も多いかもしれませんね。
そんなあなたのために、キレイに鮎の丸焼きを食べる手順もお伝えします。

キレイに鮎の丸焼きを食べる手順

①焼いた鮎の背びれ、胸びれ、尾びれを外す。

②鮎の背中が上にくるように起こして、背骨を上から箸でぐっぐっと押します。これで、背骨から身が外れます。
背骨は折らないように気をつけます。

③頭を体部分の皮からちぎって、頭を持ってゆっくりと引き抜くと、背骨が一緒についてきます。
このとき、身を箸で優しく支えておくのがコツです。

これが成功すれば、骨がキレイにとれて身と内臓だけが残り、とっても食べやすくなりますよ。
これで、鮎の塩焼きを丸ごと美味しく食べられますね!

子どもも喜ぶ美味しい鮎レシピ

鮎は塩焼きが一番美味しいですが、子どもにとっては丸ごとの魚はちょっと食べにくいし、苦手に感じる子もいるかもしれません。

そんな子でも、美味しくてぱくぱく食べちゃう鮎レシピをご用意しました!
ぜひ参考にしてくださいね。

・鮎の炊き込みご飯

子どもが大好きな炊き込みご飯!鮎と一緒に炊くと、旨味がご飯にぎゅっと凝縮されて、だしいらずですよ。
(材料)
・鮎…2尾
・米…2合
・しょうゆ、酒、みりん…大さじ2
・水、塩…適量

(作り方)
①さきほど紹介した鮎の下処理をして、塩をふったら、表面に焼き色がつく程度まで、魚焼きグリルで焼く。
②お米を洗い、調味料を加えてから、2合の目盛りまで水を入れる。
③その上に①の鮎を丸ごとのせて、通常モードで炊飯する。
④炊き上がったら、鮎の骨を外して、身を混ぜ込んで完成!

・鮎のトマトパスタ

子どもが食べてくれる味付けといえば、やっぱりトマトですよね。
鮎は淡白な味わいなので、トマト料理やイタリアンにぴったりですよ!
今回は、中でも子どもが好きなパスタのレシピです。

(材料)2人分
・鮎…1〜2尾
・トマト缶…1缶
・砂糖…小さじ2
・ケチャップ…大さじ1
・にんにく…1かけ
・パスタ…200g
・塩、オリーブオイル…適量
・バジルやパセリ…お好みで

(作り方)
① さきほど紹介した鮎の下処理をする。塩を塩焼きよりも少なめにふったら、魚焼きグリルでしっかり両面に焼き目がつくまで焼く。
②フライパンを熱したら、オリーブオイルでにんにくを弱火でじっくり炒める。香りが出てきたら、トマト缶・砂糖・ケチャップを入れて、中火で5分ほど煮込む。
③パスタを茹で始める。
④焼いた鮎の身を②に入れて、軽く煮込む。鮎の身がバラバラにならないように、優しく混ぜる。
⑤茹でたパスタを④に加え、絡めたら完成!お好みでバジルやパセリをどうぞ。

まとめ

今回は、鮎の丸ごと塩焼きの調理法についてご紹介しました!
川魚である鮎は、下処理として、ぬめりをしっかりと洗うことと、便を体内からしっかり出すことで、独特の臭みを減らすことができます。
その後は、塩を両面にふって、魚焼きグリルで焼くだけです。ヒレの焦げが気になる方は、化粧塩をしておきましょう。
食べるときは、背中が上になるように立てて箸で押せば、骨から身が外れて食べやすくなります。
ぜひ試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました