いまさら聞けない腸内環境! 整えることでニキビがなくなる? 全身にあらわれる嬉しい影響とは?







ストレッチ

腸内環境を整えると、身体に良い!とよく言われますよね。

でもそもそも腸内環境って何?と疑問に思うことはありませんか?

また『腸内環境を整えると、ニキビや吹き出物が消える!』とテレビなどでよく耳にしますが、腸とお肌のどこに関係があるの?と不思議に思われる方も少なくないようです。

なぜなら多くの人が、腸は排泄のためだけの臓器と考えがちだから。

でも実際は、腸の働きはもっと重要なんです。例えば腸は、人の免疫細胞や抗体が70パーセントも存在する場所であったり、ビタミンと同じ働きをするものを作り出す場所でもあるのです。

そう聞くと、腸内環境がお肌や体調に影響することが分かりますよね。

そこで今回は、身体にとって良いことだらけの腸活について、わかりやすくお話ししたいと思います。

腸内環境を整える主役は・・・ズバリ「菌」

腸には善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌という3種類の菌がいます。これらがバランスよく生息すれば、便秘になりにくい体質といえるでしょう。

他にも便秘になってしまう原因は

・腸の働きが弱い
・ストレス性
・食事のバランス

などがあげられますが、やはり最も大きな便秘の原因は、悪玉菌が増え腸内環境が乱れることなんです。

この悪玉菌、腸内にガスを発生させたり、活性酸素を増加させたり、なんと発がん物質まで生産する悪い菌。

悪玉と言われても仕方がないですね。

そしてさらに良くないことに、便秘が続くと腸の中の便が異常発酵してさらに悪玉菌を増やしてしまうんです。

逆に善玉菌は、消化吸収を助けたり、免疫力をアップさせてくれたりします。

また善玉菌として知られる乳酸菌は『乳酸』を作り、それによって腸が動いて自然なお通じを促してくれます。

そして日和見菌ですが、これは善玉菌にも悪玉菌にもなる面白い菌。

免疫力が下がると、悪玉菌に変身してしまいます。体調を崩すと便が出にくくなるのも納得です。

つまり腸内環境を整えるためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが大切だと言えますね。

誰でも簡単♪腸内環境を整える「お腹ひねり体操」

ストレッチ

上でもお話ししたように、腸内環境を整えるためには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす必要があります。

そのためには悪玉菌の養分になる「動物性たんぱく」、つまりお肉をひかえたり、逆に善玉菌のためにヨーグルトや納豆などの発酵食品や食物繊維を意識してとることが有効です。

それに加えて、誰でも簡単にできる「お腹ひねり体操」やれば腸内環境はばっちり!ではさっそく「お腹ひねり体操」をわかりやすく説明しましょう。

1. 仰向けに寝て、両ひざを抱え深呼吸。
ゆっくり吸って、吐いてを10回くらい繰り返しましょう。

2. 今度は両手を上にあげて、両膝を揃えて足の裏を床につき、左右にパタンパタンとたおしましょう。動作はゆっくり、呼吸を止めないように左右で3回。

3. 次に腕は上に伸ばし膝は立てたまま、おしりを持ち上げ下す動作を3回繰り返します。
おへそからみぞおちまでを伸ばすように意識しましょう。

4. 最後に膝は立てたまま、上に伸ばした手を合わせます。
お腹を斜めにひねりながら起き上がり合わせた手を右ひざまで伸ばします。
腹筋を意識しながら、一呼吸。反対側も同じようにひねりましょう。
左右1セットで3回を目標に。

この「お腹ひねり体操」は寝ころんだままでOKなので、朝起きたらすぐに布団の中でも出来て便利!腸の動きが良くなり、腸内環境がさらに改善されます。

簡単な運動なのでみなさんもぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

まとめ

ストレッチ

腸内環境を整えることで、肌荒れや老化を防ぐことができます。

さらに免疫力を高め、健康にもつながるのです。

それには腸内細菌がバランスよく腸に生息することが大切。

また、簡単な「お腹ひねり体操」を習慣化することで、腸の動きはさらに活発になり便秘とおさらばすることができるのです。

でも無理は禁物です。便秘の症状がひどいときは優しい処方の便秘薬に頼ったり、お医者さんにかかりましょう。

ストレスをためないように、自分でできることから始めることが一番大切です。

みなさんもぜひ、ゆるく長く腸活を進めてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました