台風の備えは大丈夫?マンションならではの要注意ポイントと対策







もうすぐ台風の季節がやってきますが
マンションに住むあなたはなにか対策はしていますか?

偉そうなことを言っていますが
私がきちんとマンションの台風対策をするようになったのは
実はつい最近のことです。

以前の私は、台風が接近しているニュースを見ても

「今までも大丈夫だったし、今回もたぶん大丈夫でしょ!」

と、根拠のない自信で、楽観的に考えていました。

しかし3年程前、私の住んでいる地域に
今までにないほどの超大型台風が直撃したのです。

台風が上陸する直前になって
さすがの私も「今回はヤバいかも」と思い
なにかしなければとは思ったのですが
なにから手を付けていいのか全くわからず

ただただ恐怖心と闘いながら
何事もなく通り過ぎてくれることを祈るしかできませんでした。

この経験を通して、マンションの台風対策には
日頃からの「正しい備え」が必要なのだと痛感しました。

私のように、ギリギリになって慌てて準備しだしても
台風は待ってはくれません。

そこで今回は、マンションでの普段から備えるべき
台風対策のポイントをご紹介しますね!

台風への備えはベランダから!まずは掃除から始めてみましょう

モノは必要最低限に整理整頓
台風による強風で、ベランダに置いてあるモノが
飛ばされて、より被害を増大させてしまう可能性があるので
台風接近時には、できるだけ部屋の中にしまう必要があります。

しかし、いざ台風がきた時
ベランダがゴチャゴチャと散乱した状態だと
移動作業も一苦労ですよね。

どんどん雨や風が強くなっていく中、ずぶ濡れになりながら
「ああ…こんなことになるんだったら
日頃からベランダをキレイにしておくんだった…」と
私のように後悔しないためにも

ベランダに置くモノは必要最低限にして
いつでもサッとしまえるようにしておくことが大切です。

排水口掃除も忘れずに
意外と見落としがちなのが、排水口のお手入れです。

ゴミ等で詰まってしまうと大量の雨水をうまく排水ができず
ベランダが浸水してしまうことがあります。

落ち葉やほこり、土などは排水口のつまりの原因になるので
ほうきとちりとりでキレイに取り除いてくださいね。

特に、水の通り道の溝や排水口はこまめにチェックが必要です。

排水口は汚れがひどい場合には、使わなくなった歯ブラシや
やわらかいスポンジで丁寧に汚れを落としましょう。

マンション高層階で注意するのは窓だけじゃない!日頃から「揺れ」に対する備えを

マンションの21階に住む私が
実際に超大型台風を体験して一番に感じたことは
「家具家電の固定」の必要性です。

台風対策といえば、まず多くの人が
雨戸を閉めたり、養生テープを貼ったり
「窓」にする対策を思い浮かべると思います。

しかし、高層マンションの場合
それなりに強風が吹くことは想定されて設計されているので
ちょっとやそっとの風で割れることは、まずありません。

私の場合、なによりも怖かったのが「揺れ」でした。

強風が吹くたびに家具がミシミシと音を立てていました。

大きな揺れではないですが、長く続くとかなりの恐怖を感じます。

そこで、転倒の恐れがある棚類や観葉植物
テレビや冷蔵庫などの大型家電は
しっかりと固定する必要があります。

家具転倒防止パッドをしいたり、突っ張り棒を使ったり
金具をネジでとめるタイプのものなら、強度はより強くなります。

まさか、台風対策として家具家電の固定が必要になるなんて
思ってもいませんでした。

台風以外にも、地震大国である日本で暮らしていくなら
家具や家電の固定は必須ですよね。

まとめ

日頃から備える台風対策
〇ベランダ掃除
・モノは必要最低限にする
・排水口はこまめにチェック
〇家具の固定

内心どこかで「うちは大丈夫」という
他人事のような気持ちがありませんか?

そんなあなたは要注意です!!

今まで大丈夫だったとしても
これからも台風の被害に遭わない保証はどこにもありません。

「備えあれば憂いなし」ですね。

いざという時に、焦らないためにも
普段から台風の備えをしっかりと行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました