傘の持ち手をリメイクしちゃおう!オススメアイディア4つを紹介




かさ

梅雨の季節になると、傘の出番が増えますね。
ずっと傘を使っていると、持ち手が傷ついたりベタついたりしてくることがありませんか?また、ビニール傘だと、自分の傘がどれか分からなくなってしまうこともありますよね。
そんなときは、傘の持ち手を可愛くリメイクしてみませんか?
今回は、自分で簡単にできちゃうリメイク術を4つご紹介しますね!

傘の持ち手をマステや紙を使ってリメイクしちゃう方法を紹介!

雨の日の必須アイテムである傘。特に梅雨の季節は、毎日のように使うものです。
すると、傘の持ち手がボロボロになってきたり、ベタついてきたりすることがあります。

こうなると汚くみえてしまいますが、お気に入りの傘や壊れていない傘なら、まだまだ使いたいところですね。
そんなときは、持ち手だけを可愛くリメイクしてみませんか?

ビニール傘を使っていて、「他の人の傘と見分けがつきにくい…」とか「個性を出したい!」と思っている人にも、ぴったりですよ。

今回は、自分で簡単にできちゃうリメイク方法を4つご紹介します。
ぜひ、気に入った方法を試してみてくださいね!

①マスキングテープを貼る
お気に入りの柄のマスキングテープを、持ち手にくるくる巻くだけの簡単な方法です。
もともと、マスキングテープは工業用製品として作られたものです。車や建築物の塗装のときに、はみ出し防止のために貼られていたので、水分に強いのが特徴なんです。
だから、傘とマスキングテープの相性はばっちり!
マスキングテープなら、豊富に柄がありますし、百均にもたくさん売っていますよね。
柄に飽きたら、他のマスキングテープに貼り替えることだって出来ちゃいます。
全体を同じテープで巻くもよし、ワンポイントで巻くもよし、いろいろなテープを混ぜるもよし!簡単なのに、いろいろなアイデアが膨らみます。

②デコパージュ
上履きやトートバッグを可愛くデコれるデコパージュという手法があります。
実は、傘の持ち手もデコることができるんです!
準備するものは、デコパージュ専用ペーパーとデコパージュ専用液だけ。どちらも百均に売っています。
デコパージュ専用ペーパーの代わりに、お好みのペーパーナプキンを2枚にはがして絵柄が写っている方を使うこともできます。ただ、デコパージュ初心者なら、傘の持ち手は曲線が多いので、扱いやすい専用ペーパーの方がおすすめです。
作り方は、ペーパーを1cm角に切り、傘の持ち手に筆で専用液を塗ったところに貼り付けるだけ!しっかり乾いたら、さらに上から専用液を塗り重ねると、強度が増しますよ。

③ ハギレを巻く
好きなハギレを細く切って巻いたり、1cm角に切って貼っても、可愛い持ち手ができちゃいます。
まずは、布に対応している接着剤で、持ち手にハギレを貼ります。このままでは、水濡れに対応できていないので、その上からデコパージュ仕上げ液を筆で塗って、コーティングします。しっかり乾いたら完成です!
家にハギレが余っていたり、好きな布があるなら、この方法もおすすめですよ!

④ 持ち手カバーをつける
もっと手軽にリメイクしたければ、既製品の持ち手カバーをつけるだけでもOK。
スポッとはめるだけなのに、一気に傘が華やかになります。
なんと百均にも売られていますよ。

なお、いずれの方法も、多少雨に濡れる分には問題ありませんが、水に長時間さらすと剥がれてくる可能性があります。その点だけ、注意してくださいね。

お子さんと作っちゃう?ビニール傘を可愛くリメイクしちゃおう!

傘の持ち手だけでなく、ビニール傘の本体もリメイクすることができます!
他の人と同じビニール傘も、可愛くデコれば、自分だけのオリジナル傘の完成です。

「子どもの傘はすぐに壊したり無くしたりするから、ビニール傘で済ませたい」という方にも、ぴったりです。
ただのビニール傘だと無くしてしまいがちですが、自分で可愛くデコれば、他の子の傘と間違えにくいだけでなく、愛着もわいて大事にするかもしれませんよ。

今回は、子どもとも一緒にできちゃう簡単リメイク術をご紹介しますね。

・ビニール傘専用シールを貼る
ビニール傘をデコるための専用シールが売られています。なんと、百均にはディズニーキャラクターのシールも売られています!
ちょっと厚めのクリアシールなのですが、傘の内側から貼れるように出来ているので、水に濡れて剥がれる心配がありません。
ペタペタ貼るだけなので、小さな子どもでも簡単ですね!

・油性ペンやアクリル絵の具で絵を描く
傘をキャンバスにして、子どもの絵のセンスをめいっぱい発揮してもらっちゃいましょう!
こちらは、傘の外側に描いた方が描きやすいのでオススメ。油性ペンやアクリル絵の具なら、水に濡れても大丈夫です。
油性ペンで描くときのコツは、油性ペン同士が重ならないようにすることです。重なると、お互いを弾いてしまうため、色がキレイに出ませんよ。

・マスキングテープを貼る
傘の持ち手にマスキングテープを貼るアイディアをご紹介しましたが、傘の本体に貼ることだって可能です。
一般的なテープタイプのものを、傘の縁や骨に合わせて貼るのも良いですし、最近は可愛い絵の形にかたどられたシールのようなマスキングテープも売られていますので、ビニール傘専用シールのようにぺたぺた貼ることも可能です。

まとめ

今回は、傘の持ち手の簡単リメイク方法をご紹介しました!ボロボロ・ベタベタになったり、他の人の傘と間違えてしまうときに、おすすめのリメイクです。
マスキングテープやデコパージュ、ハギレを貼るなど自宅で簡単にできる方法ばかりです。
また、ビニール傘本体にシールを貼ったり絵を描いたりして、デコるのも楽しいですよ。子どもと一緒に行えば、傘に愛着がわいて大切にしてくれるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました