宮崎アニメの世界観?! 北蓼科の貸別荘「ラナの家」に宿泊しました

こぐまやの娘たちはジブリの宮崎アニメが大好きです。

実はこぐまやのかーちゃんやとーちゃんも昔からジブリアニメが大好きで。

『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』のDVDやブルーレイ、一番古いのからすると、ビデオテープやレーザーディスクのソフトをもっていたこともありました。

娘たちはとくに『となりのトトロ』『魔女の宅急便』がすきで、次女などはふと思い出すたびに

「ととろ見たーいー」

と大騒ぎしたりしています。

そんなこぐまやのみんなですが、この夏「『魔女の宅急便』のウルスラが住んでいる山小屋」のようなログハウス「ラナの家」にお世話になりましたのでご紹介します。

貸別荘「ラナの家」に泊まりました。

この「ラナの家」は、長野県北蓼科(ながのけんきたたてしな)の貸別荘です。

森の中にふたつの山小屋が建てられていて、それぞれを貸し出しています。

片方がまつぼっくり棟、もう片方がどんぐり棟と呼ばれる建物です。

そのなかの、まつぼっくり棟が、今回お世話になったログハウス。

雰囲気は、まさにウルスラが住んでいた山小屋のイメージです。

ウルスラとは、魔女の宅急便に出てくる絵描きのおねえさん。映画を観たことのある方はきっと思い出せるはず。

そのウルスラねーさんは、夏になると山小屋にこもっては絵を描き続けるという生活をしています。

ネコのぬいぐるみを無くしてしまって途方に暮れていたキキを助けてくれますし、その後に落ち込んでいるキキが立ち直るキッカケをくれたりします。

ラナの家のまつぼっくり棟は木造一階建てのログハウス

入り口のドアを開けると、目の前に階段があり、ロフトに行けるようになっています。

階段の奥には、二段ベッドのある寝室につながっていました。

右側にはキッチンや食卓。その奥の方に、バスルームやトイレ(ふたつ!)がありました。この部分は、まわりよりきれいいな質感で、あとから増築したのかなという感じです。

左奥はリビングになっていて、ソファーや暖炉が置かれています。

ピアノもあるので自由に弾けるようでしたが、いくつか音がでないキーがありました。

また、何冊か本がおいてあるのですが、宮崎アニメ関係の書籍もあり、ログハウスの運営側も、意識しているのでしょうね。

さらにリビングの奧には、もう一室寝室があって、こちらには大きめのベッドがあります。

今夜は、こどもたちはこのベッドでねんねすることになります。

外は別荘地。訪問は8月でしたが蝉の声も聞こえません。

まわりはとても静かです。

森の中にいるのですが、なぜか蝉の声も聞こえません。

ラナの家以外に建物がないわけではないのですが、お互いに騒音には気をつけているのでしょう。

なお、ラナの家につくまでは車で行ったのですが、大きめの道路をでてからしばらく時間もかかります。

ホームページには、多少はシャトルバスもあるようなことが書いてあったので、訪問する方は検討してもよいでしょうね。

食事は買い出しが必要ですが、バーベキューも楽しめます。

まつぼっくり棟、どんぐり棟ともにバーベキューが楽しめました。

事前に頼んでおくと、夜までにはバーベキューのコンロや炭、着火材などをセッティングしてくれてありました。

屋内にキッチンがあるので、食材を切ったりする用意はキッチンで行い、外に運んだ食材をバーベキューコンロで焼きます。

大人が何人かいるなら、食材を用意する班と、火をつける班を分けるほうがよいでしょう。

炭に火をつけるには、着火材の周りに炭をたてかけて、チャッカマンで点火するという流れです。

あとはうちわでゆっくり扇いでいきますが、炎が炭に当たっているなら、あまり炭を組み替えたりしないほうがうまく火がつく感じがしました。

調理に使うのは、炭から炎が消えて、白く灰のようになった炭から、赤く火が見えるようになった後がよいです。

炎がでていると、食材がすぐに焦げてしまいます。

白く灰のようになるまでには割と時間がかかりますし、初めてやる場合はなおさら時間がかかりと思いますから、調理より早くはじめておくことをおすすめします。

また、食後の楽しみとして、すこしだけ花火も試してみました。

子供が手に持つタイプのものなら許可されているようですので確認してみてください。

火事の対策はしっかりと。

バケツにみずをたっぷり汲んでおき、一本終わるごとに花火をいれていくことと、全部おわったあとに、水を撒くなどの対応をしましょう。

まとめ

2019年。この夏、森の中での生活を味わえるログハウスでの宿泊を体験してみました。

森の中での生活を味わえましたし、バーベキューもおいしかった。

でも夜は大人たちもぐったりして早めに寝てしまいました。慣れない屋外生活と子守で疲れていたのかもしれません。

この体験に向いているのは、となりのトトロや魔女の宅急便などの世界観にあこがれるかたや、キャンプだと大変だけどアウトドア生活を体験してみたい方かなと思いました。

反対に向いていないのは、ちいさなちいさなお友達もよく入っていたりするようですし、潔癖症な方といえるでしょうか。

自炊が苦手なら、すぐにたべられる食材を買っておけばよいですしね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする